東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/02

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[アメフト]今季リーグ戦初勝利! 見事逆転で成長を見せる 

2013年度 関東大学アメリカンフットボール 秋季リーグ戦
9月29日(日) 東京学芸大東小金井グラウンド
東洋大18-9東農大

  0|1Q|6
  3|2Q|0
  0|3Q|3
  15|4Q|0


20130929amefuto志戸摩
着実に司令塔として成長を遂げるQB志戸摩

20130929amefuto坂本
値千金の点をもぎ取ったWR坂本


20130929amefuto山形
RB鈴木(文2・山村学園)がランで流れを引き寄せる


 1部昇格へ1つの負けも許されない東洋大は東農大と対戦。序盤こそ相手に押されたものの、後半に入ると相手を圧倒。見事に勝利し、今季初の白星を手に入れた。



 日本晴れの下行われた東農大との対戦は、キッキングプレーの重要性を再認識させられる熱戦となった。前半、相手の攻撃にディフェンスが対応しきれない。後手に回り、相手のランを止められずに先制のタッチダウン(TD)を許す。それでも、エンドライン目前に迫る相手の攻めをしのぐなど、我慢強く守り続け流れを失わなかった。
 後半に入ると、攻撃陣が流れを変える。RB新川(営3・駿台学園)の約50ヤードゲインのランで敵陣に侵入すると、ギャンブルプレーではQB時崎(社2・八千代松陰)からTE大森(ラ2・東京)へのパスがヒット。正QB志戸摩(ラ3・狭山ヶ丘)をWRに時折配置する、今季から導入した戦術が見事にはまり、ファーストダウンを獲得した。これで流れにのったオフェンスは、WR坂本(理4・浦和学院)へのTDパスを成功させ同点にすると、トライフォーポイントもきっちり決め逆転に成功する。さらに次の攻撃でまたもWR坂本がランでTDを獲得。試合の流れを大きくこちらに傾けた。守備陣も後半から見事な守備を見せる。ブリッツを絡めた積極的な守りで相手に襲い掛かり、後半に取られた得点はフィールドゴールの3点のみ。相手に仕事をさせなかった。試合はそのまま東洋大ペースで進み、18-9で勝利。嬉しい今季初白星を手にした。
 この試合ではWR坂本が2TD、RB新川が100Y近くを走りオフェンスをけん引。また、TE大森は確実にキックを決め、重要な得点源になっている。守備ではLB長峰(済1・函館ラサール)がサックを決めるなど、若い戦力が成長を見せ今後に期待を持たせた。2連敗の台風一過、初勝利を手にしたVIKINGS。澄みわたる青空は、チームのこれからを暗示するかのように輝きに満ちていた。

■コメント
・西村ヘッドコーチ
(今日の勝因とは)オフェンスとディフェンスがうまくかみ合った。そしてタイムコントロールもこちらが上手だった。この時期でこの勝ち方はとてもよかったと思う。そして、こちらは相手に対して点数を徐々に縮めて最後のツーポイントコンバージョンで試合を決めた。第4Qではもうこちらに主導権が渡っていた。とにかくオフェンスはミスをせず、そして志戸摩や大多和を中心に点の足し算を確実に計算して、坂本が自信の、4年の意地を見せたね。うちは50ー0で勝つようなチームではないし、スター選手はいない。だからシステムを理解する必要性があって、それにのっとっていかに勝つことができるか。とにかくそれをもっと突き進めることは重要。(戦術の理解、未完成の部分とは)外からのコーチング、声に対する対応力。DLは出し抜かれてた。1年生だし、その辺はまだまだ伸びしろがある。あるプレーに対して、対応するプレーがまだまだできていない。リアクションが遅いというか。オフェンスに関しては今日みたいにミスせず、反則しなければ点を取ることができる。そのことをもっとわかることが勝ちにつながる。そして、相手にたくさんプレーさせていく中で、それだけ相手のほころびができるわけだし、さらにキープレーヤーもつぶしていければ、という風にアメフトは奥が深い。今日は前回までの試合に比べて相手陣内からのディフェンスで守りやすく、相手のエースもつぶせていたことはよかったね。(強豪との違い)やっぱり1部はパスの成功率が違う。どうにかしてランで進むしかない。ロスが少なく、ミスが少ないプレーだからね。今日みたいに相手にタイムが少なくなったときにパスプレーさせればそれだけ焦りで相手にミスが出るし、こちらも守りやすくなる。タイムも勝負の重要な要素だからね。(次節に向けて)次でリーグ戦折り返し。星の数を取り返さなければいけない。タフな試合になることはわかっている。次につながる試合をしなければいけないし、今日のこの流れをとめてはいけない。この勝ちを無駄にしないために次節も勝つ。

・大多和主将(理4・足立学園)
(今日の試合を振り返って)とりあえず一勝できたことに一安心です。前の2試合と同じようなゲーム展開になって、ディフェンスもオフェンスも修正出来て、今日みたいな点差のゲームが出来たんだと思います。坂本と後輩たちが頑張ってくれました。今、チームには飛びぬけたプレーヤーが居ないので、みんな一人一人が自分の仕事をやっていくことが大事だと思っています。(次の試合に向けて)次の試合も大事な試合なので、これまでのミスをつぶして、今日のようないい流れで勝ちたいと思います。

・堰合(済4・東海大菅生)
(今日の試合の感想)両方とも2敗していて、厳しい展開。それだけにいいプレーをしても気を引き締めた。前半はQBがビデオとは違っていたので受け身になって前に行けなかった。だけど、そこで我慢して何とか最少失点に抑えられた。後半は切り替えてディフェンスをした。それが後半に相手のオフェンスを止められた要因。(第2Q、エンドライン目前の相手の攻撃を止めた)DL、LBが押されたら負けるところで抑えてくれた。DL、OL両面で出ている人もいる中でよく頑張ってくれた。前半に崩れなかった要因の一つだと思う。(若手について)厳しいことも言うようにしているけどついてきてくれているのでありがたい。部の中で競争ができている。長嶺は勇気を持って前に行けている。あとの3人の1年生LBもよく盛り上げてくれた。(次戦に向けて)武蔵大は春の合同練習で抑えられていて、個人的には完敗だった印象がある。ただその時は1年生がいなかったし、レベルアップもしている。しっかり勝ちたい。

・坂本(理4・浦和学院)
(試合を振り返って)今シーズンは、オフェンスがあまりタッチダウンを奪えていなかったので、収穫のある試合だった。(2タッチダウンを奪ったことについて)一試合に2つタッチダウンをすることは、初めてだった。チームに貢献できてよかった。(フォースダウンにギャンブルが多く見られたことについて)オフェンスから流れを掴もうとしていた。勝負所で、ランやパスが決まったことで流れを掴めた。(次戦に向けて)負ければ3部との入れ替え戦、勝てば1部との入れ替え戦が近づく大事な試合。何としても勝利したい。

[次回試合予定]
10月12日(土)11:00~
駒沢第二球技場にて 対武蔵大

TEXT=小泉真也 PHOTO=小泉真也/西川諒/宮崎幸
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。