東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/06

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[サッカー]攻撃陣奮わず、今季三度目の完封負け 

第88回関東大学サッカーリーグ戦 2部リーグ(前期)
第4節 4月20日(日) 上柚木公園陸上競技場

東洋大0-2法大
<警告>
37分 小山大
43分 田口
89分 瀧澤


<出場メンバー>
▽GK
浅沼優瑠(国4・成立学園)
▽DF
郡司昌弥(国3・柏U-18)57分→DF瀧澤修平(国3・東洋大牛久)
田口慎太郎(国4・帝京)67分→DF今井裕基(国3・埼玉栄)
石坂元気(国3・広島Y)
池田稔樹(国3・桐生第一)
▽MF
小山大貴(国3・大宮Y)
斉藤昂太(国4・八千代)
小山北斗(国3・帝京)
仙頭啓矢(国2・京都橘)
▽FW
平石直人(国4・帝京)
佐々木雅人(国4・西武台)57分→FW遊馬将也(国3・武南)

20140420soccer浅沼
浅沼は気持ちのこもったプレーでチームを鼓舞した

20140420soccer石坂
効果的なオーバーラップを見せた石坂

20140420soccer瀧澤
今季初出場の瀧澤は対人での強さを見せた

 前節、待望の今季初勝利を手にし、連勝を狙いたい東洋大は法大との対戦。ピッチコンディションが悪い中で早く先制してリズムをつかみたいところだったが67分に田口が怪我で負傷交代し防戦一方となる。69分に先制を許すと、79分にも2失点目を喫し万事休す。0対2で今季3敗目となった。

 集中応援ということもあり、多くの観客がスタンドに詰めかけた。連勝して昇格に向けてはずみをつけたい中、最初に観衆を沸かせたのは東洋大。7分に左サイドの平石が逆サイドの仙頭へロングフィードでチャンスを作ると、ボールを受けた仙頭は、すかさず中へクロスを送るが誰も触れることができない。続く10分には、PA手前でFKを獲得するとキッカーの仙頭は直接狙うも相手ディフェンスに当たり、キーパーに防がれる。その後は、両チームともになかなかチャンスを作れず、互角の展開が続く。ピッチコンディションが悪く持ち味のパスサッカーで相手を崩すことができないうちに前半は終了した。
 ハーフタイムには古川監督から「相手ディフェンスの背後を狙おう」という指示が出て後半のピッチに向かう。ベンチも56分に前節得点を決めた遊馬、公式戦初出場の瀧澤を入れ、先制点を奪うべく早めにカードを切った。交代直後に左サイドからのスローインで裏に抜けた遊馬がダイレクトシュートを放つ。これを皮切りに猛攻を仕掛け、63分には右サイドからのCKに瀧澤がヘディングで合わせるも、こぼれ球を混戦の中で押し込むことができず絶好の得点機を逃した。そして、このプレー中に田口が負傷し交代を余儀なくされる。これを機に流れは法大に。すると69分にCKのこぼれ球を拾われ、先制を許してしまう。さらに72分、左サイドを突破されクロスを上げられシュートを打たれるも池田が体を張ってこれをブロックした。だが悪い流れを断ち切れず、79分に右サイドのスローインからクロスを上げられ追加点を与えてしまい苦しい展開となる。その後もロングボールを多用し反撃の糸口を探るが、結局得点は奪えず試合は終了し完封負けを喫した。
 試合を通して、シュートが打てない内容となった。ピッチの状態が悪いとはいえ、攻撃のバリエーションが少なく、単調な攻撃が多く課題が見つかった。次節は開幕戦以来となるホーム・東洋大朝霞グラウンドでの一戦となる。応援を背に自分たちのホームグラウンドで攻撃陣の爆発に期待したいところだ。


■コメント
・古川監督
ピッチ状況が思わしくなく普段やっているしっかりボールを繋ぐということが出来なかったので、ロングボールを入れてからセカンドボールを拾い攻撃をしていくというゲームプランで臨んだがなかなかペースをつかめなかった。(CBの交代の意図は)郡司は基本的にビルドアップだったりパスを繋ぐタイプのCBなのでピッチ状況を見て、跳ね返しの強い瀧澤を起用した。(田口のアクシデントの影響は)10人の間にやられず何とか切り抜けてくれたと思った。そのあとのところでセットプレーのこぼれ球で1点取られてしまい、前がかりになったところで2失点目をしてしまった。(次節に向けて)今日勝てれば星を五分に戻せるところだったが負けてしまったので非常に難しいと思うが、まだ試合は残っているのでひとつ歯車が噛み合い、軌道に乗ってチームとしてのバランスが見つかれば連勝できると思うのでそれを信じて良い準備をしていきたい。

・浅沼優瑠(国4・成立学園)ゲームキャプテン
相手が法大という強いチームということで高いモチベーションで臨んだが先制点、追加点と簡単に取られてしまって正直キツかった。(地元での集中応援だったが)たくさんの人が見に来てくれたし、地元でのプレーは嬉しかった。絶対勝ってやろうという気持ちで臨んだが結果を出せなかったので残念。(守備陣にけが人が出たが)誰がどのポジション出ても大事なのはまず闘う気持ち。そこは出てたと思うが無失点で終えなければいけなかったので突き詰めていきたい。(後ろから見た攻撃陣は)日頃のシュート練習のときから決定力が足りないと感じる。練習で決めれば試合には直結するので高めあっていきたい。(次節に向けて)もう3敗目、目標の昇格にはもう負けられない。次勝って昇格にはずみをつけたい。

・石坂元気(国3・広島Y)
ピッチが悪くてロングボールを使わざるをえない難しいゲームだったが自分のクリアミスで失点してチームが流れに乗れなかった。ミスがなければもっと違う方向にいっていたと思う。(ロングボールを多用してたが)ピッチが悪いときはボランチやセンターバックで落ち着きがなくなる状況になってしまうのでチャンスは少なくなる。今日もミーティングで守備的にいこうと言われてたしある程度割り切ってやっていた。(次節に向けて)開幕戦はホームで勝てなかったので次は応援を背にして勝ちにいきたい。

・今井裕基(国3・埼玉栄)
グラウンド状態が悪く、むずかしい試合だった。できれば無失点で終わりたかった。(途中出場となったが監督から指示は)シンプルに対応して無失点でいこうと言われた。(2失点となったが)セットプレイでやられて、そこで集中が切れてしまい、2点目も入れられてしまった。引き締めてやっていくべきだったと思う。(なかなか得点が生まれないが)セットプレイからのこぼれ球などチャンスは増えている。後はフィニッシュだけだと思う。(次の試合に向けて)ホームなので勝ち点3を取るために頑張りたい。

・小山大貴(国3・大宮Y)
全員で相手の攻撃をしのいで、守備から入ろうと試合に臨んだ。セットプレイから失点した時は、1点返そうという雰囲気はあったが、その後2点目を取られてしまい、相手に押し込まれてしまった。(田口が交代し、急遽瀧澤、池田でCBを組むことになったが)連携面は大丈夫だった。ただ、2点目はクロスからの失点で、しっかり人についてどうにかクリアできていれば、防げた失点だった。(次の試合に向けて)応援してくれる人のために、勝って笑顔で終わりたい。

・瀧澤修平(国3・東洋大牛久)
CBはアクシデントとかがないと交代はないと思っていたが、それに備えて毎試合準備をしていた。0対0という時点で入ったので絶対に失点はしていけないと思っていたところで2失点してしまったので、まだまだ修正していかなければいけない。(出場直後に田口の負傷交代は)そんなに焦ることはなかった。グラウンドもグラウンドなので跳ね返すことと1対1で負けないというやることはしっかりできたので良かったと思う。(前半ベンチから見ていて)前節は戦い方が悪く、グラウンドも今回のように悪かったが、その経験を生かしラインをあげたりと素早くコンパクトに出来てた面は良かった。(先発濃厚だが、次節に向けて)田口君や郡司はビルドアップが上手くそれが持ち味だと思うが、自分は1対1の強さや空中戦が武器だと思うので、しっかり負けないようにして自分の長所を生かして頑張りたい。

TEXT=豊川拳大 PHOTO=横井喬、国府翔也

[次節試合予定]
第88回関東大学サッカーリーグ戦 2部リーグ(前期)
第5節 4月27日(日) 対平国大 東洋大朝霞Gにて 13:50キックオフ
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。