東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/10

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[アイスホッケー]大逆転劇で早大に勝利! 春を3位で終える 

秩父宮杯第62回関東大学アイスホッケー選手権大会
4月29日(火) DyDoドリンコアイスアリーナ
3位決定戦
東洋大3-2早大
GWSにより勝利

[ゴール・アシスト]
42:10 今野(川口、田中健)
59:52 武尾(今野)
GWS 武尾

20140429hockey武尾(撮影者・星)
試合を勝利へ導いたFW武尾

20140429hockey今野(撮影者・星)
FW今野の同点打でチームは勢いづいた

20140429hockey脇本
GK脇本の好セーブに何度も救われた

 3ピリ残り8秒で2対2の同点打を決め、勝負は延長戦へもつれ込んだ。最終的にGWS(ゲーム・ウィニング・ショット)で勝利。春の大会は3位で締めくくった。

 準決勝で中大に敗れ、一つでも順位を上げるべく、気持ちを切り替え臨んだ3位決定戦。1ピリ中盤ではSH(ショートハンド)の場面でもGK脇本(社3・苫小牧工)の冷静な好セーブが連発し、無失点に抑えた。一方PP(パワープレー)のチャンスも得たが、得点にはつなげられず両者とも無得点のまま終える。
 続く2ピリは序盤、SHの際に先制点を奪われる。攻めの姿勢を見せるものの、ゴール前でシュートを決め切れないシーンが目立った。さらにその5分後、先制で勢いづいた早大にまたしても追加点を献上してしまう。相手の猛攻に押されなかなかシュートチャンスを獲得できず苦しい展開が続く。そのまま早大ペースをキープされ、2ピリでもポイントを得ることはできなかった。
 何としてでも得点したいと挑んだ3ピリで、ようやく東洋らしい走るホッケーが見え始める。3ピリ開始2分、FW川口(社4・武修館)のアシストにうまくタイミングを合わせたFW今野(社3・清水)がGKの隙を突き、待望のゴールを決めた。その後は試合も激しさを増し、両者白熱した一進一退の攻防が続く。その中で積極的にシュートを放つものの、決定力不足に苦しんだ。1点ビハインドのまま、試合終了への時間が刻々と近づいていく。しかし、選手たちは攻めの手を緩めず6人攻撃を仕掛ける。勝利への執着心が彼らを動かした。残りわずか8秒のところで、FW今野が相手の守りをうまく抜けゴール前にパスを出し、FW武尾(社3・八戸工大一)が勢いよくパックを叩いた。見事同点に 追い付き会場中から大歓声が沸き起こる。FW武尾の執念のゴールにより、試合の勝敗は延長戦へ。
 4対4で5分間サドンヴィクトリー方式の延長戦では、両校とも一歩も譲らない攻撃で決着がつかない。延長戦を終え、勝負の行方はGWS(ゲーム・ウィニング・ショット)に託された。
 先攻の早大は1本目を外す。東洋大の1本目はFW今村(社3・白樺学園)が挑戦するも、パックがゴールポストに当たって惜しくもゴールを逃した。相手の2本目はGK脇本の好守で防ぐ。会場が静まる中、勝利をつかみ取ったのはFW武尾だった。巧みなパックさばきでGKをかわし、ゴールネットを揺らした。次の早大のチャンスもGK脇本が防ぎ、試合は終了。長丁場の試合は最終的にGWSで勝利を手にした。

 優勝だけを目指し戦ってきた選手たちは、3位という結果に誰一人として満足していない。頂点に届かなかった今大会の結果から、試合の立ち上がり、決定力不足、圧倒的エースの不在など課題も多く見つかった。「チームが一つになれば、絶対勝てる」と確信するFW田中謙主将(社4・釧路工)を筆頭に、チーム一丸となることができれば、立ちはだかる壁も突破できるはずだ。課題を一つ一つ克服し、まずは3年ぶりの秋の王者に返り咲くべく突き進む。

■コメント
・鈴木監督
試合は内容としては全く満足のいくものではなかったが、試合に勝つことが一番必要なので、最低限のものはクリアできた。全体60分通したら早稲田さんの方が走って、当たっていたのでPP、SHなど関係なく、自分たちの力の無さによる失点だった。勝ち切るということが課題。チームが一つにまとまるであったり、スター選手がいないのでそれだけ全員が働くという意識が今植え付きつつあると思うので、これをシーズンが終わるときには完璧にし、良い結果を残したい。GKの脇本は素晴らしいプレーをした。武尾は、良い場面で決められたという結果を残す力を証明できたが、内容的にはもっともっと上げていかないといけない。ある程度、攻めの形やPPの形は悪くなかったと思うが、最後フィニッシュで勝つか負けるか左右してくるという点を選手たちは意識しないといけない。

・FW田中謙主将(社4・釧路工)
試合に入る前に3位か4位になるのではチームの行き先が違うと言われていた。最初から早稲田に負けてたし東洋らしいホッケーもできていなかった。やっと3ピリになってから良い形で得点できて勢いづいて、最終的にPSで、勝ちで終わったのは大きいことだが、まだまだ課題は山積み。SHのときは一人少ない状態になるが、脇本という存在が非常に大きく安心して守れる。あいつなしではここまで来れなかったと思うし、脇本の失点は一つもないので、僕たちプレーヤーがいかに失点を防ぐかにかかっている。決定力の無さは、本当に練習で一本一本集中して試合だと思ってやっていかなければいけない。 チームが一つになれば、絶対勝てる。チーム力が大切になるし、勝ちたいという意識が大切。 僕たちは優勝を目指していたので3位には満足していない。この結果を糧にして今後の練習に取り組みたい。 秋のリーグ戦、インカレで優勝するということはみんなが思っていること。最後にみんなが最高の1年間だったと思えるチームを作っていきたい。

・FW川口(社4・武修館)
中大戦を3対4という結果で負けたことで、3位決定戦になってチームとしてモチベーションを上げるのが大変だった。早稲田に一度も勝てていなかったので、ぎりぎりだったが勝てて嬉しかった。(良かった点)0対2という状況で3ピリまでいってしまったが、そういう場面でも全体でコミュニケーションが取れた。点数を取るという意識がみんな強かった。だから最後は良い形で終われたのだと思う。(悪かった点)リンクの状態が悪いので、もっと時間帯と状況を考えてプレーしなければいけない。無駄な反則も多かった。(今大会を振り返って)FWとして全然点数が取れていなかったので、夏、秋、インカレとあるので点数を取れるようにしていきたい。チーム内で最多得点取れるように努力していきたい。

・FW武尾(社3・八戸工大一)
優勝を目指していたが、終わってしまったことは仕方ないので、3位という目標に切り替えて今日の試合をしっかりチームで戦った。(今日の試合)1ピリ2ピリ全然駄目で、最初は東洋らしいホッケーができていなかったが、監督に喝を入れられたこともあり、3ピリは切り替えて追い付くことができたので良かった。(ゴールシーンを振り返り)気持ち良かった。残り8秒のゴールも、チームに貢献できたと思うので嬉しい。(2季ぶりの春の大会)1年生のときは初戦の3得点くらいしか活躍がなかったが、今年は3年生になりアイスタイムも増えたので、いいプレーをしなければならないと思っていた。最低限の仕事はできたかなと思う。

・GK脇本(社3・苫小牧工)
チームでは今シーズンを左右する大事な試合だと言われていた。2ピリまでは、そういった気持ちがプレーに出ていなくてスタッフにも怒られていたが、3ピリであれだけ得点を返して勝てたことは、良い意味で捉えれば、来シーズンにつながると思う。(失点シーンは)今日の失点は、リバウンドなどで崩されて入れられたのではなく、ワンシュートで簡単に入れられてしまったもの。練習でまた課題として、反省してやっていきたい。(延長戦、GWSについて)延長戦は緊張したが、GWSになってからは、東洋大には(ゴールを)入れられるタレントがたくさんいたので、安心して任せた。前回、法大と1回経験したことも大きい。(今季の総括)3位という結果には誰も満足していないと思う。中央、明治といった強豪校を破っていかないと、秋リーグやインカレで通用しない。また身体をつくって、練習していきたい。(夏に向け)サマーカップになると、関大なども出場してくる。個人的に1年生で関大に負けているので、絶対に勝ちたい相手。そういったチームに負けないように、これから1日1日を大事に、過ごしていきたい。

TEXT=佐藤真理 PHOTO=星和典
スポンサーサイト
コメント
ご指摘ありがとうございます
HAKUSANーBOYS&GIRLS様

ご指摘いただいた部分を修正いたしました。
貴重なご意見ありがとうございます。

今後、このようなことが無いよう精進して参ります。
今後とも、スポーツ東洋をよろしくお願いいたします。
脇本選手
高校時代から、話題になっていたGKですが本領発揮ですね。

なお彼の学年は3年生です。














 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。