東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/06

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[サッカー]3位・筑波大に勝利 残留に向けて大きな勝ち点3奪取! 

第87回関東大学サッカーリーグ戦 1部リーグ(後期)
第20節 11月9日(土)龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド

東洋大2―1筑波大
<得点者>
9分 黒須
60分 黒須

<警告>
42分 仙頭
78分 鈴木

<出場メンバー>
▽GK
浅沼優瑠(国3・成立学園)
▽DF
馬渡和彰(国4・市立船橋)
郡司昌弥(国2・柏U-18)71分→DF鈴木健士(国4・札幌U-18)
筑井駿(国3・前橋育英)
藤井悠太(国4・武南)
▽MF
石川俊輝(国4・大宮Y)
桑田直徹(国4・大宮Y)
黒須大輔(国4・習志野)
年森勝哉(国4・FC東京U-18)79分→MF斉藤昂太(国3・八千代)
▽FW
仙頭啓矢(国1・京都橘)
川森有真(国3・広島Y)84分→FW小山大貴(国2・大宮Y)

20131109soccer黒須
1部残留に望みをつなげる2得点を挙げた黒須

20131109soccer仙頭
仙頭は何度も決定機を演出した

20131109soccer馬渡
ドリブル、パスと随所で活躍した馬渡

 1部残留に向け後がない東洋大は、後期リーグ無敗と好調の筑波大に挑んだ。前半9分に黒須が先制点を挙げるが、終了間際にセットプレーから失点し、追い付かれる。後半に入ると押し込まれる展開が続く。しかし60分に黒須がPKを沈めリードを奪う。結局、そのまま逃げ切り2対1で勝利を収め、大きな勝ち点3を手にした。


 前節は立ち上がりの失点がゲームプランを崩してしまったが、今節は前線から激しいプレッシャーをかけ、相手に自由を与えない。攻撃では後方から積極的に縦パスを通し、リズムをつかんでいく。すると9分、仙頭から右サイドの馬渡へ展開し、黒須にボールが渡ると豪快なシュートを決め、待望の先制点を奪う。その後も攻める姿勢は崩さない。13分には筑井のクロスを川森が受けるも、シュートは打てず。さらに、仙頭から黒須へ絶妙なスルーパスが通るがオフサイドの判定となる。なかなか得点が奪えずにいると、徐々に押し込まれる時間が長くなる。パスミスも増え、幾度もピンチを迎えるが、郡司、藤井が体を張った執念のディフェンスを見せ、得点を許さない。何とか耐え続けたが、45分にCKから一瞬の隙を突かれ失点し、同点で前半を終えた。
 後半に入り、いきなりピンチが訪れる。中央を崩され、GKと1対1の状況になるが浅沼のファインセーブで難を逃れた。すると、守備陣の奮闘に前線の選手が応える。60分、黒須がペナルティエリア内で粘りを見せ、そこからPKを獲得するとこれを冷静に決め、勝ち越しに成功。黒須は真っ先に応援席に走り、チームメイトと喜びを爆発させた。リードを奪うも、その後は相手の猛攻を受ける。サイドを何度も突破されたが、藤井、石川を中心にクロスを跳ね返し、決定機を作らせない。相手のパス回しに対しても、誰一人として球際の厳しさを緩めず、プレッシャーをかけ続ける。決死のディフェンスが続き、足がつる選手が続出するが、応援席から「最後まで頑張れ!」と選手を鼓舞する言葉が投げかけられた。88分にはCKからゴール前で混戦になるが、ボールに必死に食らい付きシュートを打たせない。そして試合終了のホイッスルが鳴り響き、2対1で上位のチーム相手に貴重な勝利を収めた。
 粘り強く相手の攻撃を耐えしのぎ、ワンチャンスをものにできたことがこの試合の勝因と言える。さらに「東洋大サッカー部が一つになって戦えた」と古川監督が話すように、ピッチに立つ11人だけでなく、ベンチの選手、応援席、スタッフ全員がこの試合の1勝のために一丸となれた。ここまで積み重ねてきた結束力で次節、残留を争うライバル・慶大に立ち向かう。

■コメント
・古川監督
前節は立ち上がりが悪かったので、そこを注意して臨んだ。筑波大は完成度の高いチームなので、自分たちは相手にボールを与えずに良さを消して、辛抱強く食らい付こうと言って送り出した。(逃げ切れた要因)選手たちがハードワークしてくれた。4年生の岡部が応援に回る選手を一つにしてくれた。応援の力で最後まで走り切れたと思う。(次節に向けて)取らないといけないゲーム。絶対に勝って残留に望みをつなげていきたい。

・桑田直徹(国4・大宮Y)
先週の負けからチームが変わった。それが良い方向に進んでくれたので良かった。応援もマネージャーもスタッフも一丸になったから勝てたと思うし、応援に応えたかった。(勝因)筑波大は調子が良くて、ボールを回されるのも分かってたが少ないチャンスを決め切れて良かった。一人一人がハードワークして気持ちの入ったプレーを出せたことが一番大きい。(次節に向けて)今日勝ったからといって下から抜け出せたわけではないが、負ける気はない。勝つための準備をしてみんなで一つになって戦いたい。

・石川俊輝(国4・大宮Y)
負けたら降格の可能性があった中で自分たちは勝つしかなかった。チーム一丸となって戦えた。(守備陣で意識していた点は)筑波大はパス回しがうまいので、いつもよりDFラインを低くしようと意識していた。DFラインの前でパスを回させている時は怖さはなかった。その後に入ってきたボールに対しての処理はシンプルにクリアしようとしていた。(CBには慣れてきたか)センタリングの対応だったりと改善できる部分がまだまだある。ボランチとは違うがしっかりとしていきたい。(慶大戦に向けて)自分たちはあと2試合勝つしか道はないので、2試合ともチーム一丸となって戦っていきたい。

・黒須大輔(国4・習志野)
勝ち点3をとることが重要だった。達成できたので次につながる試合だった。(前半の戦い方は)失点はしたが自分たちのサッカーができた時間もあった。その上で、後半はチーム全員で気持ちを持って戦えたのが良かったと思う。(次に向けて)自分もチームも勝利を目指して、残留に向けて次につながるような試合をしていきたい。

・藤井悠太(国4・武南)
負けられない状況の中で、チーム全体で戦えたと思う。(久々の先発出場の感触は)自分のプレーが悪くてスタメンを外されていて悔しい気持ちもあった。しかも、自分が出場していない時に勝てていなかったので、今日出場出場したらやってやろうという気持ちだった。(チームで意識していたことは)力を残して終わるのではなく、最初からみんなで全力で走り切るという気持ちで戦った。(慶大戦に向けて)負けられないので勝ちを目指してチーム全体で頑張っていく。

・川森有真(国3・広島Y)
後のない中、チームのために頑張って勝つことができて良かった。先制したが、相手にボールを支配されることが多かった。ハーフタイムに監督から走って、最後まで我慢すればチャンスは来ると言われた。(次に向けて)チームのために自分がやることは変わらず、得点を取ることができれば良い。慶大は勝ち点で並んでいるので、絶対に勝利して残留に向けて取り組みたい。

TEXT=横井喬 PHOTO=村田真奈美、国府翔也

[次節試合予定]
第87回関東大学サッカーリーグ戦 1部リーグ(後期)
第21節 11月17日(日) 対慶大 横浜市三ツ沢公園陸上競技場 13:50キックオフ
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。