東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/06

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[フィギュアスケート]個人、団体で入賞! 一方で課題も残る 

第86回日本学生氷上競技選手権大会 フィギュア部門
1月8日(水)帯広の森スポーツセンター

◆女子Aクラス 総合成績
8位 長谷川奏(文3・狭山清陵)
10位 中村未夏(社2・小松原)

女子Aクラス団体3位

20140108figure中村(撮影者・佐藤)
惜しくも入賞を逃すも、躍動感で魅せた中村

20140108figure長谷川奏
エース・長谷川奏主将は今季も入賞を果たす

20140108figure団体表彰
女子Aクラス団体では、3位と表彰台を飾った

 東洋大、最初の滑走者に中村が登場。1発目のジャンプではバランスを崩すものの、その後の3連続のコンビネーションジャンプを成功させ、勢いに乗る。レイバックやビールマンといったスピンも確実に決め、めりはりのあるステップで観客を魅了した。終盤では疲れからか小さなミスが目立ったが、最後はスピンでうまくまとめ、演技を終える。結果は10位と、惜しくも入賞を逃してしまった。
 続く長谷川奏主将は、昨年の入賞から大きな期待を受けながら氷に降り立った。軽快な音楽に合わせ、持ち前の表現力でジャッジにアピールをする。3連続、2連続のジャンプを全て成功させ、得意のステップへ。ステップは、エッジを巧みに使い、エースの実力を発揮した。体力消耗の激しい後半のジャンプでは、転倒する場面が見受けられ痛手を負う。昨日より順位を1つ落とすものの何とか8位入賞を納め、今季を締めくくった。
 長谷川奏主将の入賞に加え、今季も団体では表彰台に上り、女子Aクラスは輝かしい結果を残した。しかしながら、それと同時に課題が見えた大会でもある。細かなミスをなくしジャンプの決定率を上げ、来季ではさらに大きく飛躍する。

■コメント
・長谷川奏主将(社3・狭山清陵)
前半はうまくジャンプが入ったが、後半の2発を失敗してしまって、そこが心残り。緊張していた中では良くできたほうだと思う。(コンビネーションジャンプは)すごく緊張していて、それがきれいに入った。だが、それから少し気持ちが緩んでしまった。(どんな心持で臨んだか)久しぶりに良い演技ができて、フリーも頑張ろうという気持ちだった。この曲を踊るのが国体で最後なので、楽しもうと思ったが、楽しむことを忘れていた。緊張のほうが強かった。(ステップは)前回失敗した分、全力を出して滑ろうと思った。その結果、良くできた。(来季に向けて)引退の年。ショートプログラムは姉が振付けてくれたので、また良いものにしていきたい。自分らしく楽しんで滑りたい。

・中村(社2・小松原)
(演技を振り返って)今までで1番良い演技ができた。ジャンプがまとまったことが良かった。(今シーズンを振り返って)最初から最後まで頑張ることができた。(来シーズンに向けて)さらに頑張って行きたい。

TEXT=田井早希恵 PHOTO=佐藤真理、小野紗由美
スポンサーサイト
コメント
Re: あれ?
 ご質問ありがとうございます。今季インカレは、スピード部門、フィギュア部門の2部門のみの出場であったために、ホッケー部門の記事は掲載しておりません。ご理解いただければと思います。
 今後とも東洋大学スポーツ新聞編集部をよろしくお願い申し上げます。

東洋大学スポーツ新聞編集部 アイススケート班














 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。