東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/08

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[特集:アイスホッケー]この選手に注目!② チームのために FW田中謙佑 

20131106hockey田中謙①
ハードなホッケーでチームに貢献する田中謙

 「チームのために」。彼は何度もこの言葉を繰り返した。FWという一番得点に貪欲であるべきポジションで、田中謙佑(社3・釧路工)は先輩から受け継いだ背番号「11」を背負いチームの勝利のためにプレーをする。

 「単純に小さいころ見たアイスホッケーがかっこよかった」という理由で幼少よりスティックを手に取ってから、FW一筋でプレーし続けてきた。「父もアイスホッケーをやっていたが、ホッケーをやるのは自分の意思でやっている」と言うように、田中のアイスホッケーへの情熱は人一倍だ。
 
 トップレベルの環境で自分を磨くため、大学は東洋大に志願した。高校時代ではスタメンを張っていたが、大学入学後は、上級生はもちろん、高校でも実績を残してきた同期に圧倒される。試合はおろか、ベンチにすら入れないことが幾度となくあった。入学1年目から苦い思いをすることになるが、そんなときに寮の同室で池田(平成24年度卒・現東北フリーブレイズ)に出会う。
 
 池田は、現在田中がつけている背番号11を昨年までつけていた選手だ。ムードメーカーであり点取り屋でもある池田は、チームの中心人物だった。昨年に大学を卒業し、現在はプロとして、実業団で活躍を遂げている。「性格も良くて、アイスホッケーもうまく、人間的にも良い人」と田中は語る。同室であり、最も仲の良かった後輩である田中だからこそ、受け継いだ背番号には重みがあり、深い意味を持つ。「11番を付けてほしい」。そう直接言われた際、プレッシャーを感じながらも、田中の目はやる気に満ちていた。そして、田中が受け継いだものは背番号の数字だけではなく、チームの精神的支柱になるための心だ。自分個人の成長ももちろん重要だが、それは自分のためだけでなく、仲間のために役立てたいと田中は考えている。「東洋に入ったからにはみんなチームメイト。チームのためにやっている」。「いかに自分を犠牲にしてチームの勝利に貢献するか」。いつも考えるのは仲間のために自分が何をできるかだ。“今後どのような選手になりたいか”という質問をしてきたときに返ってきた答えも「選手として得点したい。アシストしたい、とも思うが掲示板に表示されなくてもチームを勝たせたい」というものだった。

 その思いを胸に練習を重ねた結果、今季は鈴木監督の求めるハードなホッケーで氷上を駆け回り、得点に貢献する田中の姿があった。アイスタイムを徐々に増やし、仲間を支える。先輩である池田には、まだかなわないところもあるだろう。だが、彼の持っている、チームを勝利に導きたいという気持ちは誰にも負けることはない。先輩から託された背番号を背に、「自分を犠牲にしてでも勝利に貢献したい」という気持ちを胸に刻む。新たな11番FWがチームを勝利に導く。


20131106hockey田中謙②
「頑張ります!」

■田中謙祐(たなか・けんゆう)
171㎝/71㎏
H4・9・14生/A型
好きな食べ物/寿司
好きなタイプ/足が綺麗な人
プチ自慢/よく食べる
座右の銘/努力

次回は11月13日(水)掲載です。次回もお楽しみに!
TEXT=星和典
スポンサーサイト
コメント
背番号11
東洋大学の「11」は鈴木貴人監督や、軽井沢高校の鈴木勲コーチも
背負っていた、ポイントゲッターの代名詞的番号ですね。

今シーズン伸びた田中選手にも期待したいです。














 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。