東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/08

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[水泳]内田・萩野が日本新!自己ベスト更新者も続出! 

第55回日本選手権(25m)水泳競技大会
2月15日(土)~16日(日) 辰巳国際水泳場

(1日目・予選)
◆女子200m自由形
1組 地田 1'59"39
→全体6位で決勝進出
◆男子200m自由形
1組 天井 1'47"70(全体11位)
3組 萩野 1'45"41
→全体2位で決勝進出
◆女子400m個人メドレー
2組 山口真 4'36"90
→全体5位で決勝進出
◆男子400m個人メドレー
4組1着 萩野 4'08"41
→全体2位で決勝進出
◆男子200mバタフライ
1組3着 牧田 1'57"10
◆女子50m自由形
4組1着 内田 24"56 ※日本新
→全体1位で決勝進出
◆女子100m平泳ぎ
3組6着 佐藤 1'08"60
5組4着 青木 1'07"94
→全体12位でB決勝進出

(1日目・B決勝)
◆女子100m平泳ぎ
5着 青木 1'08"08

(1日目・決勝)
◆女子200m自由形
5位 地田 1'58"90
◆男子200m自由形
1位 萩野 1'42"51 ※日本新
◆女子50m自由形
1位 内田 24"31 ※日本新
◆女子400m個人メドレー
4位 山口真 4'34"75
◆男子400m個人メドレー
1位 萩野 3'58"28

(2日目・予選)
◆女子400m自由形
3組1着 地田 4'09"52
→全体2位で決勝進出
◆男子400m自由形
1組2着 天井 3'48"10
◆女子200m平泳ぎ
4組5着 青木 2'25"02
→全体15位でB決勝進出
◆女子400m個人メドレー
4組着 山口真 
◆男子100mバタフライ
4組1着 萩野 51"01
→全体1位で決勝進出
◆女子100m自由形
4組1着 内田 53"35
→全体1位で決勝進出

(2日目・B決勝)
◆女子200m平泳ぎ
8着 青木 2'26"29

(2日目・決勝)
◆女子100m自由形
1位 内田 53"09
◆女子200m個人メドレー
6位 山口真 2'10"83
◆男子100mバタフライ
1位 萩野 50"26
◆女子400m自由形
2位 地田 4'07"92

20140216swimming内田(撮影者・西川)
内田は50m自由形で日本新記録をマーク

20140215swimming50m自由形表彰(撮影者・野原)
自由形で2冠を達成した(中)

20140215swimming400m個メ・萩野(撮影者・野原)
平泳ぎで好感触をつかんだ萩野

20140215swimming400m個メ表彰(撮影者・野原)
大会中何度も表彰台に上った(中)

20140216swimming山口真(撮影者・星)
予選から好タイムを出した山口真

 日本最速決定戦である今大会に、8人の東洋大スイマーが出場した。初日から内田(営1・関東学園大附)と萩野(文1・作新学院)が日本新記録を樹立し、会場を盛り上げた。また、山口真(営1・墨田川)が出場2種目で決勝進出し、両種目とも自己ベストを更新するなど好調さを見せた。

 1日目の女子50m自由形では、内田が予選からいきなり日本新記録をマークする。決勝では好スタートを決め後半も粘り切ると、予選をさらに0.25秒上回る記録で優勝を果たした。翌日の100m自由形決勝では、浮き上がりからトップに立つと、日本記録と同タイムで前半50mを折り返す。惜しくも日本記録に届かずゴール後は悔しい表情を見せたが、この種目でも予選、決勝と自己ベストを更新した。
 萩野が出場した男子400m個人メドレーの決勝は、最初のバタフライで瀬戸(JSS毛呂山)に頭一つ分出られてしまう。しかし、背泳ぎで体1つ分のリードを奪うと、トップに浮上する。最後の自由形では伸びなかったもののリードを守り切り、この種目を制した。
 地田(営2・墨田川)は、初日の200m自由形でベストを更新すると、翌日の400m自由形にも出場。決勝は、隣のコースの五十嵐(横浜サクラ)が日本新ペースでレースを進める中、地田は落ち着いてスタートし200m過ぎに2位に順位を上げると、そのまま4分7秒92の好タイムでゴールした。
 また、山口真は初日の400m個人メドレー予選から良い泳ぎを見せ、決勝に駒を進める。決勝ではスタートで出遅れるも、最近調子が上がっている背泳ぎで前に出る。ラストも積極的な泳ぎで攻めると、表彰台まであと一歩と大健闘した。山口真は年末から調子の良さをうかがわせており、今回も出場した予選、決勝の4本のレースすべてで自己ベストを更新した。

 今大会ではほとんどの選手が自己記録を更新しており、冬季合宿での成果が着実に表れている。この後は再び合宿に入り、4月の日本選手権に照準を合わせる。今回出場していない選手を含め、成長著しい東洋大スイマーの今後の活躍に注目だ。


■コメント
・平井監督
(萩野について)400m個人メドレーで世界記録を出すと公言したことはメンタル面でのチャレンジだった。世界記録が出なかったのは残念だが、本人にとっても良い経験になった。(内田について)確固たる自信ではないが、徐々に派遣標準を切り、世界のトップと戦いたいという気持ちが芽生え初めたので、良いステップとなる大会になった。(東洋大の総括)出た選手ほとんどが自己ベストだった。萩野や内田といったトップの選手だけでなく山口真が伸びてきている。(今後に向けて)今大会に出ていない選手でも多くの選手がベストを出しているので4月の日本選手権に向けて頑張りたい。

・田垣コーチ
(今回自己ベスト更新が多かったが)今大会では9割がベストを更新した。12月の後半から冬場のやってきたトレーニングの成果がしっかり出ていると思う。4月の日本選手権に向けて着実に力がついてきている。(山口真が好調だが)新潟合宿に連れて行ったが、与えられた練習を食わず嫌いすることなく全てにおいて純粋に挑戦していて、良い練習ができていた。勢いがある。(今後に向けて)日本選手権では日本記録の更新。また、4月からの大会ではアジアの派遣標準記録を切って、東洋大から数名の代表を出したい。金指(営1・日大藤沢)も代表入りを狙う位置にいる。

・地田(文2・墨田川)
練習をしながらの大会でコンディションはあまり良くなかったが、200m自由形でベストを出せたのはよかった。冬季合宿ではかなり泳ぎこんでいて、まだ成果が記録に出ていないが、4月で出していければ良いと思う。(400m自由形では隣で日本新が出たが)泳いでいるときからすごく差を感じた。まだまだ練習しなくてはいけないと思った。順位よりタイムを狙っていて、自己ベストまであと少しだったことが悔しい。ターンは少しずつ良くなってきているが、緊張するとまだずれるところがあるので、もう少し練習が必要。(今後に向けて)日本選手権では2種目とも自己ベストを出したい。

・山口真(営2・墨田川)
(コンディションは)ケアで疲労を抜いていただいたので、2日目も万全のコンディションで臨むことができた。(好調の要因は)新潟の合宿では整った環境で練習ができたこと、コーチや監督、マネージャーさんのサポートがあってのことだと思う。(400m個人メドレーは)前半からとばしていたが、平泳ぎで差が付き始めてしまった。(200m個人メドレーは)背泳ぎは最近調子が良い。普段の練習で言われているテクニックを意識しながら泳いだ。監督からは、予選後にバタフライは強く、背泳ぎはシャープに、平泳ぎはつないで自由形で根性を見せろというアドバイスがあった。決勝は前半2種目で貯金を作ることを意識して泳いだ。(今後に向けて)4月の日本選手権が本番だと思っているので、必ず決勝に残りたい。春合宿の目標としては、それぞれの種目のラップタイムを上げて、自由形では根性を見せられるようになりたい。

・内田(営1・関東学園大附)
(予選から日本新だが)狙ってはいたが、本当に出てびっくりした。決勝はスタートが決まって、後半もいい粘りができた。年末年始の高地合宿の成果が出ていると思う。キックがついてくるようになった。(100m自由形は)後半がきつかった。前半もう少しいけていたら、もっとタイムが出ていたのではないかと思う。(今後に向けて)収穫の多い大会だった。自信になったので、4月では派遣標準記録を切ることを目標に、もっと上を目指していきたい。

・萩野(文1・作新学院)
(400m個人メドレーは)最後の自由形はしんどかった。最近自由形の追い込みが足りていないと思っていたので、それが出てしまった。体が力んで最初の泳ぎ方が悪かったというイメージだが、積極的にいくことができたのは良かった。平泳ぎはまあまあ良い泳ぎだった。50~100mでもっと積極的にいけたらタイムももっと出ていたと思うので、そこがもう少しだった。(100mバタフライは)狙っていたタイムには届かなかったが、自己ベストを更新することができたのはよかった。潜れなかったり、最後泳ぎがあわててストロークが小さくなったところもあったので、そこを4月に向けて修正していきたい。(今後に向けて)4月の日本選手権では日本新、世界新を狙っていきたい。そのためにも、この後の高地合宿で追い込んでいきたい。

TEXT=青野佳奈 PHOTO=西川諒、野原成華、星和典
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。