東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/10

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[サッカー]守備崩壊5失点 中大に大敗 

第87回関東大学サッカーリーグ戦 1部リーグ(後期)
第16節 10月12日(土) ひたちなか市総合運動公園陸上競技場

東洋大0―5中大
<出場メンバー>
▽GK
沖野泰斗(国2・幕張総合)
▽DF
馬渡和彰(国4・市立船橋)
内田築(国4・市立船橋)
筑井駿(国3・前橋育英)
村田直暉(国4・浜松開誠館)45分→MF年森勝哉(国4・FC東京U-18)
▽MF
石川俊輝(国4・大宮Y)
桑田直徹(国4・大宮Y)
黒須大輔(国4・習志野)
平石直人(国3・帝京)
▽FW
遊馬将也(国2・武南)78分→FW佐々木雅人(国3・西武台)
仙頭啓矢(国1・京都橘)45分→FW川森有真(国3・広島Y)

20131012soccer平石
ポジションを変えても持ち味の攻撃的な姿勢を貫いた平石

20131012soccer年森
途中出場の年森はドリブルで何度もチャンスを作り出した

20131012soccer集合
今季最多失点タイとなり、がっくりと肩を落とすイレブン

 前節、順大に勝利し11位に浮上した東洋大は中大と対戦。12分に先制を許すと、その後も失点を重ねてしまう。結局反撃の糸口がつかめず、0対5と今季ワーストタイとなる5失点を喫し、敗戦した。

 前半は相手に主導権を握られる。12分に先制を許すと、東洋大は左サイドハーフの平石を起点に反撃を試みるが、なかなかシュートまで持ち込むことができない。逆に26分、40分に守備のほころびから追加点を決められてしまう。「我慢しなければならなかったが、追加点を決められ試合が難しくなってしまった」と古川監督が振り返ったように、失点後パスの出しどころに迷い、DFラインでボールを回す場面が続く。結局、シュートは遊馬が放った1本にとどまり、前半を折り返した。
 この状況を打開するため、ハーフタイムに年森と川森を投入し攻勢に出る。年森は持ち前のスピードで左サイドを走りチャンスを作りだす。65分には平石からのパスを受け、ミドルシュートを放つがボールはGKがキャッチ。その後もスペースへの動き出しなどで好機を作るが、フィニッシュまで持ち込むことができない。逆に前掛かりになったところを突かれてしまう。71分、DFの間をドリブルで抜け出した中大の選手に4点目を決められ、反撃の芽がついえる。89分にも失点し、終わってみれば0対5と相手の勢いを止めることができず、大敗を喫した。
 試合後、「惨敗だった。メンタル面の問題」と平石が語るように、中大攻撃陣に圧倒され何もできなかった。今試合でのシュート数が中大の15本に対して、東洋大は5本という結果がそれを示す。次節は残留争いのライバルである10位の日体大との直接対決だ。この試合に敗戦してしまうと、勝ち点差がさらに開き、1部残留が絶望的な状況になってしまう。後がない状況の中、選手たちは気持ちを引き締めて臨むしかない。


■コメント
・古川監督
ふがいない結果に終わり残念。応援に来たベンチ外のメンバーもいるのに、大敗したのは申し訳ない。失点を抑え、最終的に接戦を勝利できればと考えていたが、失点してしまいゲームプランが崩れてしまった。我慢しなければならなかったが、前半に2点目、3点目を取られ、試合が難しくなってしまった。(後半開始時に年森、川森を投入したが)3失点して攻めるしかなかった。これ以上失点してしまうと試合が決まってしまうので、前線から圧力をかけていくようにした。何回かチャンスを演出していたが、後半相手に得点が入ってしまい、選手たちはやってはくれたが、気持ちがなえてしまったと思う。(次節に向けて)5失点は得失点の上でも痛手ではあるが、終わったことを引きずっても仕方ない。いかに次の試合でいい準備をして臨めるかどうかだと思う。

・年森勝哉(国4・FC東京U-18)※チームキャプテン
試合に全員が開始から入ることができなかったのが残念。もっと集中していかないといけないことを改めて気付かされた。(シュートの場面が少なかったが)個人の技術や連携面でのミスだったりするので、そこを克服して得点を取れるようにしたい。(途中出場となったが)0対3と言うスコアは厳しいが追い付けないスコアではないので、まずは同点を目標にし、守りを固めてから点を取ることを監督から指示された。(次節に向けて)残り6節の中で最も大事な試合なので、技術以前に気持ちで負けないように、勝ち点3を取っていきたい。

・内田築(国4・市立船橋)
前半の序盤からラインのミスがあり、失点につながってしまった。申し訳ないと思う。次からは今日見つかった課題をしっかり修正していきたい。(具体的にはどのような課題か)攻めている時のリスクマネジメントが乱れていたので、徹底したい。

・川森有真(国3・広島Y)
前期に行われた日体大戦の時と同じスコアで、0対3で折り返したが、それを繰り返してはいけなかった。後半開始時に投入された時、逆転したいと思ったが、相手の流れも止められず、気持ちを見せることができなかったふがいない試合だった。(次節に向けて)絶対に次の試合は勝利しないと、残留も危ない。自分のためにプレーをしながら、最終的にはチームの勝利につながればいいと思う。

・平石直人(国3・帝京)
惨敗だった。今季、入りが悪い試合が多いが、今日も修正できなかった。メンタル面の問題。(試合中ポジションが変わったが)前半から調子は悪くなかったので、後半は後ろに下がったが、何度か仕掛けられて良かった。(中大との差は)中大はタレント軍団。個々の力が勝てていなかった。(次節に向けて)失点が多いので修正しなければならない。今日も攻撃は良いパターンがあった。日体大は前期3失点して負けているし、順位も近いので絶対に負けられない。個人的には日体大に高校時代の先輩がいるので、絶対に負けたくない。

TEXT=国府翔也 PHOTO=平柳麻衣

[次節試合予定]
第87回関東大学サッカーリーグ戦 1部リーグ(後期)
第17節 10月19日(土) 対日体大 川口市青木町公園総合運動場にて 13:50キックオフ
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。