東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/10

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[サッカー]大量4得点で今季初勝利も、課題残る内容に 

第88回関東大学サッカーリーグ戦 2部リーグ(前期)
第3節 4月16日(水) 海老名運動公園陸上競技場

東洋大4-0産能大
<得点者>
3分 小山北
10分 平石
35分 佐々木
90+1分 遊馬

<警告>
28分 小山大


<出場メンバー>
▽GK
浅沼優瑠(国4・成立学園)
▽DF
郡司昌弥(国3・柏U-18)
田口慎太郎(国4・帝京)
石坂元気(国3・広島Y)
池田稔樹(国3・桐生第一)86分→DF今井裕基(国3・埼玉栄)
▽MF
小山大貴(国3・大宮Y)
斉藤昂太(国4・八千代)
小山北斗(国3・帝京)
仙頭啓矢(国2・京都橘)74分→FW小島正之介(ラ3・常総アイデンティU-18)
▽FW
平石直人(国4・帝京)
佐々木雅人(国4・西武台)76分→FW遊馬将也(国3・武南)

20140416soccer佐々木
貴重な追加点を挙げた佐々木

20140416soccer小山北
小山北の先制弾は嬉しい公式戦初ゴールとなった

20140416soccer平石
本職のサイドハーフで躍動した平石

 開幕からまさかの2連敗を喫し、昇格に向けてこれ以上負けられない東洋大は、産能大と対戦。3分に小山北が先制したのを皮切りに、10分には平石、35分には佐々木が追加点を挙げ前半から試合を優位に進める。後半も相手の反撃を許さず、91分には途中出場の遊馬がダメ押しの4点目を挙げ、4対0で今季初勝利を手にした。

 これ以上の連敗が許されない中、開始直後いきなり試合が動く。3分、仙頭からのパスをDFの裏に走りこんだ小山北がフリーで抜け出し今季のチームファーストゴール、そして自身の公式戦初得点を右隅に流し込んだ。その後も両サイドを効果的に使い、相手のゴールに襲いかかる。すると10分、右サイドを突破した斉藤のクロスから平石が強烈なボレーシュートを放ち、2対0と突き放す。しかし、以降は不用意なミスから相手に決定機を作られる場面が目立つ。21分には浅沼がペナルティエリア付近で相手を抜こうとしたところを奪われ、あわやゴールかという決定的なシーンを作られてしまう。それでも、33分にはゴール前の混戦からこぼれ球に反応した佐々木が3点目となるゴールを決め、前半を3対0で折り返した。
 点差では圧倒するも相手に攻め込まれる場面が目立った。ハーフタイムには古川監督から「全然戦えてない」と喝を入れられ、選手たちは気持ちを新たにピッチへ向かう。そして後半立ち上がりから小山北、池田を中心に積極的に相手にプレスを仕掛け、試合を支配していく。産能大もロングボールからワントップに合わせ、得点をねらうが田口、郡司昌のCBコンビがシュートを許さない。その後は両者なかなか決定機が生まれない中、FWの小島と遊馬を投入し攻撃にアクセントを加える。すると終了間際の91分、斉藤が拾ったこぼれ球を平石がドリブルで抜け出し、これを逆サイドに走りこんだ遊馬に渡す。遊馬は冷静に決め、試合を決定づける4点目を挙げた。このまま試合終了し、4対0と大量得点で今季初勝利を収めた。
4点差をつけて勝利するも、選手たちの表情は険しいままだった。試合後、口々に「今日の前半の戦い方はしてはいけなかった」と振り返る。しかし、その中でも決定的な場面をしっかりとものにし、後半も戦い方を修正して反撃の隙を与えなかった。「今日の後半が基準になるように戦いたい」と監督と選手も後半の内容には手ごたえをつかんでいる。次節、ここまで無敗の法大に勝利して上昇気流に乗りたいところだ。


■コメント
・古川監督
開幕2試合を落としたので、勝ちきらなくてはいけない試合だった。結果が出たことで最低限のところはできたと思う。ただ、前半は得点こそ取れて試合を優位に進めることができたが、内容的には評価できるものではなかった。荒れたピッチに適したプレーをしなかったのと、相手に寄せられてピンチを招くなど、かなり危ない場面が数多くあったので、ハーフタイムには相手より走ることやボールを拾うことを、飛び出していくことを特に指示した。(それを踏まえて後半の戦い方は)後半はピッチに適したように、スペースのところに流し込み、そこに対してプレスかけてセカンドボールを拾って攻撃に出るということをやってくれたと思う。前半と同じようなテンションで後半臨んだら間違いなく相手 にやられていたという感じはあったが、小山北や池田が足がつるまで走ってくれて、そういう所が完封勝利、4点目に結びついたと思う。今日の後半の試合が基準になるように戦っていかなければならない。(次の試合に向けて)2試合分の勝ち点を落としているので目先の1試合を拾いに行くためにもハードワークするだけだと思う。中3日で間隔が少ないので、次に向けてしっかり準備したい。

・佐々木雅人(国4・西武台)
連敗していて嫌なムードも流れていたので勝てて良かった。負けていたときは受け身になってしまっていたので今日は自分たちからアクションを起こそうと話していた。(ゴールシーンを振り返って)こぼれ球にうまく反応できた。(中央での出場となったが)自分の持ち味であるスピードを生かせるし、アクションも起こせたので良かったと思う。(次節へ向けて)自分が点を取る前にチームが勝つことが第一。自分たちは絶対的な王者ではなく、チャレンジャーという意識を持って臨みたい。

・平石直人(国4・帝京)
前半の出来は良くなかったが結果的に前半の内に3点取れたことはプラスに捉えたい。でも今日のような試合では上には絶対いけない。(ゴールシーンを振り返って)(斉藤)昂太と目が合ったのでパスが来ると思った。追加点になったので良かった。(サイドでの出場だったが)元々本職でやりやすかった。今日のポジションはドリブルでの仕掛けだったり、サイドで起点になるという自分の色が出せた。とにかく結果が出せて良かった。(次節に向けて)法大は2部の中でも力のあるチーム。集中応援ということでお客さんもたくさん来てくれると思うので良いプレーを見せて勝ちたい。

・小山北斗(国3・帝京)
2連敗ということもあり、勝ち点3を取ることを目標に挑んだ。グラウンドがかなり悪い状態だったので割り切る所は割り切って戦うことをチームで徹底してやれたと思う。(今季チームとしての初ゴールを決めたが)自分が取れるとは思っていなかった。素直に嬉しい。(仙頭)啓矢からのパスが良かったので流しこむだけだった。(攻守において走り回っていたが)運動量でチームを助けることが自分の仕事だと思っているので、徹底してやっていきたい。(次節に向けて)中3日なので、体をまず回復させることと、前半スタッフから全然戦えてないと喝も入れられたので、試合にしっかりと入って勝ち点3を取りたい

・遊馬将也(国3・武南)
最初2試合、日大と東学大と戦って0対1で負けてしまい、今週は負けられないということで、スタッフ全員含めて戦おうとしたので勝ててよかった。(途中出場からゴールを決めたが)自分が出たら絶対に1点は取りたいと思っていて、入る前にもコーチから「ゴール頼むわ」と言われたので、絶対にとってやろうという気持ちで臨んだ。自分でフリーでシュート打てたのはみんながしっかりと後ろで守って、前に展開していくということができたのでしっかり得点を取ることができてよかった。(前半の戦い方は)ベンチで自分も見ていて、誰もが思っていたが、やはり3点取っていても自分たちのミスで危ないシーンを何回も作っていた。今日みたいな前半の戦い方は、これから先絶対に勝っていけないと思ったので、明日から今日やった後半のプレーを全員でやっていきたい(次節に向けて)自分たちは1部から降格して、他のチームは気合を入れて臨んでくると思うので、自分たちもチャレンジャーという気持ちで戦いたい

TEXT=国府翔也 PHOTO=横井喬

[次節試合予定]
第88回関東大学サッカーリーグ戦 2部リーグ(前期)
第4節 4月20日(日) 対法大 上柚木公園陸上競技場にて 13:50キックオフ

※4月20日(日)13:50から上柚木公園陸上競技場で行われる法大戦は集中応援日となっています。
当日は地元の少年サッカー団参加のエスコートキッズ、2013年度卒のJリーガーのサイン色紙抽選会などの企画が予定されております。
大学サッカーに興味のある方、東洋大イレブンを応援したい方はぜひ、会場に足を運んでみてください!
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。