東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/11

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[陸上競技]箱根駅伝共同記者会見が行われました 

第90回東京箱根間往復大学駅伝競走 東洋大学共同記者会見
12月14日(土) 東洋大学川越キャンパス

20131214rikujo全体
チーム一丸となって練習に励む選手たち

20131214rikujo酒井監督・啓太
箱根への意気込みを語った酒井監督(左)と設楽啓主将

 来年1月2・3日に箱根駅伝を控える陸上競技部が、共同記者会見を行った。

 暖かい日差しの中で行われた公開練習では、2大会ぶりの箱根制覇に向けて熱の入った走りを見せた。また、記者会見では、酒井監督と設楽啓主将がチームの現状や意気込みを語った。
 前回大会と今季の出雲・全日本駅伝の悔しさは箱根で晴らす。優勝を目指し、結束力を強めた東洋大はチーム一丸となって箱根路に挑む。

■コメント(一部抜粋)
・酒井監督
昨年の大会は連覇を狙いながら優勝を逃してしまいました。学生3大駅伝でも、5戦連続で2位と安定した成績ではありますが、勝ちきれない戦いが続いています。設楽兄弟という27分台ランナーも最後のレースとなりますので、自分たちの力をしっかりと出しきって再び頂点をつかみにいきたいと思っています。(今季の取り組みは)箱根駅伝で総合2位という結果に終わってしまったので、箱根を制するためにまずは走力を作って、世界選手権やユニバーシアードなどの高いレベルを求めてやってきました。結果的には、1万mの平均タイムを過去にない最高タイムまで上げることができています。ただし、出雲・全日本駅伝では本来の東洋大らしい、攻めながらもつなぎ区間で区間賞を取るといったような走りができませんでした。走力は上がってもチーム力がないと勝てないということで、箱根に向けて結束力を高めて臨んでいこうと学年や全体のミーティングを行い、12月に入ってからはチームがまとまった感じが非常に表れています。箱根路では本来の東洋大らしい走りができると手応えを感じています。

・設楽啓主将(済4・武蔵越生)
第90回の箱根駅伝は記念となる大会でもあり、自分自身も最後の箱根駅伝となります。悔いのない走りをして目標は総合優勝、個人としても今まで区間賞を取ったことがないので狙っていきたいですし、チーム一丸となってやっていきたいと思っています。(主将としては)自分はチームをまとめることが向いていないタイプなので、結果で残すことしかできないと思っています。出雲・全日本に関しては走力では負けてない自信があったのですが、気持ちの部分で闘争心が駒大と比べて1人1人になかった分、優勝もできずに2位という結果で終わってしまったと思います。そういう流れがあって、今のチームはまとまってきていますし、このチームなら勝てる自信があります。

TEXT=石田佳菜子 PHOTO=野原成華、石田佳菜子
スポンサーサイト
コメント
頑張れ
どんなレース展開になっても、冷静に余裕をもって、肩の力を抜いて、前だけを見て、1秒でも0.5秒でも速く襷を繋いでほしいです(後ろを振り向くと1秒ほど損をするそうです。テレビの解説で言ってました)

壮行会に行かれた人+北は北海道、南は沖縄、石垣島まで日本全国が東洋大学を応援しています、しているはずです。
頑張ってください。















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。