東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/06

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[硬式野球]2試合連続完封負け 悲願の1部復帰ならず 

平成25年度 東都大学野球 秋季入替戦2回戦
11月10日(日)神宮球場

東洋大0-1駒大
(イニングスコア)
東洋大 000 000 000=0
駒大 001 000 00×=1
(東洋大)
●能間-久保翔、後藤田

20131110koshiki林
七回、満塁のチャンスを作るも代打・林のバットは空を切った

20131110koshiki安西
最後の打者となった安西は三振に倒れた

20131110koshiki能間
能間は1年間、主将・エースとしてチームを引っ張ってきたが1部に上げることはできなかった

 三回裏のピンチを先発・能間主将(営4・桐蔭学園)が最少失点で抑える。しかし、幾度の好機を作るも打線がつながらず、2日連続の完封負け。1部復帰の目標をかなえることができなかった。

 九回表、最後の打席に立った安西(営1・聖光学院)は空振り三振に倒れる。悔しさからか彼は空を仰いだ。
 背水の陣で迎えた第2戦は、大黒柱の能間主将が連投となる先発を担う。初回から一死1、3塁とピンチを招くが、次打者を三振で抑え切り抜けた。しかし、三回に連打を浴び先制点を許してしまう。何とか失点を最少で抑え、能間主将は攻撃陣に逆転の望みを託す。
 四回表、昨日無安打で終わった山崎将(営4・浦和学院)が今試合2本目の単打で出塁すると、4番・佐藤(営4・帝京)の右前打で二死1、2塁と得点機を作る。だが、続く岩井川(営3・中京大中京)が三振に倒れ、得点とはならなかった。
 能間主将は四回から八回まで、相手打線を毎回三人で抑え寄せ付けない。辛抱強く、味方の反撃を待つ。そんな能間主将に応えようと再び七回に打線は、二死から死球、単打、振り逃げと満塁と気迫の出塁を見せる。一打同点の場面だったが、またもや無得点で終わる。このままでは終われない最終回。先頭打者の代打・上島(営1・佐久長聖)が意地の一打で塁に出ると、犠打で一死2塁と再び同点の好機を演出する。しかし、続く高島(営4・桐蔭学院)、安西が三振に仕留められ試合終了。再三にわたる好機にあと1本が出ず、この試合を物にすることはできなかった。
 野手19人起用とチーム全員でもがいたが、無念にも1部復帰の目標を達成することはできなかった。1部の壁の高さを改めて痛感し、来春は再び2部からのスタートとなる。しかし、下級生が多く出場し活躍しての2部優勝には価値があり、今入れ替え戦の悔しさも来年へのバネになるはずだ。後輩に1部復帰を託し、4年生はそれぞれの次の舞台へ、また下級生は再び同じ目標を掲げ新チームで前を向き始動していく。

■コメント
・高橋監督
1部は強い2部は弱い、相手投手にあっぱれだ。能間はよく頑張ってくれた。ちょっとは野球らしくなってきたけど、野手にリーダーが出てこなかった。うちがまだ若いところもあって相手投手を楽にさせてしまった。強化ポイントは打線とメンタル面。この悔し涙は次のステップにつながる。這い上がってでも1部に上がる。

・能間主将(営4・桐蔭学園)
三回までは0でいくことができて、形にはなっていたと思う。昨日と同様に先に点を取られてしまったのが全て。相手の力が上だった。入れ替え戦は厳しい。(リーグ戦を)どんなに良い形で勝ってきていても、この最終カードは特別だった。1年生は初めてだったけれど、2、3年生は去年も目の前で敗戦を目にしている。責任を託してしまうが、(今季)2部で勝てたことを自信にして、1季でも早く2、3年前のような強いチームになって欲しい。

・佐藤(営4・帝京)
今は悔しいの一言。これが入れ替え戦のつらさだと思う。今年は能間が頑張ってくれて、僕を含め野手陣が何もできなかった。来季、下級生たちには東洋大を1部に上げて欲しい。

・杉本(法4・東洋大姫路)
実力がないからとしか言いようがない。自分たちはこうして負けて1部に上がれず終わってしまったので、1部復帰は後輩に託すしかない。

・高島(法4・桐蔭学園)
最終回自分に打順が回ってきたが、決めることができずにとても悔しい。今季はずっと迷惑をかけていたので、最後くらい決めてやろうという気持ちで打席に立ったのにみんなに申し訳ない。(4年間を振り返って)東洋大でプレーできたことは誇りに思う。(後輩たちへ)来年こそは1部に上がってくれると思う。そう信じてる。

・山崎将(営4・浦和学院)
昨日は全然だめだったので、今日は昨日の反省を含めてしっかりやっていこうと思った。しかし、1点を取ることができなかった。良いピッチャーだった。負けたことに悔いが残る。本当に悔しい。(後輩に向けて)来季、この経験を生かしてくれたら良いと思う。

・黒川(営3・桐生第一)
能間さんが頑張ってくれていたが、それに応えられなかった打者がすべて。(三塁手起用について)三塁手は試合では出場がなかったが、監督が信頼してくれてのことだと思ったので期待に応えようと思った。(次期主将について)この悔しさを忘れず、自分が中心となって必ず1部に復帰する。今シーズンはけがで出遅れてしまったので、しっかりプレーで引っ張られるようにしたい。

TEXT=市川菜月 PHOTO=小俣勇人、伊藤拓巳
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。