東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/08

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[スピードスケート]個人が入賞も、課題は山積み 

第33回全日本学生スピードスケート選手権大会
12月12日(木)~13日(金) 群馬県総合スポーツセンター伊香保リンク


スプリント部門
1日目
◆男子500m
4位 下向 36”64
16位 上地 37”49
20位 遠藤 37”81
34位 古河 39”25
35位 荻原 39”77
◆男子1000m
13位 下向 1’15”08
18位 遠藤 1’15”90
32位 上地 1’18”22
33位 古河 1’18”32
39位 荻原 1’20”77

2日目
◆男子500m
24位 荻原 40”24
27位 古河 40”36
30位 上地 41”47
37位 遠藤 46”47
失格 下向
◆男子1000m
22位 上地 1’26”11


総合競技部門
1日目
◆男子500m
2位 横平 37”71
12位 川目 38”58
21位 高柴 38"96
26位 黒岩 39"45
34位 荒川 39"89
45位 加々見 40"91
46位 平出 41"10
◆男子5000m
5位 黒岩 7'01"36
22位 川目 7'22"71
29位 高柴 7'27"35
31位 横平 7'27"98
35位 岡部 7'34"57
48位 荒川 8'04"98
失格 平出

2日目
◆男子1500m
6位 川目 2′05″02
29位 加々見 2′09″77
33位 横平 2′10"09
40位 高柴 2'11"90
41位 岡部 2'13'40
42位 黒岩 2'14"14
43位 荒川 2'14"97

20131213speed上地
上地はチームで唯一、2日目の1000mに出場した  

20131213speed黒岩(撮影者・小野)
徐々に本来の調子を取り戻しつつある黒岩

20131213speed川目
川目は1500mで6位入賞を果たす

 インカレ前哨戦として臨んだ今大会。夏の練習の手ごたえをつかみたいところであったが、屋外リンクの弊害である強風に見舞われ、力を発揮できずに終わった。

 スプリント部門では、全5人の選手が出場。エース・下向(社4・釧路江南)は、以前からの不調を払拭できず、スピードに乗ることができない。なんとか4位に入賞するも、「まったく良いところがない」と悔いを残した。1000mでも、改善は見られず13位に沈む。
 2日目の500mは、強風が吹き荒れる中での開催となった。成長が期待されていた遠藤(社2・駒大苫小牧)は、スタートからスピードに乗る。このままゴールかと思われたが、最終コーナーで風にあおられ転倒。予想外の結果となった。下向も、2日目で挽回を狙ったが、遠藤と同じ最終コーナーで他選手をまきこみ転倒してしまい、まさかの失格となってしまう。実力がある選手らに降りかかるアクシデントに、会場からもどよめきが起こった。一方上地(社1・佐久長聖)は、2日間のタイムをうまくまとめ、チームで唯一、2日目の1000mに出場する。風の影響で理想通りの滑りとはいかなかったものの、1年生ながら、堂々としたスケーティングを見せた。

 総合競技部門では、黒岩(社3・嬬恋)を中心に、各選手が踏ん張りを見せる。1日目の500mでは、横平(社3・釧路商)が2位につけ、3年連続の表彰台に上った。しかし、専門種目である1500mでは33位と、昨年に引き続き課題を残す。1年生の中でも調子を上げている川目(社1・駒大苫小牧)は、安定したラップで2日目の1500mで6位に入賞する。6位に入賞したことで、ジャパンカップの出場権もつかみ取った。だが本人は「1周目のスピードがないことが課題」と、さらに上を見据えており、インカレでの活躍が期待される。
 入賞が期待されている黒岩は、500mで屋外リンクでのベストタイムを記録。その後の5000mでも、4分10秒を切る好タイムをたたき出し、5位入賞を果たす。しかし、自身の専門である1万mへの出場をかけて臨んだ1500mで、まさかの悲劇が起こった。強風にあおられないよう、上体を被せることを意識して滑ったが、惜しくもコーナーでバランスを崩す。なんとか立て直すものの、大幅なタイムロスとなってしまった。結果、順位も下位に沈み、1万mの出場資格を逃すこととなる。


 今回は、強風という悪条件の中での大会となり、選手たちも本来の滑りができなかった。しかし加部監督は「風の中でも、上体を被せ、重心を低く保つことができれば早く滑ることができる」とコメントを残し、インカレまでの修正点とした。さらに選手たちは、インカレでの目標は“1部のタイムを超える記録で優勝すること”とし、強気な姿勢で臨む。その目標を果たし1部復帰を果たすためにも、これからの練習に全力で挑み、短期間でのレベルアップを図る。


■コメント
・加部監督
(1日目は)久々にいい試合ができた。実力は前からあったのだが、黒岩が元の調子を取り戻してきたことが良かった。だが、3000mまでのスピードが上がらないのが課題。ある程度まで上がったら、その後は粘りもあるし、ラップも上がってくる。あと5回の脚はあるので、3000mまでどういけるかが重要。(2日目は)みんな、風が強いというのは条件が同じなのだが、下向は不運だった。あの中で(コーナーを)回るためには、上体を被せて、重心の位置を低くしたスケーティングができなければダメ。できていれば絶対に回れた。ラップも10秒2と出ていたし、優勝に絡んでいたと思う。(1年生は)川目は6位だったので、ジャパンカップに行けるのはよかった。そこで、出場だけで満足せず、世界につながる意識レベルを持ってほしい。(インカレに向けて)1部の優勝タイムに絶対に勝つ。だが、今のままでは1つの種目もクリアできない。今の2部は強い選手が多いので、油断しないで、しっかりと練習していきたい。

・平出主将(社4・帝京第三)
調子は良かった。例年に比べてスタートやレース中盤の状態も良かった。あと1か月ということで、悔いの残らないようにしようと意識していたが、失格となってしまった。(チームの雰囲気)みんなが目標を高く持って、頑張っていた。(今大会で良かった点)特にないが、やるだけのことをやって次回に挑みたい。1部昇格が第一目標。2部でも1部の入賞タイムを超えられるようにしたい。(インカレに向けて)気持ちを新たに1からやっていこうと思う。

・下向(社4・釧路江南)
(1日目のレースを振り返って)良いところがなかった。きっかけをつかみたかったが、収穫がなかった。シーズン通して去年と比べタイムも出ていないし、順位も微妙で終わってしまった。(2日目で改善したこと)重心が真ん中で、ストレートの加速につながってなかったが、ある程度改善できた。バックストレートは歩数を減らして伸ばすことができ、昨日より良い滑りができた。(反省点)転んでしまったので、そこを回り切れていれば、1位か2位は取れた。あの風の中でも回り切れるような技術がないとダメだ。(インカレに向け改善点)自分の本来の調子が戻ってくれば、学生の中では勝てない相手はいないので、調子の良い時の滑りを戻したい。メンタル的な部分が大きいので、平常心を持ちたい。(インカレの目標)2部だが、1部の中でも上位のタイムを出したい。500mは2部もしれつなので、1番を取っていきたい。

・古河(社4・帯広南)
1日目の500mは、やらなければならないという焦りから硬くなってしまった。次の1000mは、今度は力を抜いて滑ろうとしたが、良いラップが出なかった。ベストタイムが出せずに悔しい。(調子は)あまり良くなかった。だが、ここに来るまでにやるだけのことはやってきた。(これまでの練習)レース後半のスピードを保つ練習や、トップスピードに速く乗れるような練習をしてきた。

・黒岩(社3・嬬恋)
(1日目のレースを振り返って)500mはトップとの差をなくそうと思い滑った。1度離れてしまったが屋外ベストだった。5000mはこの1、2か月調子が悪くてタイムが出ると思わないで滑っていたが、また屋外ベストで順位もまずまずの結果がでた。(2日目は)総合順位が良いところにいたので、風が強くてもとりあえず上体を被せることを意識した。しかし、一気に順位を落としてしまった。(インカレまで取り組みたいこと)自分の本種目である10000mが今シーズン滑れなくなってしまったので、とりあえず5000mで室内で自己ベストを出せるようにフォーム修正と体力づくりをしっかりしたい。(インカレでの目標)全体では1部昇格、個人的には1部の選手の中でも入賞を目標にやっていく。

・上地(社1・佐久長聖)
1日目のレースは無難で、良くも悪くもない。2日目は言い訳になってしまうが、風が強くて思い通りに滑ることができず、タイムが出なかった。(今季の調子は)最初のほうは悪かったが、ジャパンカップの4戦では少し上がってきた。また練習してどんどん良くしていきたい。(インカレに向けて)500mの2本のタイム差が激しいので、安定したタイムを目指したい。現在は2部なので1部昇格に自分も少しでも貢献できるよう頑張りたい。

・川目(社1・駒大苫小牧)
(1日目は)トップスピードもラップも出ていなかったので、良くなかった。(2日目は)入賞し、ジャパンカップも決まったので結果としては良かった。だが、1周目のスピードがないのは課題。キープしているだけではそれ以上はないので、そこを上げていきたい。(インカレまでの調整点は)スピードに乗れるようにすることと、去年までの柔らかい滑りを取り戻すこと。(インカレに向け意気込み)今のままでは話にならないので、苫小牧でしっかりと脚を作り直して、優勝したい。

TEXT=小野紗由美 PHOTO=田井さきえ、小野紗由美
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。