東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/07

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ラクロス:男子]一度も勝ち越し許さず決めた!2部残留! 

第26回関東学生ラクロスリーグ戦 男子 2部3部入れ替え戦
11月4日(月) 江戸川区臨海球技場

東洋大8-5国士大

20131104lacrosse山崎
最多得点を挙げ喜ぶMF山崎

20131104lacrosse安原
MF安原は今試合で本領を発揮する

20131104lacrosse名古屋
来季主将としてさらなる活躍を期待されるLMF名古屋

20131104lacrosse集合
4年生(最前列)は笑顔で引退を迎えた

 2部残留を懸けた一戦。序盤から積極的にゴールを狙い、リードを奪う。第3Qで同点に追い付かれるも、何とか逃げ切り最終戦を今季初白星で飾った。

 序盤は互いにミスが目立ち、1点を争う攻防が繰り広げられる。そんな中、先に主導権を握ったのは東洋大だった。開始12分、MF山崎(ラ4・國學院)が相手DFをかいくぐり先制点を奪う。さらに、またもMF山崎がゴールを決め、2点目を挙げた。しかし直後に失点し、1点差で第1Qを終えた。第2Qは序盤から攻め込まれる時間が続く。DF陣が踏ん張りを見せる中、攻撃陣は勢いを失いなかなか相手のゴールネットを揺らせない。早い段階で点差を広めたいところで、16分、MF安原(済4・狛江)がサイドから豪快なシュートを叩き込み、3対1で前半を折り返した。
 第3Qに入ると、開始早々立て続けに2点を奪われ同点とされる。しかし、ここからMF陣が見事なゴールラッシュを見せる。MF小林(ラ1・西武台)のシュートを皮切りに、MF安原、MF山崎が続けて得点を挙げ、一気に突き放す。しかし、残り1分のところで1点を返され、6対4と競った展開で最終Qを迎える。逃げ切りを図りたいところだが、開始3分に得点を許し、1点差にまで詰め寄られてしまう。その後はしばらく両者得点を奪えないまま、時間は刻々と過ぎていく。すると、残り5分のところで雨が強まり20分間の中断を挟む。試合が再開すると直後に追加点を挙げ、最後はDF米嶋主将(済4・市立川口)の華麗なシュートで最終戦を締めくくった。
 DF米嶋主将が「集中力を保てたことが勝因」と話すように、80分間全力でフィールドを駆け抜けた彼らの姿勢が勝利を呼び込んだ。これで、来季もまた2部での戦いが待っている。今季経験を積んだ下級生のさらなる飛躍に期待が高まる。

■コメント
・安藤ヘッドコーチ
最初から楽には勝てないと思っていたが、厳しい試合の中でキャプテンをはじめ4年生がずっと引っ張ってきた結果が良い形で表れた。いつも選手たちには楽しくやるように言っているが、プレーヤーも観客も楽しめる試合ができたと思う。近い将来1部に上がるのを期待している。

・DF米嶋主将(済4・市立川口)
試合をやる前から第4Qの入りの段階でどんなに点差が開いていても、逆に有利であっても、しっかり自分たちの力を出し切るというテーマでやっていた。途中で試合が止まってやりづらかったが、その中でも集中力を保てたことが勝因として一番大きかった。(4年間を振り返って)1年生の頃からリーグ戦を経験してきて、主将として挑んだ今季が一番つらかった。でも、結果として残留で終わることが後輩に残せる最後のことだったので、最低限の仕事ができた。自分を褒めてやりたい。(後輩に向けて)今年は結成当時から上級生が引っ張るチームにしたかったが、下級生の力を頼らなければいけなくなってしまった。でも、それが今年良い意味で残留という形で終われてまた1学年上で2部を経験できるというのは良いのではないかと思う。その経験をしっかり生かして、自分たちが目標としていた1部昇格を引き継いでくれるのがベストな状態。これからも応援していきたい。

・MF山崎(ラ4・國學院)
楽な試合ではないと思っていたが、4年間の最後の試合だったので楽しもうと思いつつ、後輩のため、応援してくれる人のため、コーチのために頑張ろうという気持ちが最後まで踏ん張れた要因だと思う。ラクロスがやりたくて大学に入って、自分の選んだ道がこういった結果で終われて今は清々しい気持ち。(後輩に向けて)ひとつになってまた上のステージに行けるように応援しています。

・MF安原(済4・狛江)
想像よりきつい試合だったけれど、何とか2部残留を決めることが出来た。リーグ戦ではゴールをはずしてばかりだったが、最後に決められて良かった。(4年間は)思った以上に短く、個人的に試合では結果をあまり出せなかったが、自分がやってきたことを後輩に伝えられたと思う。(後輩に向けて)今年以上に厳しくやっていかなくてはいけないので、頑張ってもらって来年は1部との入れ替え戦を見に行きたい。

・MF卯月(ラ4・多摩)
短い出場時間の中で自分がどれだけ全力を尽くせるかを考えつつ、チーム全体で戦えたのが良かった。(4年間を通して)同期や先輩、後輩など人に恵まれたと思うし、最後まで続けてきて本当に良かった。(後輩たちへ)高い目標に向かって、自分たちを信じて頑張ってほしい。

・MF石川(法4・西武台)
入れ替え戦に勝って2部残留を決められて本当に良かった。最後に勝ってチームみんなで喜びを分かち合えて嬉しい。(後輩たちへ)目標に向かって頑張っていってほしい。

・LMF大橋(ラ4・県立沼津東)
1点を争う試合で緊張もあったが、最後に勝利で終えられて嬉しい。(4年間を振り返って)楽しいこともつらいこともたくさんあったが、こうやって同期の仲間やチームの仲間と4年間やってこられたというのは、一生の思い出になったし楽しかった。(後輩に向けて)後輩のみんなが自分たちの力になってくれたおかげで今年こうやって戦えたので、来年以降も自信を持って自分たちのように笑顔で引退できるように頑張ってもらいたい。

・MG千葉
正直に言うとつらくてしんどいことも多かったけど、最後こうやって後輩マネージャーもついてきてくれて、こういう結果につながったのは嬉しい。(後輩マネージャーに向けて)プレーヤーのことを第一に考えて、一生懸命楽しみながらやってほしい。応援しています。

・LMF名古屋(ラ3・大宮光陵)
OF陣がリーグ戦から点を取れないというのが課題で、今日も苦しい展開だったがDF陣がこらえている中で最後OF陣が良い形で突き放せて良かった。4年生にこの2部の舞台を残してもらって感謝の気持ちが大きい。来季も2部で戦えるということは自分たちにとって良い経験になる。(来季へ向けて)目標としては3勝。1部との入れ替え戦を狙うあたって、考えるラクロスを目指す。今までは4年生や主力のメンバーに頼り切っていた部分があるので、チームの底上げができていなかった。今年の1年生は試合にほとんど出ているので、経験豊富であるということをメリットとして一人一人が考えて試合を運べるようにしたい。

TEXT=枦愛子 PHOTO=山中理子
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。