東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/08

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[アイスホッケー]日大に辛勝 白星挙げるも課題が残る 

平成25年度関東大学アイスホッケーリーグ戦
9月29日(日) DyDoドリンコアイスアリーナ
東洋大3-1日大

[ゴール・アシスト]
39:19 人里(今野、今村)
40:40 澤崎(高見、川口)
50:24 人里(堀内)

20130929hockey澤崎(撮影者・小野)
今季初得点となるFW澤崎主将のゴールで逆転

20130929icehockey今野(撮影者:小俣)
FW今野は慎重なプレーで後半ゲームを立て直す

20130929icehockey人里
2得点を挙げ、チームを勝利に導いたFW人里

 確実に勝ち取りたい日大戦だが、1ピリ序盤で失点し、その後もゴールチャンスをものにできない。2ピリ終了間際、FW人里(社1・白樺学園)のゴールでようやくチームが勢いづく。その後どうにか巻き返しを見せ、3対1で苦戦を強いられるも今季2勝目を挙げた。

 試合開始直後から攻めの姿勢でゴールに向かっていく東洋大。しかし開始3分、パスがつながらずに取りこぼしてしまったパックを、相手にゴール前へ持っていかれ、GK山口(社4・駒大苫小牧)はすきを突かれた。開始早々に痛い失点となってしまう。一刻も早く得点を決めたいものだが、日大の守りも堅かった。果敢に攻めかかるものの、すぐにパスを奪われ、なかなか相手のゴール付近に運ぶことができない。そして訪れた2度のPP(パワープレー)ではDF陣が次々にロングシュートを放つが、ゴール枠に入らず、PPの好機を生かせないまま1ピリを終えた。
 2ピリも相手の守りを打破できず、苦しい時間が過ぎていく。猛攻を仕掛けるも、あと1歩のところでゴールが入らないという歯がゆい状況が続く。しかしそこで流れを変えたのはFW人里だった。2ピリ残り時間19秒のところでFW今野(社2・清水)が放ったシュートがGKにより阻まれるが、FW人里がうまくリバウンドを叩き入れ、待望の得点を挙げた。
 続く3ピリでは、開始40秒でFW澤崎主将(社4・武修館)がゴール前に出たパックをすくい入れ2点目を決め、チームに勢いを与えた。その後PPのチャンスでは、DF堀内(社3・八戸工大一)が惜しくも止められたシュートを、またしてもFW人里がリバウンドに反応しゴール。チームの勝利に大きく貢献した。3ピリ終盤ではさらに攻守の入れ替わりが激しくなり、緊張の場面が続いた。SH(ショートハンド)のピンチを迎えるものの、GK山口のナイスセーブで切り抜け、そのまま試合は終了。3対1という大差はない得点だが、今季2つ目の白星を挙げた。

 今試合ではシュートの決定率が低く、前々からの課題である得点力不足が浮き彫りとなった。そして、昨年までは大差をつけ快勝できていた相手に苦戦したことから、鈴木監督は「明大戦を終え、選手たちの気持ちのどこかにすきができてしまった」と振り返った。気付かないうちに気持ちがゆるんでしまったのかもしれない。今後のリーグ戦では一戦も油断はできず、東洋大らしい走るホッケーをしていかないと勝利はつかめないだろう。1試合1試合の経験を糧にし、今後もリーグ戦を戦い抜く。

■コメント
・鈴木監督
(試合を振り返り)満足のいく内容ではなかった。明大戦が終わったところで一段落したというか、選手たちの気持ち的なところですきが出てきてしまったのかな、と。絶対勝たないといけない試合を勝てたということはよかった。(日大の印象は)しっかりとした守りから、いいカウンターをしてくるという印象を持った。(チームに足りない点は)選手たちは一生懸命プレーしていて、戦術も理解してプレーしようという意識も高いが、その先にあるものは、もっと自分たちで物事を起こしていくということ。監督、スタッフが言うことをやるだけでなく、もっともっとトライして、楽しんでプレーしてほしい。(次戦に向けて)慶大はしっかりした守りからのカウンターという日大に似たチームだと思うので、今日の反省点を生かし、スタートからいい試合にしていきたい。

・FW澤崎主将(社4・武修館)
(今日を振り返って)立ち上がりから僕のセットで失点しまって、悪い流れだったが最終的には勝ててよかった。(ペナルティが少なかったが)今までスティックを使った反則が多くて、足を動かせば回避できるものがほとんどだった。足を動かすことを頭に入れてプレーした。(今季初得点について)秋リーグが始まって、まだ得点を挙げていなかったので、どんな試合でもゴールは決めたいと思っていた。入ってよかった。(悪い流れを断ち切るために)総監督、監督、コーチに、ゴールに向かってパックを集めるように話があった。(今日のチームは)よかったとは言えない。少し準備不足だったのかなと。しかし、3ピリはよかった。(次回に向けて)次は新横浜での慶応戦である。いい準備をして挑んで、勝ち点3を取りたい。

・DF堀内(社3・八戸工大一)
(今日の試合は)全体を通して内容的にはよくなかったが、結果的に勝ってよかった。(立ち上がりについて)気持ちは入っていたが、それが空回りしたのか、普段の力が出せていなかった。2ピリから気を付けていこうという話をしたので、それ以降はよくなっていったと思う。(多くの攻撃に絡んでいたが)チャンスがあったら決めたいと思っている。DFだからといって点数を取らないというわけではない。そういった気持ちがプレーに表れているのだと思う。(次の試合に向け)内容的には今日の試合はよくないので、1週間でコンディションを上げていって、今までの試合よりもいい試合にしたい。

・FW今野(社2・清水)
(今日を振り返って)内容は悪かったが、3ピリは立て直していいプレーができた。勝ててよかった。(ペナルティが少なかったが)前日のミーティングでビデオで確認し、みんなで反省した。そのこともあって、徐々によくなってきていると思う。(アシストについて)今日のテーマはハードワーク。どんどんゴールへ向かうというのがチームのテーマだったので、僕もスコアしたかったが、アシストという形で絡めてよかった。(序盤について)1ピリは、いつもと違うプレーをしていて、相手ゾーンでプレーできなかった。それを改善して2ピリからいつも通りの東洋のホッケーができた。(次回に向けて)個人的にはまだゴールしていないので、FWとして責任を果たして、チームにいい流れを持っていきたい。もう負けられないので、勝ち点3をみんなで取りたい。

・FW人里(社1・白樺学園)
(試合を振り返り)相手に合わせ過ぎていて、いい流れに持っていけなかった。1ピリは僕らにとって最悪のピリオドだった。その後からは立て直そうという意識を持って臨めたので2ピリからは少しずつは変われたと思う。あとはGKに助けられて、失点は1点ですんだ。(山口)蓮さんに感謝したい。(2得点挙げたが)たまたまゴール前に詰めていてリバウンドが来て、それを決めるだけだった。僕はそんな体が大きくないし、パックに対する反応だとか、コーナーでの強さとか意識して練習に取り組んでいるので、それが試合にも出せているので自分にとってはプラスにもなっているし、自信にもつながっている。(次の試合に向けて)やることはいつも一緒なので、走って走ってチェックしてゴールに向かう姿勢を出していければ負けないので。勝つしかないので、頑張ってやっていきたい。

TEXT=佐藤真理 PHOTO=小野紗由美、小俣勇人、田井早希恵
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。