東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/10

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[陸上競技]マイルで3位入賞!来季に期待が持てるレースに 

第97回日本選手権リレー
10月25日(金)~27日(日) 日産スタジアム

1日目

男子4×100mリレー 予選
1組
5着 東洋大(小笹-小林-北村-武田) 40"61

2日目

男子4×400mリレー 予選
2組
2着 東洋大(丸池-北村-赤川-山下永) 3'12"93 ※決勝進出

3日目

男子4×400mリレー 決勝
3位 東洋大 (丸池-北村-山下永-小林) 3'10"23

20131026rikujo北村―赤川
北村(右)から初マイルとなった赤川へバトンパス

20131027rikujo山下永―小林
チームを上位へと引き上げた山下永(右)と小林

 3日間にわたって行われたリレー選手権に、4継、マイルの2種目で出場した。4継は予選落ちとなったが、マイルでは3位に入賞し、来シーズンに向けて弾みをつけた。

 4×100mリレーは4年生が抜け、新たなメンバーで臨んだ。1走の小笹(法2・西京)が得意のスタートから飛び出し、流れを作って2走の小林(済2・保善)へつなぐ。小林もまずまずの走りで順位を上げ、バトンは北村(法3・作新学院)へと渡す。初のメンバー入りとなった北村は懸命の走りを見せるも、武田(法1・山形中央)とのバトンワークでミスをしてしまう。遅れを取り戻そうと武田も必死に前を追ったが、ゴール前で2人にかわされてしまい組5着でフィニッシュ。来季への課題が残るレースとなった。
 また、4×400mリレー予選では1走の丸池(工1・昭和一)がスタートで出遅れるものの、すぐに立て直しバトンは北村へ。前半から攻めの走りで2番手まで浮上すると、続く赤川(ラ2・西武文理)も順位をキープする。 最後はアンカーの山下永(法3・下田)がゴール直前での接戦を制し、組2着で決勝進出を決めた。
 決勝は、予選と同じく丸池が1走を任された。前半はスピードに乗れなかったが、ラストは粘って力強い走りを見せる。続く北村は、大外からうまく隙間に入ってインコースにつけると積極的に前を追い、混戦の中順位を1つ押し上げた。6番手でバトンを受け取った山下永は前半200mにかけて加速していくと、2人を抜き去る。ラスト100mで若干失速するも、前との差を詰めて良い位置でアンカーの小林へつないだ。小林はバトンをもらってすぐに1人をかわし、さらに前を走る中大との差をじわじわと詰めていく。そしてホームストレートでついに並び、激しい競り合いとなった。しかし最後は逃げ切られてしまい、3位でフィニッシュ。それでも昨年の7位から大躍進を果たした。

 短距離勢はこれから冬季練習に入っていくが、このような大舞台での入賞は、それぞれの選手にとってモチベーションとなるだろう。確実に力はついてきている。来シーズンのさらなる飛躍に期待したい。

■コメント
・梶原監督
4継は1走と2走のメンバーは変えずにアンダーハンドパスを試してみた。走りは1走から3走までは問題なかったが、アンカーが緊張したのかスタートも早く出てしまって、そこが最後のところで響いた。1年生を入れたチームで決勝には残れなかったが、想定していたレベルでは走れたので来年につながると思う。マイルは日大がいないので3位を狙っていた。丸池は前半もう少し走れたかなと。北村は良かった。3走は前半から前に出たが、後半がまだまだなので来季は後半もそのまま走れるように成長させたい。アンカーの小林はあまり練習を積めていなかったが、1人かわして前に出たのは良かった。3位入賞は誉めたい。今回の入賞は、冬季練習に向けて良い動機付けになった。これからも選手全員でレベルを上げていきたい。来季には日大、中大、早大を倒すつもりで臨みたい。

・北村(法3・作新学院)
大学に入ってから4継は初めてだったが、思った以上に走れた。だがバトンミスがあって、練習でも不安だったところが出てしまった。良い位置で持ってきてもミスですべて終わってしまうことを教訓にしたい。もともとコーナーの走りは得意なので、そこをうまく走れたのは良かった。マイルは新しいメンバーで臨んだが、このメンバーでも決勝に残れて良かった。4継は予選落ちだったのでマイルでは絶対に決勝に行こうと思っていた。決勝では3位争いに絡んでいくと思っていたので、良い位置で持っていきたかった。最近、大きな大会によく出るようになったが、あまり緊張しないで走れるようになってきた。(今後は)個人は来週の記録会で今季を終えるので、そこでベストに近いタイムで走って冬季練習へつなげたい。来季の4継、マイルのメンバー入りを見据えて頑張っていきたい。

・山下永(法3・下田)
予選では2番でバトンを持ってきてくれたので、この順位を絶対落とさないようにと思い、役目を果たせたので良かった。3走の赤川が初めてのマイルだったが、自分の力をしっかり出してくれたので安心し、次につながるレースになった。チームとしても赤川が出場して決勝に進出できたのは大きい。決勝はもらった順位から上げるつもりで走った。前半は良く走れたと思うが、最後が伸びなかった。もう少し最後に我慢できるようにならなければいけない。こういう大舞台で3位というのが初めてで収穫になった。(今後は)最後の冬季練習なので、今までで一番のものにして来シーズンにつなげていきたい。

・赤川(ラ2・西武文理)
初めてで不安もあったが、周りのペースが速くなくて付いていけたので良かった。ただ、周りのペースに頼ってしまって自分のペースを作れなかったのでそこを改善していきたい。次に出場する時は、今日よりもタイムを上げてチームに貢献したい。

・小林(済2・保善)
4継は新しいメンバーで臨んだので、個人的に良い走りをして締めくくれればと思っていた。アップでは動けていたがそれをレースに生かせなかった。マイルは前半に3位争いをして、ラストで1、2位争いをしたかった。最後に中大と競ったが、キレがなくて追い付けなかった。(課題は)スピードが足りない。200mで楽にスピードに乗っていく面が大事なので、スピードが制限される冬季練習でも練習していきたい。(今季を振り返って)タイム的には良かったが決勝進出で終わるなど、結果的にはあまり良くなかった。来年の関カレや全カレでは今日みたいな争いをしたい。また、来年はすごいルーキーが入ってくるが、それにあまり左右されないで今年以上の結果を出していきたい。

・丸池(工1・昭和一)
予選はスタートで出遅れたが、いつもより前半をとばそうと思い、その通りにできたことが収穫。だが、ラストに力んでしまったのは改善点。(全体は)タイムも悪くなく、ある程度のレースはできたと思う。決勝はラップタイムを見ると、思ったより走れていなかった。レースのパターンを変えて前半から行くようにしているが、そのパターンが噛み合っていない。それがうまくいけばもっと良くなっていくと思う。(来季に向けて)スピードと持久力を強化して、関カレで決勝に立つための冬季練習にしたい。

TEXT=山本純平、松木ゆかり、青野佳奈 PHOTO=野原成華、青野佳奈
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。