東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/11

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[陸上競技]学生ハーフ 実力出し切れず課題が残る 

第17回日本学生ハーフマラソン選手権大会
3月2日(日)陸上自衛隊立川駐屯地滑走路・国営昭和記念公園とその外周道路

ハーフマラソン
52位 淀川 1:04'10
55位 高橋 1:04'19
72位 五郎谷 1:04'27
86位 山本采 1:04'39
91位 力石 1:04'42
96位 名倉 1:04'45
100位 齋藤真 1:04'47
111位 橋本 1:05'05
142位 長谷川 1:05'27
152位 口町 1:05'33
234位 牧浦 1:06'20
279位 高野 1:06'44
287位 吉田 1:06'47
298位 大室 1:06'55
363位 木村 1:07'35
DNF 今井
DNS 本間
DNS 渡邊一
DNS 植田
DNS 櫻岡
DNS 三笠
DNS 吉村

20140302rikujo淀川
淀川は学内トップでゴールした

20140302rikujo高橋
中盤から安定した走りを見せた高橋

20140302rikujo五郎谷
五郎谷は自己ベストを大きく更新した

 悪天候の中、日本学生ハーフマラソンが開催された。6名が自己ベストを更新するも順位が振るわず厳しい結果になった。

 スタート直後、淀川(済3・秋田中央)と五郎谷(済3・遊学館)が先頭集団に位置取ると、レースはスローペースで進んだ。5km付近で五郎谷が先頭から離れてしまうものの、淀川は攻めの走りで集団に付いていく。しかし徐々に先頭集団がペースアップすると10km過ぎに淀川も遅れ始める。学内トップでフィニッシュしたが、結果は52位と悔しさが残った。一方、五郎谷は「後半に安定してきてしっかり走れた」と最後まで粘り自己ベストを大幅に更新する。
 また、高橋(工2・黒沢尻北)や山本采(済1・滋賀学園)、力石(済2・如水館)など下級生も健闘。高橋は序盤に出遅れてしまうが、その後は大きく崩れることなく64分台前半でレースをまとめた。山本采や力石も後半に前を行く選手を次々に追い上げ、今後へつながる走りを見せた。

 多くの選手が今大会で結果を残すことを目標にしていたが力が出し切れず、酒井監督は「自覚と危機感を持ってやらなければ」と語った。このレースで明確になった課題を、選手たちがどのように克服していくかが来年度の飛躍のカギとなる。

■コメント
・酒井監督
箱根に出ていない選手にとっては、冬季一番のメインの試合として出場した。(レースを振り返って)入賞者もおらず、誰も64分を切れなかった。箱根を終えてからは行事があり、浮かれていた部分やおごっていた部分があったにしろ、あまりにも結果が悪い。また一からやり直さなければいけない。(今後に向けて)淡々とやっていくしかない。主力の4年生が抜けたので、力がないという自覚をどれだけ持ってやれるかが大事。一部の主力が頑張るだけではだめなので、今日走った者、エントリーしながらも故障で走れなかった者など、そういった選手が自覚と危機感を持ってやらないと今後は厳しい。

・五郎谷(済3・遊学館)
スローペースでスタートしたが途中5kmくらいで先頭から離れてしまい、そこから我慢して粘っていくというレースだった。最初は体が動かなかったが後半から良くなり、前へ前へと順位を上げていった。(収穫は)フォームが崩れるときつくなりすぐ離れてしまうが、維持することでタイムのアップにつながると感じた。今日はレース後半に安定してきてしっかり走れた。(今後は)最上級生となるので、下級生を引っ張っていきたい。そしてトラックの自己記録を更新して駅伝につなげていきたい。

・淀川(済3・秋田中央)
今回は遅いレースになるのではと予想していたが、10kmを29分30秒台の速いレース展開になった。そこからさらにペースが上がって先頭集団に付いていくことができなくなり、後半は寒さで体が動かなくなってしまった。タイムよりも上位で走ることを目標としていたので、どんなペースでも先頭で走るつもりでいたが、力不足な部分があり悔しい結果になってしまった。(調子は)箱根が終わってから上がらない現状でいる。最上級生になったので、もう一度気を引きしめて後輩に示しのつくような走りをしないといけない。(今後に向けて)強い学年が抜けたので、基礎からしっかり練習してチームの底上げをして、昨年にも負けないチーム作りをすることが目標。

・高橋(工2・黒沢尻北)
スタートから出遅れて中盤からのレースになってしまったことで、入賞争いに入っていくことができなかった。調子はそれほど悪くなかったので、もっとトップ争いにも絡んでいきたかったが、最初に出遅れたことが大きかった。公園内に入ってからのアップダウンで足が動かなくなって、そこで一緒にいた集団からも離されてしまったので、ラストの粘りが課題だと思う。(今後に向けて)今後は関カレに出られるようにやっていきたいし、そこでポイントをしっかり取れるように頑張りたい。

TEXT=松木ゆかり PHOTO=石田佳菜子、野原成華、青野佳奈
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。