東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/08

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[コラム]第402回 二刀流 執筆者・若宮悠亮 


 こんにちは、2か月にわたってお送りしてきた3年生のコラムも今回でラストとなります。準硬式野球、ソフトテニス、射撃、そして定期購読を担当しておりました若宮悠亮です。こういう苗字のため、子どもの頃は卒業式から身体計測まで、何度も最後にさせられてきました。なのでクラス替えの際に「自分より後の名前のやつ来い!」なんて密かに思うのは“わ行あるある”だったり、、、関係ないですね(笑)

 みなさんはすでに私の同期8人のコラムを読んでくださったでしょうか?取材の思い出や感謝の気持ちを述べた文章から、スポーツ東洋への熱い気持ちが伝わってきましたね。この流れに乗るのもアリだと思ったのですが、私はスポーツ東洋のもう一つの活動について書くことにします。

 ご存知の通り、スポーツ東洋は東洋大のスポーツを取材している団体です。そのためスポーツを見るだけでなく、プレーするのも好きな連中が多いです(レベルの違いはありますが)。
そんなスポーツ東洋では野球部、駅伝部が活動していましたが、今年に入って蹴球部も創設され、先日デビュー戦を行いました。その試合の様子を記事にしたので、内輪ネタで恐縮ですがご覧下さい。



[フットサル]スポ東蹴球部始動!2勝挙げるも笑撃デビュー?

3月15日(土)東京都北区王子

 スポ東蹴球部のデビュー戦が北区某所で行われた。降格を言い渡される屈辱を受けたが、2勝を挙げるなど明るい材料も見つかった。

 8チームを2グループに分けて総当たり戦を行い、その後順位決定戦へと移る大会方式が採用された。開幕戦で登場したスポ東蹴球部は序盤から主導権を握る。ゴール前の混戦でFP星(文1・仙台育英)が押し込んで先制した。オープニングゴールの興奮冷めやらぬまま、FP横井主将(営2・杉並学院)が豪快なミドルシュートをゴール左隅に突き刺し追加点を奪う。2点のリードを得たチームは反撃を1点に抑え、クラブ史に残る1勝を挙げた。
 歴史的勝利の勢いのまま臨んだ第2戦は、格上相手に0-3の敗戦を喫する。あまりの完敗に試合後、運営側から降格を言い渡された。少なからずショックを受けたが笑い飛ばし、気持ちを切り替えて第3戦を迎えた。このグループリーグ最終戦は、両チームとも失点を避けるため慎重なゲームとなる。しかし一瞬の隙を突かれ、欲しかった先取点を奪われてしまう。その後のピンチはGK山本(文2・市立船橋)が顔面ブロックで防ぐも、攻撃陣が機能せず敗戦。1勝2敗でグループ3位となり、5位決定戦へと進んだ。
 横田選手兼監督(済4・浜松日体)の引退に花を添えようと意気込んで臨んだ今試合は、開始早々にスコアが動く。横井主将のキックインを受けたFP若宮(社3・白鴎大足利)が左サイドを突破し、GKとの1対1を制して待望の先制点を挙げた。さらに前半終了間際、星のゴラッソでリードを2点に広げることに成功する。ハーフウェーライン付近から左足で放たれたシュートがゴールネットに突き刺さった。後半はリードを保つことを意識し、重心を下げて試合を進める。何度かピンチを迎えたが、試合前に「会場をわかせる」と意気込んでいたGK浜浦(文1・江戸川)が魅せた。ファインセーブを連発してチームの危機を救い、有言実行の活躍を披露する。終盤には相手がパワープレーで攻め込んできたが、1失点で凌ぎ2-1で白星をつかみ取った。8チーム中5位で初陣を戦い終えた。
 降格という屈辱を受けたが、サッカー経験者の少ないチームにとって、今大会でつかんだ2勝は今後に向けて大きな財産となった。攻守に存在感を示してきた横田がチームを去るなど、課題は山積みである。横井主将を中心に一から基礎を積み重ねていくことが、常勝軍団への近道だ。



 サッカーの記事を書いたのは初めてなので読みづらい部分もあったと思います、申し訳ございません。ただ自らプレーして文章も書くという、プレーヤーとライターの“二刀流”を一度やってみたかったので書かせていただきました。こういう貴重な経験ができるのはスポーツ東洋ならではだと思います。そしてこの活動はスポーツ東洋に関わるすべての方々によって支えられていると感じました。3年間ありがとうございました、そしてこれからもスポーツ東洋をよろしくお願いします!!!
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。