東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/07

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[サッカー]一時は逆転するも、勝ち切れずドロー 

第87回関東大学サッカーリーグ戦 1部リーグ(後期)
第17節 10月19日(土) 川口市青木町公園総合運動場

東洋大2―2日体大
<得点者>
29分 仙頭
36分 川森

<警告>
52分 郡司
90+3分 鈴木

<出場メンバー>
▽GK
浅沼優瑠(国3・成立学園)
▽DF
馬渡和彰(国4・市立船橋)
郡司昌弥(国2・柏U-18)86分→DF藤井悠太(国4・武南)
筑井駿(国3・前橋育英)
鈴木健士(国4・札幌U-18)
▽MF
石川俊輝(国4・大宮Y)
桑田直徹(国4・大宮Y)
黒須大輔(国4・習志野)
年森勝哉(国4・FC東京U-18)
▽FW
仙頭啓矢(国1・京都橘)82分→FW平石直人(国3・帝京)
川森有真(国3・広島Y)87分→FW遊馬将也(国2・武南)

20131019soccer仙頭
2得点に絡む活躍で勝ち点獲得に貢献した仙頭

20131019soccer川森
川森は逆転ゴールを決めるも「自分の仕事はできていない」と振り返る

20131019soccer鈴木
今季初スタメンの鈴木は最終ラインで安定した実力を見せた


 前節中大に大敗し、最下位に転落した東洋大は、順位の近い10位・日体大と対戦した。23分に先制されてしまうも、仙頭、川森のゴールで逆転し前半を折り返す。しかし、後半早い時間に追い付かれるとそのまま試合終了。勝ち点を分け合った。

 前半、最終ラインに入った石川が組み立て、再三ロングボールで日体大DFの裏を狙う。黒須、川森が合わせようと動き出すもシュートまでは至らない。両チーム決定機がない中で迎えた23分。中央から崩され、シュートを打たれる。一度はブロックするも、再びボールを拾われ失点してしまった。追う展開となった東洋大は攻勢に出る。すると29分、右サイドから馬渡がクロスを上げると、仙頭が右足ボレーで合わせて同点に追い付いく。さらに、36分に左サイドで仙頭のスルーパスに抜け出した筑井がクロスを上げ、それを川森が詰めて逆転。その後も優位に試合を運び、2対1とリードして前半を折り返した。
 後半立ち上がりは守備に追われる時間が続く。鈴木、石川が必死に守るも防ぎ切れない。55分、ゴール前でパスをつながれると最後は右サイドでフリーで打たれ、同点に追い付かれてしまった。78分にもGKからのボールに飛び出され、右サイドを突破される。そのままシュートを打たれたが、これは浅沼がセーブ。80分を過ぎても後半シュート0本の東洋大は平石、遊馬と攻撃的な選手を入れ、日体大ゴールに迫る。アディショナルタイムに黒須が右サイドからドリブルし、シュートを放つが枠を捉えられない。そのまま2対2で引き分けとなった。
 試合終了後、古川監督が「より勝ち点3を取らなくてはいけなくなったのが現実」と語ったように、降格圏内に沈む東洋大にとって、勝ち点1は最低限の結果だった。しかし、悲観するような試合内容ではない。この勝ち点が残留をつかみ取る1点となるよう、前向きに捉え突き進む。

■コメント
・古川監督
残留を争う同士の直接対決だったので勝ちたかったが、残念。(先発を大幅に入れ替えたが)ここ何試合か失点していたし、前節5失点したのでまずは守備から入ろうとした。そこからもう一度自分たちがやってきたサッカーをやろうと臨んだ。(勝ち点1をどう捉えているか)結果は出てしまったので、この次どうこうよりも、より勝ち点3を取らなくてはいけなくなったのが現実。(次に向けて)1試合でも早く残留ラインに上がるためにも無駄にできない。しっかり勝ち点3を取りたい。

・石川俊輝(国4・大宮Y)
(CBでの出場だったが)(鈴木)健士とラインコントロールはできていたので2失点は悔しい。中盤の方がやりやすいが、後ろでもやることは変わらない。縦パスや斜めのパスを狙えたのは良かったが、もっと連携を取れれば良かった。(試合展開は)前半に攻撃陣が逆転してくれて、後半もリードを守り切りたかったが崩れてしまった。風下ではあったが、ポジショニングを突き詰めれば前半のような攻撃ができたはず。(結果について)勝ち点は離されなかったが、正直勝ちたかった。(次節に向けて)桐蔭大は天皇杯にも出場しているチーム。身構えるのではなく自分たちから攻め気でやっていきたい。

・鈴木健士(国4・札幌U-18)
前半は良い形でできた。後半は相手の流れになってしまい、つらい状況が続いたが、勝ち点1を獲得できたのは良かった。(今季初スタメンとなったが)パスサッカーで戦い、守備から入った上でポゼッションに注意して戦おうと言われた。(次節に向けて)試合に出場できるかは分からないが、精一杯力を出していきたい。

・川森有真(国3・広島Y)
先制はされたが、そこから流れが変わり逆転することができた。後半は立ち上がりから主導権を握られ、力で押し切られてしまい、弱さが出てしまった。(引き分けをどう捉えているか)敗戦を避けることはできたが、正直勝利しなければいけない試合だった。引き分けとなり悔しい。(逆転ゴールを決めたが)左サイドを崩したところをファーサイドで決めようと思った。筑井から良いタイミングでボールが来たので、当てるだけだった。筑井とパスを出した(仙頭)啓矢のゴールと言っていい。(次節に向けて)今日の試合は久々にスタメンで出場したが、まだまだ自分の仕事はできていない。チームに貢献できるように頑張りたい。

・筑井駿(国3・前橋育英)
負けられない中での戦いだったが、結果が出なくて残念。(アシストの場面について)(仙頭)啓矢から良いボールがきたので、川森が中で走って詰めてくれたので良かった。

・郡司昌弥(国2・柏U-18)
けがをして久しぶりの出場で、慣れないアンカーのポジションだったがチームにリズムと勢いを与えようと思ってやった。(勝ち点1をどう捉えているか)勝ち点3が欲しかった。最低限の結果。(次に向けて)出たら、全力で頑張りたいし、出られなくてもサポートだったり、自分ができることをやりたい。

・仙頭啓矢(国1・京都橘)
早い時間に失点してしまった。0で抑えられない試合が多いので、しっかりやりたい。(ゴールシーンは)前半を0対1で折り返すと雰囲気も良くないので、自分が起点となって逆転できて良かった。(後半は)個人的にもチャンスに絡めず、チームも停滞している時間が長かった。受け身になってしまったので、もっと畳み掛けたかった。(結果について)勝ち点が近い相手なので、残留するためには勝ち点3が欲しかった。(次節に向けて)桐蔭大は去年一緒に上がってきたチームだし、前半戦で勝っている。僕たちにも桐蔭大のように上位にいくチャンスはあるはずなので、勝ちにこだわっていきたい。

TEXT=小俣勇人 PHOTO=平柳麻衣、国府翔也

[次節試合予定]
第87回関東大学サッカーリーグ戦 1部リーグ(後期)
第18節 10月27日(日) 対桐蔭大 Shonan BMWスタジアム平塚にて 11:30キックオフ
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。