東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/02

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[射撃]昨年の壁は越えられず 課題の残る大会に 

平成25年度全日本学生ライフル射撃選手権大会
10月16日(水)~20日(日) 能勢町国体記念スポーツセンター

◆50mSB伏射60発男子
眞野 583点
(ファイナル6位)
大関亮 572点 23位
大関隼 566点 32位
新里 547点 42位
伊藤 545点 43位

◆50mSB伏射60発男子団体
眞野 583点
大関亮 572点
伊藤 545点

合計1700点 7位

◆10mAR立射60発男子
土屋 580点
新里 575点
大関亮 573点
坂田 571点
眞野 558点
二木 557点
梅山 555点
鶴田 555点
宮本 553点

◆10mAR立射60発男子団体
土屋 580点
新里 575点
坂田 571点

合計1726点 5位

◆50mSB3姿勢×40発男子
大関亮 1112点
眞野 1109点
大関隼 1108点
伊藤 1103点
新里 1082点

◆50mSB3姿勢×40発男子団体
眞野 1109点
大関隼 1108点
伊藤 1103点

合計3320点 3位

◆男子総合団体
13ポイント 6位

◆50mSB伏射60発女子
高橋 579点 4位

◆10mAR立射40発女子
片山 383点
高橋 378点
三島 377点
武田 376点
松尾 369点

◆10mAR立射40発女子団体
片山 383点
三島 377点
武田 376点

合計1136点 10位

◆50mSB3姿勢×20発女子団体
高橋 558点
片山 547点
武田 524点

合計1629点 8位

20131020syageki男子3姿勢
一丸となって手にした団体3位

20131020syageki高橋
高橋は女子で唯一の入賞者となった

20131020syageki眞野
来年に向けて弾みをつけた眞野

20131020syageki伊藤
伊藤主将、4年間お疲れ様でした

 平成25年度全日本学生ライフル射撃選手権大会が能勢町国体記念スポーツセンターで開催された。男子は50mSB3姿勢×40発団体で3位入賞。眞野(法3・大宰府)が50mSB伏射60発でファイナル6位入賞とまずまずの結果を残した。女子は高橋(文4・南陽)が50mSB伏射60発で4位入賞を果たし、学生最後の大会で有終の美を飾った。

 昨年のインカレで過去最高の男子総合団体3位という結果を残した東洋大射撃部。今大会も一人一人が自己記録を更新すべく、合宿で課題に取り組み、全国の強豪校に挑んだ。男子は次期エース候補の眞野が実力を発揮する。50mSB伏射60発ではファイナルに進出し、6位入賞を果たす。「個人的にはまだまだ」と本人が納得のいく射撃はできなかった。しかし「これからは誰にも負けない射撃をしたい」と来年の主力としての自覚をうかがわせており、今後の活躍が期待される。さらに団体では、合宿からチームが力を入れていた50mSB3姿勢×40発で3位に入り、総合で6位入賞。昨年の結果を超えることはできなかったが、慣れない環境下で奮闘したといえる。
 女子は高橋が最終学年の意地を見せた。「緊張せずに気楽に撃てた」と本人が振り返るように、50mSB伏射60発で579点を出し、4位入賞を成し遂げる。「最後の大会で賞状が貰えて良かった」と4年間の集大成の舞台での結果に安堵の表情を浮かべた。しかし、その他で入賞がなく、戦力不足という課題が浮き彫りになってしまった。

 今大会を最後に伊藤主将(法4・石和)をはじめとする4年生が引退する。チームを技術面、精神面で支えてきた最高学年の穴を埋められるかが、これからの飛躍のカギとなるはずだ。新チームの初陣は来月の新人戦。新主将に任命された大関隼(済3・真岡北陵)を中心に新たな挑戦が始まる。

■コメント
・佐藤監督
(合宿について)OBが面倒を見てくれたが、インカレが能勢であるということで個々人のスキルアップを図った。特に50mライフル陣が経験不足ということで、フォローした。結果的に3位に入ったのでそれは良かった。(大会を通じて)インカレという場が独特の雰囲気を持っていてのまれがちだった。少し力んでいた。それがほぐせれば良かった。緊張している選手が多く、少し苦しい戦いだった。(4年生にむけて)4年間お疲れさまでした。厳しい状況の中よくやってくれました。(来季に向けて)戦力の補充が急務。練習場の問題も厳しい。競技力の向上もさることながら、練習環境をどう維持していくかに主眼が置かれる。その中で勝ち進められ、成果が上げられるようにしていきたい。

・伊藤主将(法4・石和)
(インカレ前の合宿では)4年生になって姿勢を変えることはできないので、今できる姿勢で100%の結果を出せるように練習した。(今大会の自身の出来は)主将として団体のトリを務めたが、プレッシャーを感じてしまった。3×40は無難にこなせたが、立射開始前の時点でファイナルに出れるかもしれないと考えてしまい、集中できなかった。そこで高橋に励まされてその後は良くなったので、高橋には感謝したい。(チームとしては)春の段階では戦力不足と言っていたが、3年生が成長してくれた。今大会ではチームが一つになれたと思う。(4年間での思い出)2年生になってからの下級生の指導が大変さを痛感していたが、同期が支えてくれたことが思い出。(後輩へ向けて一言)実力はあるので、自信を持ってインカレまで突き進んでほしい。

・高橋(文4・南陽)
(大会を振り返って)今回はそんなに緊張せずに、この大会が最後とも思わずに気楽に撃っていた。そのおかげでいい記録が出たのだと思う。(60m伏射60発での4位について)納得とまではいかないが、良い点数だと思う。朝霞で自己新を出したのでそれを越したかったが、これがこれで良かった。(4年間を振り返って)1、2年の頃はその時にしては良い点数が出ていたが、3年生になって落ちてきてしまって、自分でも納得のいかない点数が出ていた。最後の大会では、結果的に良い点数が出たし、賞状も貰えたから良かった。(後輩たちへ)自分たちはこういう結果だったが、もっと上を目指して練習などを頑張ってほしい。優勝を目指してほしい。

・眞野(法3・大宰府)
前日の練習からすんなりと入れた。個人的にはまだまだ満足はしていないがファイナルに進出して順位を落とさなかったことは評価したい。(インカレに向けて取り組んできたこと)3姿勢の立射を特訓してきてその種目の団体で3位に入れたので良かった。努力の成果かなと思う。もっと練習していきたい。(今後の目標)次の大きな大会まで期間があるので強い選手を追い越せるように努力していきたい。東洋大を引っ張っていくエースになれと言われたので、点数を伸ばして誰にも負けない射撃をしたい。

TEXT=横井喬 PHOTO=小泉真也
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。