東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/08

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[準硬式野球]松下が13奪三振の好投!春季リーグ戦白星発進 

平成26年度東都大学準硬式野球春季2部リーグ戦・駒大1回戦
4月1日(火)小野路球場

東洋大5-3駒大

20140401zyunkou松下
好投を見せた先発松下

20140401zyunkou家入
家入は2安打2打点を挙げ、チームを引っ張った

 春季リーグ開幕戦は、昨秋、悔しい2連敗を喫した駒大との対戦となった。初回に鳥山(済3・都立城東)の二塁打で先制すると、続く二回にも家入(ラ3・東洋大姫路)の適時打などで4点を奪い、序盤にリードを広げる。一方、先発の松下(ラ2・西湘)は八回までに13奪三振を記録するなど好投を見せ、初戦を勝利で飾った。

 初回、安打と犠打で、二死2塁のチャンスを作ると、今季4番に起用された、鳥山の右翼線を破る適時二塁打で先制に成功する。二回には、相手のミスに付け込み、四球で1点を追加した。さらに、なおも続く無死満塁のチャンスで、家入が中越適時二塁打を放つ。その後も菅沼(文3・稲毛)の絶妙なバントヒットで追加点を挙げ、この回打者一巡の猛攻で4点を挙げた。
 先発・松下は、大量得点の援護に恵まれ、松下らしい強気な投球を展開した。力強い直球と変化球を効果的に織り交ぜ、相手打者に的を絞らせない、圧巻の奪三振ショーを見せる。しかし、疲れが見えた九回に捕まり、3失点を喫してしまった。完投勝利まであと一死というところで、曽根(済2・東亜学園)にマウンドを譲る。曽根は、一打出れば同点に追いつかれる状況での登板となったが、次打者を三球三振に切って取り試合終了。大事なリーグ開幕戦を勝利で終えた。
 昨季1年生ながら投手陣を支えた松下が、今季の開幕戦でより進歩した投球を見せ、同じく新2年生の曽根も熱のこもったピッチングを披露した。投手力の底上げに成功し、彼らが攻撃への流れを作り上げたことが今試合の勝因だ。一方打線も、新主将の家入を中心に積極的な打撃が光った。だが、三回以降追加点を奪えなかったという点は、今後の課題になるだろう。念願の1部昇格のための戦いは、始まったばかりだ。


■コメント
・家入主将(ラ3・東洋大姫路)
先制できたことは良かったが、三回以降は点が取れず淡白になってしまった。1点でも追加できていれば、最後のピンチはなかった。(自身の調子は)調子は良い。初球から思い切っていけているので結果につながっている。1番なので明日も初回に出塁したい。(新主将になった感想は)色々大変だが、自分が引っ張らないとチームは勝てないと思っている。(リーグ戦の目標)もちろん、優勝で1部昇格。それしかない。(次戦に向けて)今日5点取れたが、もっと点を取ってピッチャーを楽にさせられるように打って勝っていきたい。

・鳥山(済3・都立城東)
オープン戦最後の2試合が良い流れだったので、気負うことなくプレイできた。(4番を任された感想は)打順は気にしていない。前後に良いバッターがいるので、つなぐことだけを考えている。(先制打について)東洋大は序盤でつまずくことが多いので1点欲しいと思っていた。硬くならずに良い緊張感で打席に入れた。打った後は単純に嬉しかった。(次戦に向けて)相手が違うので勝ち点にはつながらないが、勝つことは絶対。気持ちを切り替えて頑張りたい。

・松下(ラ2・西湘)
直球に勢いがあり、相手から三振を奪うことができたのが今日の勝利につながった。序盤の5点の援護で楽に投げられたので、感謝している。(昨年との違いは)変化球で空振りが取れるようになったことが大きな違い。(その中での課題は)いらないところで四球を出したり、後半、球の勢いが弱くなっているところを直したい。(リーグ戦の目標は)どこよりもうるさいチームにするために、声を出していきたい。個人的には、最多勝・最優秀投手になるのが目標。それを達成するために頑張りたい。

TEXT/PHOTO=村田真奈美
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。