東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/10

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[アーチェリー:男子]大差をつけられ連敗喫す 

2014年度関東学生アーチェリー男子リーグ戦 2部
4月6日(日)明星大レンジ

男子 第2戦

東洋大 3615―3717 芝浦工大(上位6名の合計)

個人成績 50m30mTOTAl
1伊藤    283 334 617
2金井    293 332 625
3岩崎   236 327 563
4武     284 327 611
5宮澤    230 286 516
6深野   268 315 583
7登坂   261 294 555
8長谷川  288 328 616
※ 各距離60点×6エンド

20140406archery登坂
副将の登坂は声出しでチームを盛り上げる

20140406archery金井
チームトップの得点を叩き出した金井

 初戦は黒星スタートとなったため、リーグ戦初勝利を目指し挑んだ第2戦。決して悪くはない得点だったものの、相手校が高得点を連発し、点差をつけられての苦い敗戦となった。

 50mでは、金井(ラ2・埼玉県立松山)が4エンド目から50点以上の高得点を叩き出し、チームを引っ張る。また、それに負けじと長谷川(工4・大宮開成)、武(法2・栗橋北彩)も点数を積み重ねた。チームの雰囲気も良く、滑り出しは順調であった。しかし、相手校の芝浦工大はミスを最小限に抑え、チームの好調を示す。60点以上の点差をつけられ、50mを終える。
 追い上げたい30m。伊藤主将(法4・仙台育英)は点数を落とすことなく、5つのエンドで55点以上を出し、安定感のある射でチームに大きく貢献した。50mトータルでチームトップの金井も粘りを見せる。だが、序盤から調子の良かった芝浦工大は確実な射で高得点を連発。後半でさらに差を広げ、最終的に102点の差をつけられ、東洋大は第2戦も黒星を喫した。
 2部の試合ではレベルの高い戦いとなった今試合。練習と比べても東洋の点数は悪くはないものだった。しかし、いくら強い相手でも試合では勝たなければならない。劣勢を強いられている苦しい状況でいかに得点を伸ばせるかどうかが、勝利のカギとなるだろう。次こそ、リーグ戦初勝利を手に入れるべく、第3戦に挑む。

■コメント
・登坂副将(ラ4・保善)
後半になるにつれて声出しも少なくなってしまって、点差を詰められず最後に負けてしまった。点数的には悪くない点数だった。3600点は乗っているので勝てる点数だった。次戦に向けてもう一回、個人でやれることを見直したい。もう負けは許されない。個人でなく、チーム全体で勝てるように頑張っていきたい。

・金井(ラ2・埼玉県立松山)
個人としてはいつもより調子が良かったが、チームの点数は出なかった。雰囲気は悪くなかったが、低い点数を出した時に落ち込んでしまう。一回落ちると上がりにくくなってしまうので向こうの方が盛り上げ方など上手かった。(個人としては)自分の平均は610点前後だったので、その点を課題に先週からも見直していてそれを試合での点数につなげられたのは自分でも進歩だと思う。チームの中で一番になれたのは嬉しかった。(次戦に向けて)この点数を維持できたら良い。チームの点数も底上げしていきたい。

TEXT/PHOTO=佐藤真理
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。