東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/06

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[準硬式野球]七回に逆転され、筑波大に敗戦 失策が目立つ試合に 

平成26年度東都大学準硬式野球春季2部リーグ戦・筑波大2回戦
4月10日(木)新座市総合運動公園野球場

東洋大5-7筑波大

20140410junko梶
制球力に課題を残すも、6回を投げ抜いた梶


20140410junko菅沼
菅沼の適時打で、チームにも勢いがついた

 二回に先制されるも、その後三回、五回と得点を重ね逆転に成功する。しかし、七回から登板した曽根(済2・東亜学園)が捕まり3点を献上。後を受けた松下(ラ2・西湘)も昨日の疲れがあってか調子が上がらず1点を失う。結果、逆転負けを喫し、筑波大戦の勝ち点は、3戦目へと持ち越しとなった。

 前日の試合に勝利し、このままの勢いで勝ち点獲得といきたいところであったが、序盤から苦戦を強いられた。
 先発の梶(ラ3・東洋大姫路)は二回、先頭打者に右前打を浴びると、四球、犠打により一死2、3塁のピンチを招く。その後、内野守備の失策により、2点を失った。
 しかし、すぐに打線もミスを取り返そうと奮起する。家入主将(ラ3・東洋大姫路)が左前打で出塁すると、菅沼(文3・稲毛)の適時右越二塁打で1点を返した。さらに、五回には引地(法2・都立井草)が左前打を放ち、3番・豊田(営2・九州学院)、4番・鳥山(済3・都立城東)の連続適時打で3点を挙げた。その裏に1点を返されるも、2点リードのまま後半戦へと突入する。
 七回からは曽根がマウンドを引き継いだ。しかし、右前打で出塁されると、その後の中越二塁打で2点、さらに守備の失策が絡み1点と計3失点。この回で逆転を許し、1イニングでやむなく降板となった。後を受けた松下も、本来の調子には程遠く、1失点。その後の打線は得点圏まで走者を出すも、後続が飛球とゴロに取られ、試合は終了。5対7で敗戦し、筑波大戦の勝ち点は、3戦目に持ち越された。

 得点を挙げたイニングの裏に、失点するといった展開が目立った今試合。「点差を守るだけでなく、攻めていく気持ちが欲しかった」と小田辺監督は話す。今回の失策はほぼ失点につながっており、一瞬の気の緩みから逆転負けとなってしまった。投手陣も制球力に課題を残すが、まずは、全員が重要な場面での集中力と攻めの気持ちを忘れずに、一試合を戦い抜くことが必要だ。

■コメント
・小田辺監督
打線に関しては、ヒットも出ていたし点が取れていたのだが、点を取った後に失点してしまった。点差を守るだけではなく、そこでも攻めていく気持ちが欲しかった。梶は変化球ピッチャーなので、かわしていくのが持ち味なのだが、中盤になって制球力が落ちてきたので替えた。しかし、後を継いだ後輩たちが失点してしまったので、そこは起用した私のミス。(筑波大の印象は)ここぞという場面の集中力はさすが。最後のライトからサードへの返球なども、想像以上だった。(2勝2敗という結果について)幸いまだ勝ち点は落としていないので、まだ優勝の可能性はある。そこはプラスに考えて、来週以降の試合につなげていきたい。(次の試合に向け)昨年秋に優勝した帝京大が相手なので、勝てば自信になる。全員一丸となって、挑んでいきたい。

・梶(ラ3・東洋大姫路)
勝ちたかった。挑戦者という気持ちがチームに欠けていて、プレーにも出ていた。それが敗因。(自身の投球について)全体的に低めに集めることができて、会心のヒットという当たりもなかった。今まで課題としていたことだったので、その点はよかった。(次戦に向けて)練習して勝つしかない。チーム全体で初心を取り戻して、挑戦者の気持ちを忘れずに戦っていきたい。

・引地(法2・都立井草)
序盤に失点したので、すぐ取り返したかったが、内野の守備のエラーなどで投手を苦しめてしまったので、そこが負けた要因。(猛打賞の活躍について)昨日途中出場してエラーをしてしまったので投手には申し訳ないという気持ちだった。初球から狙い球を絞って、強く振るという気持ちが今日の結果につながった。(次戦に向けて)投手に頼りっぱなしの試合が続いている。次は絶対に勝ちたい。

TEXT=小野紗由美 PHOTO=中田有香、小泉真也
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。