東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/06

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[準硬式野球]打線爆発も痛み分け 両者16得点の乱打戦に 

平成26年度東都大学準硬式野球春季2部リーグ戦・帝京大1回戦
4月17日(木) 小野路球場

東洋大16-16帝京大

20150417junko月性
本塁打で一挙3点を挙げた月性

20150417junkoベンチ
帰還した月性を迎えるベンチ

20150417junko富澤
富澤の同点打で、チームはさらに勢いづいた

 勝ち点獲得へ、何とか初戦を取りたい東洋大は帝京大と対戦した。試合は両校合わせて32点が入る乱打戦の末、引き分け。白星獲得とはならなかったが、一時は7点差となっていた展開をひっくり返し、同点へと持ち込んだ。

 試合は序盤から荒れに荒れた。先発の松下(ラ2・西湘)が先頭打者に四球を許すと、失策も絡み2回までに3失点。投球数50球を要する苦しい立ち上がりとなった。
 流れが東洋側に傾いたのは二回裏。先頭打者・藤本(営2・静清)の右翼線二塁打を口火に5安打を集め逆転に成功する。しかし、それも長くはもたなかった。逆転直後に同点とされると、六回には本塁打を含む5点を奪われ、松下は無念の降板。毎回のように走者を背負いながら我慢強く投げ続けたが、味方の失策から球数がかさみ、力尽きる結果となった。
 しかし、ドラマの始まりはここからだった。六回裏、無死1、3塁の好機を作ると、荻原(営2・宇都宮北)の適時右前打で1点を返す。なおも続くチャンスで放たれた月性(法2・柏南)の打球はバックスクリーンへ。「直球一本で狙っていた」と話す通り、高めに浮いた直球をしっかりと捉え、3点差に詰め寄った。ドラマはまだ続く。八回、先頭打者・月性の右翼線二塁打を皮切りに、打線が爆発。5連打を浴びせ、相手投手をマウンドから引きずり降ろすと、続く一死満塁の場面で富澤(営2・利根商)がライト前に、今試合2本目となる適時打を放ち試合を振り出しに戻す。さらに荻原の適時左前打で勝ち越すと、併殺崩れとパスボールで2点を追加し、相手を突き放した。
だが、3点差をつけ、このまま終わるはずだった試合はここからさらに荒れ狂う。松下の後を継いでいた梶(ラ3・東洋大姫路)が連打を浴び1点を返されると、代わった曽根(済2・東亜学園)も流れを押しとどめることはできず、再度逆転を許した。
 それでも、流れに乗る東洋打線がこのまま試合を終わらせるわけがなかった。先頭打者・家入(ラ3・東洋大姫路)がフルカウントから四球で出塁すると、菅沼(文3・稲毛)の犠打で二塁へ。次打者の打席で三塁まで進むと、今試合無安打に沈んでいた4番・鳥山(済3・都立城東)が起死回生の適時右越二塁打を放ち同点とした。試合はそのまま終わり、引き分けとなったが、最後の最後に主砲が意地を見せた。

 「立ち上がりに野手のミスで点を取られた」と月性が語るように、序盤は失策から流れを失い、厳しい戦いを強いられた。打線に勢いがついているだけに、守備からリズムをつかめれば、試合を優位に展開できるはずだ。まずは、このカードを制し、念願の1部へ。それが可能なことは、上位校と互角に渡り合うことができたこの試合がよく物語っている。

■コメント
・月性(法2・柏南)
 立ち上がりに野手のミスで点数を取られた。後半に逆転して、最終的に引き分けになったが、今までのリーグ戦の中では点数をとれたので、次につながる良いゲームだった。(7回の本塁打について)ストレート一本を待ってた。高めに甘く入ってきたので、強く振ることだけを考えた。それから逆転もできたので良かった。(8回の逆転劇の起点となったが)前の打席に本塁打を打っていて、大振りしたくなっている自分もいたので、(バットを)短く持ってコンパクトに振ることを考えた結果、うまく合わせられた。(次戦に向けて)今日のような攻撃ができれば勝てると思う。自分を含め、みんなで一丸となって戦いたい。

・富澤(営2・利根商)
とにかくつなぐ意識が目立った試合だった。(要所要所で打点を挙げたが)初回のバッティングについては、失策で失点して、投手の頑張りのためにも点をあげたいなと思った。八回は、みんながつないでくれた。できるだけバットを短く持って引きつけて打った。(反省点は)今日は守備が良くなくて、失策も多かった。そのときに自分が率先して声を出せれば良かった。(次の試合に向け)今チームはかなり良い状態にいる。明日も同じ相手なので、投手の情報もわかっている。全力で戦っていきたい。

TEXT=小泉真也 PHOTO=小野紗由美
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。