東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/06

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[スピードスケート]昨日に引き続き黒岩が5000mで1位! 貴重なポイントをつかみ取る 

第86回日本学生氷上競技選手権大会 スピード部門
1月8日(水) 明治北海道十勝オーバル

◆男子1500m
4位 川目 1'57"07
5位 下向 1'57"18

◆男子5000m
1位 黒岩 7'04"37
3位 横平 7'19"67

20140108speed横平(撮影者・星)
3位表彰台に上りチームに貴重なポイントをもたらした横平

20140108speed黒岩(撮影者・佐藤)
黒岩は長距離エースの意地を見せた

 男子1500mで表彰台に上れず、他大に多くのポイントを奪われ、一時は1部昇格への希望を断たれそうになる。しかし、男子5000mでは黒岩(社3・嬬恋)が昨日の3000mに引き続き、見事1位を勝ち取る。さらに横平(社3・釧路商)も3位に入賞。東洋大のポイントランキングは僅差であるものの、トップを保ち、2部優勝に王手をかけた。

 インカレ3日目、男子1500mには下向(社4・釧路江南)と川目(社1・駒大苫小牧)が出場。下向の専門は500mであり、慣れない距離である上に、独走という好タイムを出しにくい厳しい状況を強いられる。最初のラップタイムは短距離型であるため23秒台と加速したものの、その後のスタミナが持たずに失速し、最終的な順位は5位に付けた。また、川目は4位に入賞したものの、納得のいくタイムを出すことができなかった。
 ポイントで他大に差を埋められ、このままでは1部昇格への道が険しくなるところである東洋大。しかし、ここで横平と長距離エース・黒岩が上位を狙い5000mに挑む。横平は3400mあたりまでラップタイムを保ち、奮闘し3位に入る。そして、黒岩は体調不良であるにもかかわらず、すべてのラップを40秒以内に収め、後半でも持ち味の粘り強い滑りを見せた。本領発揮のタイムは出せなかったが、宣言通り1位を取り、ポイント獲得に大きく貢献した。
 1500mで表彰台を逃し、他大にポイントを詰められたものの、見事に黒岩が5000mを制し、ピンチを救った。明日はインカレ最終日であり、リレーとパシュートが残されている。1年間「1部昇格」という目標を掲げてきた彼らは、チームワークを発揮し、1部復帰を果たすことだろう。

■コメント
・加部監督
(川目選手は )全然力を発揮することなく終わったので、悔いが残った。(下向選手は)彼はそもそも、1500mの選手ではないがトライアルなどで良いタイムが出てたので彼を出した。(横平選手について)練習不足。1500mの選手だが、練習の意味でも5000mに出した。彼には1500mのエースとして後1年やってもらう自覚を持って欲しい。(黒岩選手について)朝から熱があり代わりに他の選手を出そうとしたが、自分から出たいと言ったので出した。よく滑ったと思う。(明日に向けて)リレーは持ちタイム的にはここ何年かで1番良い。1部でも表彰台を狙えるタイムを出せると思う。泣いても笑っても明日だけなので、責任を持ってやりたい。

・下向(社4・釧路江南)
1500mはきつかった。1組目で一人で滑って、2部なのに皆が応援してくれて、言葉を掛けてくれて、良い気分で幸せな気持ちになった。でもその分、いくら専門種目ではないとしても、やはり期待に応えられなかったのはとても悔しい。短距離が専門なので1部と比べても300mまで23秒台で入ったのは自分だけだった。700m位までもけっこう良い感じでいけた。タイムは悪かったけど、結構良いレースだったと思う。今後の1000mに向けて良い感じにはなったかな、と。(明日のリレーは)自分は東洋の短距離エースなので、それらしさを出したい。自分の滑りをする。誰もが、あいつすげえんだなと思える滑りができれば、チームの結果に貢献できるはず。明日は自分の滑りをしてインカレを締めくくりたい。

・黒岩(社3・嬬恋)
昨日のレースが終わった後に熱が出てしまった。今日の朝も熱が下がらずそのままレースだったので、ベストを狙うどころか、とりあえず絶対1番は取らないといけないという気持ちで臨んだ。いつも通りの滑りができなかった。タイム的には、コンディションが悪いわりに1部と比べても良かったと思う。(明日のパシュートは)今年はけっこうメンバーも良いので1部の選手に勝てるように頑張りたい。

・横平(社3・釧路商)
残り3回まではうまくいっていたのだが、そこからラップがガクンと落ちてしまった。2位に入って、もう少し東洋大に貢献したかった。(意識していたこと)今日のリンクが足にくるリンクだったので、楽なテンポで、自分のリズムを守るように意識した。(明日に向け)明日は2本あるが、足を引っ張らないように、みんなと頑張っていきたい。

・川目(社1・駒大苫小牧)
だめだった。滑りもタイムも良いところがなかった。(スタートは)緊張はあまりしていなかった。(レース終盤は)かなり苦しく、大変だった。(これまでのレースを振り返って)そもそも自分のレベルが低いと感じた。戦える位置にもいないと思った。(明日に向けて)パシュートは気持ちが大切なので、最後まで頑張りたい。明日は3人で入賞して、1部に上がりたい。

TEXT=佐藤真理 PHOTO=星和典、佐藤真理
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。