東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/06

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[コラム]第385回 今の自分 執筆者・千野翔汰郎 


 みなさん初めまして社会学部1年の千野翔汰郎です。担当部会は硬式野球、ラグビー、柔道、ボクシングの4部会です。趣味を探してみましたが、すっとスポーツをやってきたのでスポーツ観戦ぐらいしか思いつきませんでした。えー自己紹介というものが昔からあまり得意でないのでこのぐらいにしておきます。

 もう12月になり早いもので大学に入学してから8か月が経ちました。東京の冬は暖かいと思っていましたが、案外寒いものですね。ここ最近はコラムに何を書こうかずっと迷っていましたが、私が大学に入って感じた事を書きたいと思います。
 
 私は長野県出身なので、この4月から一人暮らしをしています。一人も最初のうちは自由で良かったんですが、ふとした時に寂しくなったり、家族に会いたくなる時があります。そんな時いかに親や兄弟が、かけがえのないものだという事を再認識させられます。大事なものというのは、自分の近くにある時はそれが自分にとってどれだけ重要か気づきません。離れたり失ったりして初めて気づくのだと思います。以前私は、あとどれくらい家族全員で毎日のように食事をしたり、一緒に暮らしたりできるのだろうと考えてみました。すると、そんなに多くはないのかなと思いました。小さいころは当たり前だった事も、それぞれが成長していくと変化していきます。それはごく当たり前のことです。それこそが成長なのです。実家を離れて大切な物に気づけただけでも、少しは成長できたかなあと思います。

 ここで終わりたいのですが、もう一つ書きたいことがあるので書かせてもらいます!このサークルに入って、様々な競技の取材に行き選手の方にインタビューをします。その中には自分がこれまで全く関わった事のない競技やルールも全然分からないものもありました。そんな中で以前は、「今日の取材大変だなとか、あまり乗り気でないなあ」というものもありました。でも、ある競技の取材に行き、試合に負けて本気で悔しがる選手を真横で見たときに、自分に対してとても苛立ちました。この試合の為に沢山練習してきて全力で相手にぶつかる選手に対して、自分はそれだけの準備をしてきたのか、また選手にインタビューする資格があるのかそう強く感じました。たかがサークルと思う方もいるかもしれませんが、自分はそうすることが礼儀であると思うので書かせてもらいました。納得のいくものを作り上げるために、これからも全力で取り組む、その為にこれからも頑張っていきたいと思います。

 授業もろくにいってない奴が偉そうな事を言うなと、言われそうなのでこの辺で終わりにさせていただきます。(笑)まとまりのない文章を最後までお読みいただきありがとうございました。
  
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。