東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/07

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[アイスホッケー]専大に完封勝利 3連勝で勢いに乗る 

平成25年度関東大学アイスホッケーリーグ戦
11月2日(土) DyDoドリンコアイスアリーナ

東洋大10-0専大

[ゴール・アシスト]
02:00 人里(澤崎、秋本)
03:57 梅野
04:54 高見(今野、秋本)
19:25 ビレ(田中健、生田)
29:24 福地(高見、秋本)
31:27 今村(高見、松坂)
38:07 柴田(高見、川口)
38:47 梅野(秋本、岩野)
45:42 今村(生田)
57:14 武尾(川口)

20131102icehockey福地(撮影者・星)
隙を突いて攻撃を仕掛けるDF福地

20131102hockey今村(撮影者・佐藤)
FW今村は2得点を挙げチームの雰囲気を高めた

20131102hockey柴田(撮影者・小野)
力強いシュートでDF柴田は会場を沸かせた

 1ピリ、2ピリの各ピリオドで4点を獲得し、大きくリードを奪う。さらに3ピリで、2得点を挙げ10-0で大差をつけ専大を下した。

 1ピリは序盤からスピードあるパスを回し、果敢に攻め入る。開始1分45秒にSH(ショートハンド)のピンチを迎えるも、それを跳ね返すかのように、FW人里(社1・白樺学園)が空いたスペースにパックを放ち先制点を挙げる。それに続きFW梅野(社2・武修館)が素早いドリブルで突破し、そのままゴールを決めた。その約1分後の4分54秒には、今度はFW高見(社4・駒大苫小牧)が得点を挙げる。その後は、なかなか得点につなげることができない。しかし残り35秒、FWビレ(国1・Salpaus high school)が真正面からゴールを狙い、4点目を獲得した。
 1ピリの勢いをそのままに、2ピリも積極的に攻撃を仕掛ける。ところが、シュートを打つもことごとく弾き返されてしまう。途中PP(パワープレー)のチャンスが訪れるが、それを生かすことができない。その中、相手の隙を突いて2ピリ開始9分24秒にDF福地(社4・武修館)、さらにその2分後にFW今村(社2・白樺学園)が次々にゴールネットを揺らした。その流れに乗り、残り1分53秒にDF柴田(社4・武修館)がゴールの中央にシュートを放ち、ゴールとした。続くFW梅野もサイドから狙い、自身2得点目を決める。
 3ピリはこれまで無失点に抑えてきた山口(社4・駒大苫小牧)から脇本(社2・苫小牧工業)へと、GKを交代してのスタートとなる。このまま勝ちたいこのピリオドでは、パスを回しながら様子をうかがう慎重なシーンが見られる。シュートもうまく決まらない中、好機を得たFW今村が再びゴール。チームに9点目をもたらした。さらに攻めたいところであるが、相手マークをかわすことができず、シュートに持ち込めない。パスを奪われる場面もあったが、意地で取り返し、残り2分46秒にFW川口(社3・武修館)のパスを受けたFW武尾(社2・八戸工大一)がパックを押し込んだ。そのまま試合は終了。10-0で完封勝利を納めた。
 
 2次リーグが始まり、3連勝と勢いに乗っている東洋大。今回も素早いパスに加えて、足を使ったプレーが勝利の決め手となった。また、無失点で終えたことからDF陣の守備も堅いことが分かる。今日のゲーム感覚をさらに伸ばし、次回も連勝に向けて奮起する。


■コメント
・鈴木監督
前回の中大戦では良い試合をしたので、良い試合のあとは重要であるという話を選手にした。今回も連勝ということで、チームの成長が見られて嬉しい。得点を重ねたことも評価できるが、無失点で抑えられたというのは選手の努力である。(守備の動き)GK、DF、ももちろん動きは良かったが、FWも含めて全員でチェックできていた。守りの意識も出てきて、無失点で終えるための選手の努力は素晴らしかった。(次回に向けて)同じような試合を1つずつ積み重ねて、今日よりも少しレベルアップしていかなければならない。

・DF秋本副主将(社4・埼玉栄)
できるだけ次につなげられるようなプレーをする、自分たちのプレーをするということを念頭に挑んだ。やろうとしてことは全部できた。(足を使った今日のプレースタイル)監督からも自分たちらしいプレーをするように話があったので、みんなが足を使ったプレーになった。(DF陣の動き)攻められることも少なかったので、あまり苦労した試合ではなかった。スマートにプレーできたと思う。(次回に向けて)ずっと大会も出ていなかったことから、ゆっくりなスタートだった。その中でも徐々に波に乗ってきている感じがするので、引き続き今日のような良いホッケーをしていきたい。

・FW高見副主将(社4・駒大苫小牧)
タイトな試合(中央戦)の後で難しいと思っていたので、きちんと準備をしてきた。その中で、点差も付けることができたし、自分たちのプレーができて、いいゲームだった。(心掛けていたことは)チーム皆の気持ちがひとつにならないと勝てないと思うので、相手の反則でチームがいらいらしたりしないよう、声を掛けていこうと思っていた。役割は果たせたと思う。(得点シーンは)DFがいいシュートを打ってくれたので、良いところにリバウンドが出てきてよかった。(次戦へ向け)明後日で、間隔が空かない試合なので、みんなでひとつになっていい試合ができるようにしたい。

・FW梅野(社2・武修館)
個人的に、2ゴール決めることができてよかった。チーム的にも、今回の課題であった60分全力でプレーすることと相手に合わせないで自分たちのプレーをしっかりしようといったことがきちんとできたと思う。(心掛けていたことは)前回に続いて、自分の得点で、チームに良い流れを持ってこれたらなと思ってプレーした。(得点シーンは)最初は相手のミスからの点で、決めることができたのはとても嬉しい。2点目もデニスさんのいいパスがあったから決められた。自分だけでなくセットがひとつになったなと思う。(次戦へ向け)次も得点を決めて、チームに良い流れを引き寄せられたらと思う。

TEXT=田井早希恵 PHOTO=星和典、佐藤真理、小野紗由美
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。