東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/07

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[陸上競技]岩壁杯 山下義が大会新でフィールドMVPに輝く! 

第8回岩壁杯対校陸上競技選手権大会
4月13日(日)上柚木公園陸上競技場

総合5位 東洋大

100m 予選
1組
3着 与那原 10"72 ※決勝進出
2組
2着 西澤 11"08
3組
3着 小笹 10"68 ※決勝進出

100m 決勝
2位 小笹 10"60
4位 与那原 10"79

200m 予選
1組
2着 北村優 21"56 ※決勝進出
2組
8着 富樫 22"46
3組
3着 北村将 21"68 ※決勝進出

200m 決勝
5位 北村優 21"67
7位 北村将 21"81

400m 予選
1組
3着 辰野 48"37 ※決勝進出
2組
3着 山下永 48"65
3組
DNS 丸池

400m 決勝
8位 辰野 49"32

400m障害 予選
2組
3着 吉野 56"40
3組
2着 横川 53"21 ※決勝進出

400m障害 決勝
2位 横川 51"80

走高跳 決勝
1位 山下義 2m11 ※大会新

やり投 決勝
6位 井上 57m82

4×100mリレー 決勝
2位 東洋大(小笹ー小林ー桐生ー与那原) 39"69

4×400mリレー 決勝
6位 東洋大(四家ー富樫ー丸池ー山下永) 3'16"30

100m オープン
1組
4着 山藤 11"52
2組
2着 永池 11"38
3組
4着 笠原 11"40
4組
3着 石川 11"23
4着 永井 11"23
6組
6着 武田 11"16
7組
2着 北村将 10"74

女子100m オープン
5着 門脇 13"46

200m オープン
2組
1着 石川 22"76
6組
3着 小林 22"53

400m オープン
1組
DNS 浅海
2組
2着 越栄 50"46
3組
6着 野口 50"99
4組
6着 四家 50"30

女子400m障害 オープン
1着 長畑 1'03"16

20140413rikujo山下義
大会新記録を更新し、フィールドMVPとなった山下義

20140413rikujo横川
400m障害で2位に入り、敢闘賞を受賞した横川

20140413rikujo小笹
小笹は復調の兆しを見せている

20140413rikujo桐生―与那原
桐生(右)と与那原の1年生コンビが4継の3、4走を担う

 短距離シーズンの本格化を告げる岩壁杯が今年も開催された。今年から8校対抗で争われる今大会で、山下義(法2・小樽水産)が走高跳において大会新記録をマーク。他にも多数の選手が決勝進出、あるいは関カレの標準記録突破を果たすなど、収穫の多い大会となった。

 これまで思ったような結果を残せていなかった山下義が、ようやく本領発揮だ。踏切足ではない右足を疲労骨折している中でも、順調にバーの高さを上げていく。そして大会新記録となる2m08を見事1発でクリアすると、続く2m11も1発クリア。目標としていた2m16の日本選手権標準には惜しくも届かなかったが、優勝と同時に関カレのA標準を突破しそのポテンシャルの高さを見せつけた。すると同じく2年生の横川(総2・浜松湖南)も400m障害で魅せる。予選を難なく通過すると、迎えた決勝は慌てず自らのペースを守ってレースを進める。そして8台目を超えたあたりからギアを入れ替えてスパートし、一気に2位まで順位を上げた。タイムも関カレA標準を破っており、「これからのモチベーションにつながる」と、自信を深めたようだ。
 上級生も負けていない。100mに出場した小笹(法3・西京)は、タイム順で決勝に進出すると、決勝でも得意のスタートから良い形で中間疾走までつなげる。優勝とはならなかったものの、前回のレースからの改善をうかがわせた。その一方で400m勢はコンディションが整わず、思うような結果を残せない。辰野(法3・西武台千葉)が意地を見せなんとか決勝まで駒を進めたが、不本意な走りで8位に終わった。
 また、今大会では多くの新入生が大学でのデビュー戦となった。与那原(法1・那覇西)と北村将(法1・九州学院)はそれぞれ100m、200mの対校戦に出場し、いきなり決勝へ進出してみせた。そして日本中が注目した桐生(法1・洛南)も4継に出場し、デビューを果たす。3走に入った桐生は2走の小林(済3・保善)からバトンを受けると、猛烈な追い上げで首位を走っていた中大に追い付き、アンカー・与那原へとバトンパス。最後は激しい競り合いの中で2位に終わったものの、4継の東洋大記録を更新し今後へ期待を持たせる結果となった。

 今大会を振り返り梶原監督は「手ごたえは十分ある」と、選手たちのパフォーマンスに満足感を示した。関カレまで残り1ヶ月。今回の結果を踏まえ、ここから一気に上昇気流に乗りたいところだ。

■コメント
・梶原監督
400mの選手たちは調子が整わなくて、いまいちな結果になってしまった。でも、それを除けばけが人も復帰してベストに近いくらいのタイムで走っていたりしたので、良かったと思う。関カレのA標準を切った者もいるし、4継もコンディションがそれぞれバラバラで、バトンワークが完璧ではない中でも東洋記録を出せた。山下義も踏切足と逆の足を疲労骨折している中でも技術的にも助走の作り方というのが良くなってきたので、それをもっと上げていけば自己ベストも更新できると思う。そういった意味では手応えを十分得られた大会だった。あとは辰野、山下永あたりの調子が上がってくればしっかりとした選手層ができると思う。やはり桐生1人ではどうにもならないし、他の選手の活躍もないとリレーなどでは優勝できない。桐生以外にももっといい選手がいるんだというのを、皆さんに見せたいと思う。

・小笹(法3・西京)
今日のレースは前回に比べたらだいぶ立て直すことができた。乗り込みもうまくできるようになり、スタートの飛び出しも出られるようになったので、調子も良くなってきていると思う。関カレのA標準を切って安心しておきたいと思っていたので、それが達成できたのは良かった。(リレーについては)今年から桐生が加わるということでアンダーパスに変わったが、あまり慣れなていない中でやったので少しもたついてしまった。それでもそれなりにできていたのではという感覚はある。(今後は)5月に地元の山口県で試合があるので、そこで10秒5前半を出していきたい。

・辰野(法3・西武台千葉)
今日は全然良くなかった。A標準を狙いに行ったので、全く満足できていない。展開としてはもっと前半に上げていきたかったが、それができなくて余った力が後半に出たという形なので、自分が思った通りに走れなかった。調子自体は普通だった。とにかくしっかり前半から走れるようにしたいと思う。(次へ向けて)1年の時からA標準を切れとずっと言われ続けているので、そろそろ切りたいと思います!

・山下義(法2・小樽水産)
今日の結果に納得はしているが、もう少しうまくいっていればという思いもあった。(具体的には)2m16が日本選手権の標準記録なのでそこを狙っていた。2m11はB標準で、それを切れていなくて追い込まれていたので記録を出せたことは良かった。この時期に今日のような高さを跳べたのには手ごたえを感じている。今は右足に疲労骨折があるが、踏切足ではないのでこれくらい跳べてもおかしくはないという感じ。(今後に向けて)最終的には日本記録を更新したい。近い目標だと、日本選手権という日本で一番大きな大会を経験することで世界へとつながっていくと思うので、まずは日本選手権を目標にしたい。

・横川(総2・浜松湖南)
去年は15歩でハードルを跳んでいたが、何台か14歩でいくという新しい技術を取り入れて今日の大会で初めて試してみた。初めてのわりにベストに近い記録が出せて結果が残せたので、自分の中では大きな自信にもなるしこれからのモチベーションにもつながった。今日の自分の走りは70点くらい。(敢闘賞については)2位で取れるとは思ってなかったので、素直に嬉しかった。今シーズン1発目から良いタイムが出せたので、関カレや夏以降のシーズンでベストを狙っていけるようなコンディションにはなっていると思う。(今後は)関カレ上位入賞が目標なので、まずはそこを目指して頑張りたい。

・桐生(法1・洛南)
(振り返って)今日は4継だけだったが、東洋記録の更新を狙っていたので、まずはそれが達成できてよかった。高校2年まではずっと3走だったので違和感はなくて、日本代表でも3走をやらせてもらっているので、その練習にもなったかなと。(改善点は)今日はあまり調子も良くなかったけど、4走の与那原にもう少しスムーズに渡せるようになればもっといい勝負ができると思う。次の大会は大学に入って初めて100mを走るので、どういう結果になるかはわかないけど、いつも通り楽しんで自分らしい走りをできれば結果は出ると思うので、頑張っていきたい。

TEXT=山本純平 PHOTO=山本純平、松木ゆかり
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。