東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/06

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ボクシング]来年の主力陣奮闘するも一歩及ばず ともに3位入賞 

11月14日~17日
第83回全日本ボクシング選手権大会 雲仙市吾妻体育館

ライト級初戦敗退 田中(北海道ブロック・営4・恵庭南)
ライトウェルター級3位 高橋拓(関西ブロック・ラ2・南京都)
            3位 金城(九州ブロック・営2・那覇)
ミドル級ベスト8 上川(九州ブロック・ラ4・熊本工)


20131116boxing高橋拓P
高橋拓は不調を乗り越え昨年同様3位に輝いた

20131116boxing金城
3位と国体に続き好成績を残した金城


 11月14日から17日、長崎県雲仙市で第83回全日本ボクシング選手権大会が行われた。東洋大からは4名が各ブロックの代表として出場し、ライトウェルター級の2名が3位に輝いた。


 初日からエースの田中主将が敗退、2日目には昨年ミドル級3位に輝いた上川が成績をベスト8に落とし、早々に姿を消す。そんな中、ライトウェルター級の金城は初戦を大差で勝利し、2回戦に駒を進めた。「きれいなボクシングを意識した」と語るように、相手の猛攻にもガードを固め、落ち着いて対応。チャンスをうかがってはボディに重いパンチを浴びせる。確実にポイントを重ね圧勝した。
 同じくライトウェルター級での出場の高橋拓はシードにより2回戦からの登場となった。長いリーチを上手に使い、確実にパンチを決めていく。1ラウンド中盤に放った右ストレートが決定打となり、1ラウンド2分14秒でK.O勝ちを収め準決勝に進出した。
 高橋拓、金城はライトウェルター級の準決勝に挑む。最初にリングに上がったのは高橋拓だ。リーグ戦で負けを喫している相手とのリベンジ戦。試合開始から激しい攻防戦が繰り広げられた。高橋拓もストレートとフックを使いこなし相手を追い込む。しかし2ラウンドは相手の積極的なプレーにリンク際に追い込まれる。試合の主導権を相手に握られ決定打が決まらない。3ラウンド目で巻き返しを図り、相手の顔面に次々鋭いストレートを放ちポイントを稼ぐ。だが、2ラウンド目までのポイント差で惜しくも敗退。昨年と同じ3位で終えた。
 国体同様、今大会でも決勝の舞台に立ちたい金城はスロースタートのプレースタイルを改め、1ラウンドから足を使って相手を圧倒する。しかし3ラウンド目、開始早々にボディにパンチを決められる。ガードを固めるも手数が出ない。最終ラウンドの点差が響き0-3で3位という結果に終わった。
 優勝者は出なかったものの、試合内容は決して悪くない。来年チームを担う高橋拓、金城は今回の試合での経験を生かし、エースとしてリーグ戦優勝に貢献する。

■コメント
・田中主将(営4・恵庭南)
気付いたら試合が終わっていた。(4年間を振り返って)東洋大のボクシング部に入れて良かった。総評は50点くらい。1年生のときは結果を出していて充実していたが2年以降は成績不振で苦しかった。成長できたし、4年の時にはキャプテンを任せてもらえた。実際、きつくて大変だったが貴重な経験ができた。

・金城(営2・那覇)
試合はいつも力まないことに気を付けて試合に臨んでいる。スロースターターなので、準決勝は1ラウンド目から取りに行くつもりでいった。冷静に力抜いて、きれいに見せることを意識していた。(来年、最高学年として)あれこれ自分は言えないので、練習を人一倍してその姿を見せていきたい。

TEXT=吉沢采 PHOTO=市川菜月
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。