東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/11

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[陸上競技]織田記念 桐生が予選でセカンドベストの好タイムを記録も決勝は棄権 

2014日本グランプリシリーズ
第48回織田幹雄記念国際陸上競技大会
兼第17回アジア競技大会(2014/仁川)代表選手選考競技会
4月29日(火) 広島広域公園陸上競技場

男子100m 予選
1組
1着 桐生 10"10 ※A決勝進出

男子100m A決勝
DNS 桐生

20140429rikujo桐生
桐生は決勝こそ棄権したが、予選で好タイムをマークした

 国内のトップ選手が集う織田記念に、桐生(法1・洛南)が招待選手として出場した。昨年この大会で10秒01を叩き出しており、今年はそれ以上の好結果が期待された中、予選で10秒10の好タイムをマーク。決勝の走りに注目が集まったが、予選レース中に足に違和感を感じたため、決勝を棄権することとなった。

 心配された雨は午前中でやみ、ホームストレートには追い風が吹く好条件の中で大会は進む。夢の9秒台突入の期待を背負う桐生は、スタンドから大歓声で迎えられた。予選はスタートでやや遅れるも、中盤以降持ち直して10秒10のセカンドベストとなるタイムを記録する。ラストは軽く流してのこの記録に、決勝への期待はさらに増した。
 しかし予選の際に右足に違和感を覚え、それが回復しなかったため決勝への出場を回避することとなる。「今シーズンをしっかりけがなく乗り越えるため」と土江コーチが語ったように、大事をとっての決断となった。

 残念な棄権となったが、「この状態でセカンドベストなので、もっと出せると思う」と桐生自身はすでに前を向いている。幸い大きな故障ではないため、問題がなければまたすぐに元気な姿を見せてくれるだろう。

■コメント
・土江コーチ
予選で出た課題を決勝レースで取り組みたいという事だったが、予選で思った以上にスピードが出たということもあり、右のハムストリングスが違和感というほどではないが若干気になるということで、トレーナーとも相談した結果、今の段階で無理をしても仕方がないので、決勝を棄権させた。状態的には良い感じにここまで来ていたので記録も狙えると思っていたが、今シーズンをしっかりけがなく乗り越えたいと思っていたので、そういう判断になった。疲れが溜まっていたというよりは、桐生自身が走る時にリミッターが外れたようなスピードが出て、それに体がついてきていないということがあると思う。注目されていた中で申し訳ないが、今後も記録を出すチャンスはあるので、様子を見ながらやっていきたい。

・桐生(法1・洛南)
予選はスタートがそんなに良くなかったが、中盤以降はまずまずの走りができた。ただ走っている途中に足が少し気になって、決勝の前に動いた時にも違和感を感じて、実際に決勝のレースで予選以上にスピードが出た時にちょっと怖いというのがあったので、トレーナーさんとも相談して決勝は棄権させてもらった。ただ後半に流した中でも予選のタイムはセカンドベストのタイムだったので、そこはプラスに捉えて、ここからさらに状態が良くなった時に上は狙えるなと思った。スタートが良くなかったのは足の影響というより、予選という事による自分の中の甘えであったり、まだ自分の思い描くスタートの形にはなっていないので、そういった影響が大きいと思う。

TEXT/PHOTO=山本純平
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。