東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/03

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[少林寺拳法]伸び悩むも望みは来季へ 

第46回少林寺拳法全日本学生大会
11月4日(日) 於:日本武道館

本戦入賞
◆男子単独段外の部
3位 樺木
◆女子二段以上の部
6位 有馬・本間ペア

 今季を締めくくる、第46回全日本学生大会が日本武道館で開催された。10部門でエントリーするも本選に進んだのは3部門。そのうち2部門で入賞を果たすが、5月の大会と比べ、内容にも物足りなさが残る結果だった。

 男子団体は6位以上の入賞にはほど遠く、12位で終えた。前回大会ではこの部で初入賞し、また個人優勝を含む5部門で表彰と、いい成績を残しただけにより悔やまれる。その個人では単独段外の部で樺木(文2・清教)が3位に終わった。今季の大会で2連覇中と演武にも勢いはあったが、今回の結果を受けて樺木の表情が晴れるはずもなかった。女子2段以上の部では有馬(文4・韮山)・加藤(法3・熊谷西)組が息のあった演武を披露するも6位という結果で終わった。実力のある二人にとって、満足のいく成績ではない。
 そんな有馬や金子主将ら4年生は今回が最後の大会だった。勢いは出せた。「やり切った」と主将の金子(法4・志学館)は言う。だが1、2年生は樺木を除いて今のところ結果を残せていない。後輩をどのように育成していくか。今回の結果は一つの課題を突きつけた。先輩たちの夢を引き継いで、これからじっくりと新体制が築かれる。部の目標である優勝は来季に持ち越された。


■コメント
・金子主将(法4・志学館)
(今回の団体における結果について)優勝するつもりで来たので、この結果は本当に残念だった。個人的にはやり切った感じがある。あとは後輩たちが自分の夢を引き継いでくれることを期待している。(後輩たちの姿は)学年によって印象は変わるが、3年生は力をつけてきたように感じる。まだ足りない部分はあるが、自分たちの後を任せられる存在になってきた。1年生はまだまだなので2年生が先輩としての姿を見せてくれると僕らは気持ちよく引退できるなと思う。(今後は)これが最後の試合、少林寺拳法からはもう引退する。後輩たちにはこれからなんとか東洋大が盛り上がるように頑張ってほしいと思う。

・有馬(文4・韮山)
(今回は)残念な結果だと思う。(二人での演武について)目線は常に相手(加藤)を見る。特に攻撃するときは攻撃する場所を見ずに。少しでもズレたときはお互いのコンビネーションでどうにかなるように練習を積んできた。(これからは)私はこれで引退だが、後輩はまだまだ伸びしろがあると思うので、今の3年生たちにはみっちり指導していってほしいと思う。

・加藤(法3・熊谷西)
(6位という成績は)すごく上を目指していたので、残念な気持ち。(今後は)今までは自分のことで精一杯だったので、後輩をもっと見ていこうと思う。

・樺木(文2・清教)
(個人3位という結果は)悔しい。5月の関東学生大会と9月の新人戦、それと今回の大会で三冠を狙っていたので。(自分に足りなかったのは)ひとえに練習不足。予選で周りを見たときに接戦になるなと感じた。2位の人は前回大会で6位だった選手。なのに1ヶ月で追い越されてしまった。そのときに怪我をしたことで、気持ちに余裕がなくなってしまったということもある。(次の大会では)おそらく段を取れると思うので、有段の部での出場になる。そうなると今までのようにはいかない。それに見合う努力をして、何の部に出ても結果を残せるようにしていきたい。

TEXT=西山公介
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。