東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/08

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ラクロス:男子]流れつかめず力負け、入れ替え戦決まる 

第26回関東学生ラクロスリーグ戦 男子 2部Aブロック
10月6日(日) 大東文化大学緑山キャンパスグラウンド

東洋大6-11神奈川大

20131006lacrosse鈴木
最多得点を決めたAT鈴木

20131006lacrosse岩崎
G岩崎は何度もファインプレーを見せる

 序盤は立て続けにシュートが決まり試合の主導権を握ったかに見えたが、中盤に一気に逆転を許す。その後も防戦一方の展開が続き、懸命な守りも虚しくリーグ戦4連敗。3部との入れ替え戦が決定した。

 勝てない呪縛は、この日もチームを苦しめた。試合開始直後にいきなり先制点を許すも、すぐさまAT鈴木(ラ3・成立学園)が2本、MF小林(ラ1・西武台)も独走してシュートを叩き込み、怒涛の攻撃で3点を奪い逆転に成功する。終了間際に1点を返されるが、3対2とリードを守り第1Qを終えた。
 しかし、第2Qに入ると試合の流れが一変する。「しんどかった」と、G岩崎(ラ3・西武台)が語るように、守りに長い時間を要し、なかなか追加点が奪えない苦しい展開が続く。9分には、正面からシュートを許し同点に追い付かれる。さらに、そこから3連続失点を喫しあっという間に逆転されてしまった。
 第3Qでは、6分に小林、DF米嶋主将(済4・市立川口)との好連携から鈴木が立て続けにゴールネットを揺らし、5対6と1点差まで迫る。しかし、流れをつかむことができずに再び攻められ続け、17分に追加点を許した。迎えた第4Qでも相手の猛攻が続く。この試合幾度となく好セーブを連発してきた岩崎が、ピンチをしのぎ雄たけびをあげてチームを鼓舞するも、その後、痛恨の3失点を喫し万事休す。結局点差は5点に広がり、試合を終えた。
 開始早々良い流れで試合が進み、今日こそは、と思わせる戦いだったが、中盤以降は完全に相手にペースを握られる。限られたチャンスでもキャッチミスが目立ち、またしても待望の1勝目は得られなかった。チームはこの試合で最下位が決まり、一気に3部降格の危機に立たされた。

■コメント
・DF米嶋主将(済4・市立川口)
今日勝つことが入れ替え戦回避の絶対条件の中で気持ちを高めて臨んだが、メンバーがそろってない中その穴を埋めきれなかった。決めるところは決めたが、DFがやられてしまい相手のショットを止めきれなかったのが良くなかった。(自身のプレーについて)LMFを補うプレーは貴重な経験だった。逆に自分がどのポジションもこなせる力量があればもう少しチームの負担が軽くなったかなと思う。(最終戦に向けて)入れ替え戦は決定したが、そこに向かって自分たちのミスを修正し価値ある試合にしたい。

・AT鈴木(ラ3・成立学園)
得点が自分と1年生2人しか取れなかった。得点を取るべきである上級生が取れなかったことは敗因の1つだと思う。DFが頑張って守ってくれていたので、ボールが自分のところに入ったら決めるという意識でやっていた。3点決められたことは良かった。(次は最終戦だが)ホームゲームで多くの保護者や友人が来てくれるので、しかっり勝ちにつなげて恩返しをしたい。

・G岩崎(ラ3・西武台)
今までで一番勝てそうな試合だったので、勝てなくて残念。調子は良かったので、打たせていいぞと(仲間には)声を掛けていた。これまでの3試合はけがで万全なプレーができなかったので、この試合にぶつけようと思っていた。練習の成果が出たと思う。まだ完治ではないけれど、そうも言っていられないので、今できるベストの状態に持っていきたい。最終戦は、結果より内容にこだわっていきたい。セーブ率は維持し、クリアの精度を個人だけでなくチーム全体で上げていきたい。

TEXT=浜浦日向 PHOTO=山中理子、内田りほ

スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。