東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/04

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[陸上競技]関カレを前に各選手が好走を見せる 

第237回日本体育大学長距離競技会
4月26日(土)日本体育大学健志台陸上競技場

男子800m
10組
4着 宮野 1'57"92
13組
6着 鈴木淳 1'54"64
7着 眞柄 1'55"03
14組
1着 海谷 1'51"61
2着 本平 1'52"37
16組
1組 尾上 1'50"60

男子1500m
10組
1着 長浜 3'47"89
2着 高倉 3'53"62
11組
8着 清水 3'53"35

女子1500m
4組
DNS 滝本
5組
3着 渡部 4'39"31
DNS 大場

女子3000m
2組
10着 永木 10'11"99
12着 天羽 10'14"40
13着 梨本 10'15"28
34着 柴田 11'08"19
3組
1着 内田 9'39"87
19着 黒澤 10'08"81
DNS 小笠原

女子5000m
1組
2着 平山 16'58"62
7着 鈴木美 17'18"93
10着 佐藤汐 17'26"40
DNS 二瓶
2組
8着 佐藤早 16'19"23

20140426rikujo長浜
好調の長浜は1500mで自己ベストを更新した

20140426rikujo内田
中盤の走りで持ち味を発揮した内田

20140426rikujo佐藤早
佐藤早は関カレに期待の持てる走りを見せた

 日体大競技会に、中距離部門と女子長距離部門が出場した。長浜(工4・東農大三)が1500mで日本選手権の標準記録を突破し、関カレに向けてはずみを付けた。

 男子1500mの10組に出場した長浜は、スタートから前に出ると、先頭で積極的にレースを引っ張る。その後もトップを譲ることなく、ラスト1周に入ると「いつもよりラストに余裕があった」と思い切ってスパートをかけた。関カレへ向けた調整段階ながらも、日本選手権の標準記録を突破する好走を見せた。
 さらに、男子800mでは尾上(工3・長崎北陽台)がわずかながら自己ベストを更新し、海谷(ラ2・東海大山形)も自己記録に近い走りを見せるなど、好調さをうかがわせた。
 女子3000mの3組には、注目のルーキー・内田(食1・学法石川)が出場する。序盤は集団の中ほどに位置取ると、1200mを通過してから次第にペースを上げ始める。1周をかけてトップに立つと、順調なペースで2番手以降を大きく引き離していく。最後は思うようなスパートができなかったものの、レース中盤は持ち味の積極性が発揮され、収穫の多いレースとなった。
 また、佐藤早(食2・常盤木学園)は5000mで実業団選手の多いハイレベルな組に挑んだ。最初は2位集団の後方に付くも、少しずつペースアップを図る。1000mを過ぎると集団から抜け、先頭との差を詰めた。その後先頭集団が2つに分かれると、後方の集団でレースを進める。中盤は安定したペースを保ち、4000m辺りから徐々に前方に浮上すると、ラスト100mを過ぎてギアを切り替え、1人をかわしゴール。故障明けのレースではあったが、関カレへ好感触をつかんだ。

 トラックシーズン序盤から好タイムを出している選手が多く、手応えの感じられる大会となった。これから調整を経て関カレでどのような走りを見せてくれるかに注目だ。

■コメント
・塩田部長
長浜はこの大会で記録を狙うというよりは練習をしている状態の中でどれくらいの記録を出せるかということを考えていた。その中で記録を出せたので、さらに上を狙っていけると思う。1500mについては他の2人はもう少し力を出せたかなと。800mは関カレの出場枠を争っている状態で、レースにも緊張や負けたくないという気持ちが表れていて、そういう意味では結果も出てきている。今年の800mは全体的にレベルが高く、関カレでの表彰台争いも激しくなると思うので、選手には調子を上げてもらって表彰台を狙ってもらいたい。

・永井監督
関カレ前の最後のレースということで、手応えをつかみたいと思って臨んだ。練習でやってきたことをそれぞれ出せたと思う。(内田は)1年生でそこまで練習をやらせていない状態だが、本人が持ってる積極性が後半恐れずにいく姿勢に現れていて良かった。(佐藤早は)練習の一環として臨んだが、思ったより動けていて関カレまで練習を継続できれば勝負になるという動きはつかめた。(関カレに向けて)春先は主力に故障者が多く出てしまい心配していたが、ここにきて足並みがそろった。3年目で、駅伝を考えるとこの関カレのトラックレースでしっかり戦うことがつながると思っている。個人のレースではあるが陸上競技部として戦うために、良い流れに乗れるような雰囲気になっているので、全員良い状態で臨めるよう調整していきたい。

・長浜(工4・東農大三)
自分としてはタイムを狙っていた。レース展開としては他の人に引っ張ってもらおうと思っていたが、最初の100mを見て自分が引っ張るしかないと思い、前に出た。中間のラップタイムは良いタイムで刻めていたし、ラストはいつもより余裕があった。先週の熊谷も今回も自分で引っ張るレースができていたので、その点では良かったと思う。(今後に向けて)次はもう関カレなので、表彰台を狙っていきたい。

・佐藤早(食2・常盤木学園)
今日はけが明けで挑んだレースで、自分のペースで走ることができた。(実業団選手の多い組だったが)周りに惑わされないで自分の走りを貫くことを意識していた。思っていたより走れていたので、調子もこれから上がっていくと思う。次のレースは関カレになるので、入賞することを目標に頑張りたい。

・内田(食1・学法石川)
久しぶりの3000mで、ラストに粘っていくレースを目標としていたが、思ったようにはいかなかった。調子はあまり悪くないという感じだった。(レースを振り返って)中盤のラップタイムは良かったが、最後1000mで失速してしまったところと、位置取りが上手くいかなかったところは課題。とにかく気持ちで押していこうと思って走れたところは良かった。(今後に向けて)5000mはまだ1、2本しか走ったことがないが、経験を積むと思って守りに入らずに自己ベストを狙っていきたい。

TEXT=青野佳奈 PHOTO=青野佳奈、畑中祥江、石田佳菜子
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。