東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/08

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[アイスホッケー]連勝記録伸ばすもの、不満の残る試合に 

平成25年度関東大学アイスホッケーリーグ戦
11月4日(月) DyDoドリンコアイスアリーナ

東洋大5-1慶大

[ゴール・アシスト]
05:15 田中健(中澤、ビレ)
12:10 秋本(高見、川口)
24:07 人里(高見、今村)
38:48 田中健(今野)
58:19 人里(澤崎、川口)

20131104hockey田中健
先制点をもたらしたFW田中健

20131104hockey秋本(撮影者・佐藤)
DF秋本副主将は持ち味の力強いシュートでゴールを決める

20131104icehockey人里(撮影者・田井)
2得点を挙げ、FW人里は勢いに乗る
 
 2連勝で迎えた慶大戦。これまでの連勝の流れに乗り、持ち前の攻撃力で1ピリ、2ピリともに2得点を挙げる。さらに3ピリにも試合を決定づけるゴールを決め、5-1で勝利した。

 前回の試合で10得点と、攻撃陣が大爆発した勢いそのままに、1ピリから相手ゴールに襲い掛かる。すると、開始5分に流れるようなパスワークで攻め込み、FW田中健(国1・Roskridge secondary school)が冷静にゴールに流し込んだ。先制点を挙げ勢いに乗るが、その後はシュートを決めることができない。ゴール前までパックを運ぶものの、得点に結び付けられないというもどかしい展開が続く。だが、その流れを一蹴したのはDF秋本副主将(社4・埼玉栄)だった。PP(パワープレー)のチャンスに秋本はリンクを切り裂くような豪快なロングシュートを放つと、パックは相手ゴール隅に吸い込まれ、貴重な追加点を奪う。
 続く2ピリでもパックの主導権を相手に譲らない。開始4分、ゴール前の混戦をFW人里(社1・白樺学園)が抜け出しゴールを決める。その後はSH(ショートハンド)によるピンチを迎えるものの、何とか守り続ける。残り1分には、ゴール前にこぼれたパックにFW田中健が飛びつき、そのままゴールへ押し込んだ。しかし、終了間際でSHとなり、守備陣の一瞬の隙を突かれ失点をしてしまう。
 3ピリは開始5分、相手が2人抜けるPPの好機を生かしたいところであるが、放つシュートはゴール枠をとらえることができない。このまま、試合終了かと思えた残り1分で、FW澤崎主将(社4・武修館)がきれいなパスを通すと、それを受けた人里が得点を決め、試合を終える。
 シュート数は56本と攻め込む姿勢が見える試合内容となった。だが、監督が「すっきりした内容、数字ではなかった」と言うようにシュート数ほど得点は決まらず、決して満足のいく試合ではなかった。残す3試合は明大、早大、法大という強豪校が待ち受けている。この3校に勝つにはまた1つ攻撃のバリエーションを増やし、勝つホッケーをしなければならない。現在3位と好位置にいる東洋大はさらに上位を目指し、残りの試合を戦い抜く。

■コメント
・鈴木監督
すっきりしないものだった。納得のいく内容、数字ではなかった。失点はしたものの、相手にチャンスを与えずしっかりできた。それは1つチームとしての成長。(失点の原因)Ⅾゾーン(ディフェンディングゾーン)にいる時間が少なく、Ⅾゾーンに入るとパックに集中しすぎてしまった。(PP(パワープレー)時の攻撃)慶大はすごく守りの意識が高くてそこを崩せなかった。(次の試合に向けて)最後の3連戦、全部ハードな試合になるので、持っている力全部出して楽しんで勝ちたい。(チームの目標)インカレに出場できないので、1試合でも長くこのチームでプレーがしたい。全日本選手権を目標にチームで頑張っている。

・FW澤崎主将(社4・武修館)
中大戦、専大戦と、とても良い内容で来ていたが、今日はあまり良い内容ではなく、すっきりしない内容だった。(自身のアシストは)3ピリも0-0より1点でも取って終わらせたかったので、人里が良く決めてくれたと思う。後の3試合もセンター(フォワード)としての仕事をやっていきたい。(連勝でのチームの雰囲気)1週間の練習も良い雰囲気でできている。一生懸命やっている成果がでてきて、チームがまとまってきた。(次回に向けて)絶対に負けたくない。2位になるためにも一試合も落とせないので、60分間全力で走る。チームに勢いを与えるプレーをしたい。

・DF秋本副主将(社4・埼玉栄)
相手に隙を与えない、自分たちのホッケーをやっていこうというスタンスで挑んだ。今日は相手に隙を与える状況がなかったので全体的には良かった。すっきりした試合ではなかったけど1戦1戦を勝つことが大事なので、そういった部分では良かった。(自身の得点)味方が良いところにいてくれたし、良いパスを出してくれたので、僕はシュートを打つだけ。練習通りの形となったので、非常に良かった。(チームの調子、雰囲気)引退も近いため、4年生も頑張ろうという意識が、後輩にも伝わっていて良い雰囲気ができている。(自身の調子)余計な場面でパックを持ってしまったが、悪くはない。(次回に向けて)これからの3戦は勝たなければいけない。修正すべきところを修正して、しっかりとした準備をして挑みたい。

・DF柴田(社4・武修館)
今日の試合は無失点でいこうとしていたので、結果的にはすっきりとしない。だが、結構点数は入れていたのでFW陣は良かったのではないかと思った。(連勝が続いているが)チームもセットもコミュニケーションが取れていると思う。(今後の試合は)1次リーグを通して、今は崖っぷちの状態なので、もう勝つしかない。来週からはしっかり一週間それぞれ個人で目標を持って練習して、勝ちにいきたい。

・FW田中健(国1・Roskridge secondary school)
先日の試合は大差で勝利することができたので、それにつながるような試合ができたらよかったのだが、疲れが残っていたりして、みんなバラバラに動いていた。内容的には良くない。課題を残しつつ、次のビックゲームに向かって練習していきたい。(得点シーンは)中澤選手がいいドライブをしてくれた。ゴールに向かっていくことは練習から常にやっている。ゴール前に出てきたリバウンドをうまく決められたので、良かった。(最近ゴールも多くなってきているが)日本のホッケーに慣れて、後はFWとしての調子が戻ってきたので、調子は良くなってきている。だが、セットとか自分個人とかでももっとできると思うので、出し切っていきたい。(次戦へ向け)他のチームを気にするのではなく、自分たちが次の試合を勝つという気持ちだけ持って、次戦、頑張りたい。


TEXT=星和典 PHOTO=小野紗由美、佐藤真理、田井早希恵
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。