東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/07

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[特集:サッカー]第6弾 つかんできたチャンス~古川毅監督~ 

20131101soccer古川監督1
サッカーに対する情熱は誰にも負けない

 昨季、就任1年目で東洋大を創部初の1部昇格に導いた古川毅監督。今季は苦闘を強いられる中、残留を目標に目の前の試合に向け準備を怠らない。

 現役時代の古川監督はコンサドーレ札幌、モンテディオ山形でDFとしてプレー。2005年、京都パープルサンガ(現・京都サンガFC)U-15で指導者としてのキャリアをスタートさせる。以来、京都U-18、札幌大と一貫して育成年代のチームを指導してきた。選手たちから「サッカーが本当に好き」と評され、慕われている。
 指導者を志したのは中学生の頃だった。プロになることは全く考えておらず、将来は体育教師を目指していた。しかし、幼稚園から高校までともにプレーをし、身近な目標であった先輩が日立(現・柏レイソル)に加入。その後、進学した仙台大も毎年Jリーガーを輩出しており、古川監督も次第にプロの道を目指すようになる。そして卒業後はJFLの大塚製薬(現・徳島ヴォルティス)に加入したが、それでも指導者になる夢を忘れることはなかった。「選手として30歳まではやりたかった。そこからは指導者になる」と考え、監督たちの特徴やチームの運営の仕方などを常に学んでいたという。
 選手としては決してレギュラーと言える存在ではなかった。毎年、シーズンが開幕すると新しい選手にポジションを取られ、ベンチを温める日々が続いた。それでも腐らずに、チャンスが来るまで常に準備をし、試合に出ればスタメンの選手に引けをとらないプレーで、監督の信頼を勝ち取ってきた。特に、札幌時代は歴代2番目に長い6年間チームに在籍し、サポーターからも「古川先生」の愛称で親しまれた。「ピッチに立った時に、いかに頭の中を整理してプレーできるかだと思う」。10年間の選手生活で、自分よりも才能のある選手が実力を発揮できず、プロの世界から去っていくのを見てきた中で導き出した1つの答えであった。
 このことは、指導者となった現在も選手たちに理解してほしいことだと語る。後期リーグは今まで出場機会に恵まれていなかった選手が、初出場ながらも落ち着いて試合に臨む場面が見られる。これは古川監督の考えが浸透してきた証だろう。
 今季のリーグ戦も佳境に入った。前節の桐蔭大戦で開幕戦以来の完封勝利をし、チームは上り調子である。しかし、残留のために依然として厳しい状況が続くことに変わりはない。指揮官は、現役時代からの諦めない姿勢を貫き、次の試合に向けても万全の準備を整える。

20131101soccer古川監督2
試合後、選手と握手を交わす


■古川毅(ふるかわ・つよし)
S47・9・21
血液型/O型
出身地/青森県
選手経歴/五戸高―仙台大―大塚製薬―札幌―山形
指導経歴/京都U-15―京都U-18―札幌大(コンサドーレ札幌派遣)
愛称/フルさん、先生(現役中)
印象に残っている試合/1997年JFL第7節、第20節川崎フロンターレ戦


 6回に渡るサッカー部特集はいかがでしたか。関東大学サッカーリーグ戦も残すところ4試合。各チーム勝ち点差が開かず大混戦となっており、まだまだ目が離せません。今回の特集のために取材に協力してくださったサッカー部の選手・スタッフの皆さん、ありがとうございました。

TEXT=国府翔也
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。