FC2ブログ
 

東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2020/06

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

[陸上競技]高畠競歩 4人が好タイムを記録!! 

第51回全日本50㎞競歩大会
10月28日(日) 山形県高畠町中央通り

一般男子20kmの部

4位 松崎 1:23'47
6位 沓名 1:24'54
7位 菅野 1:24'58
13位 原田 1:28'20
DNF 西塔

20121028rikujo松崎
松崎は4位に入賞した

20121028rikujo沓名
序盤から積極的なレースをみせた沓名

20121028rikujo菅野・原田
管野(左)と原田も自己ベストを更新した

 競歩部門の5人が全日本競歩高畠大会に出場し、3人が入賞する健闘を見せた。

 序盤から5人とも集団の前方につけレースを進める。特に西塔(済2・広島商)は、鈴木(富士通)と交互に集団の先頭を引っ張っていく。そのすぐ後ろを沓名(済1・豊川工)がつけ、少し離れた第2集団から松崎(総2・富山商)、管野(法1・白河旭)、原田(済1・南宇和)が前を追った。松崎は後半に入ると着実に順位を上げていく。終盤まで勢いを落とさず歩ききり、今大会での東洋大最高順位の4位でゴールした。さらに沓名は前半から「思い切って先頭について高いレベルで勝負しようと思った」と話すように、攻めの歩きで一時は西塔の前に立ち、積極的なレースを展開する。終盤は、前半の疲れからか徐々にペースを落としたが、6位入賞を果たした。また管野は集団から離れた後、一時は前と間を空けられるも粘りをみせ、沓名に次ぐ7位でのゴールを果たした。2度目の20㎞競歩となった原田は後半に入ってから少しずつペースが落ち、後退してしまう。だが自己記録を7分以上も更新し、練習の成果を発揮した。一方、西塔は前半は順調に先頭でレースを進めていたが、10㎞過ぎから急に足に違和感を感じ、一気にペースダウン。その後、佐藤コーチからの指示でレースを途中で終えた。
 今大会では歩ききった4人が「良かった」と振り返るレースを展開し好タイムを記録を出した。また松崎、沓名、管野は入賞を果たすなど、改めて競歩部門の力強さを見せつけた。今後も競歩部門は各大会で力強い歩きを見せてくれるだろう。

■コメント
・佐藤コーチ
今日はユニバーシアードのタイムがほしいというところだったので、1人(松崎)がクリアできて良かった。西塔に関しては、レースの途中で急に調子がおかしくなってしまったので、こちらから指示をしてやめさせた。(競技を続けたことにより)けが等を長引かせるわけにはいかないので、今回はやめるという策をとった。しかし今大会は3人が表彰台に上がることができ、力があるということを改めて認識することができたと思う。今後もしっかりとやって結果を出していければ良い。

・松崎(総2・富山商)
自己ベストを絶対出そうという気持ちで臨んだ。先頭がどんなに早くいっても自分のペースで歩こうと考えていたので、最初から先頭とは距離が開いていたが自分のペースでいけば後半必ず勝負できると思っていた。(途中、単独でレースする場面もあったが)先頭も何人か落ちてくることはわかっていたので、焦らず自分のペースでやればいいかなと思っていた。(夏を終えて)夏は長い距離を踏んで去年よりもだいぶ練習できて、スキル的にも成長したと思うし、精神面でも自信がついていたので調子はよかった。タイムはベストから1分20秒ほど更新したし、世界選手権のA標準も切れたのでよかった。(収穫は)去年の高畠から1年間やってきて、早いペースでも持続できることがわかった。でも強い人はラスト5kmから上げるが、今回はラスト5kmが一番遅かったので、そこを課題として取り組んでいけばさらに1分ほどは縮められると思う。次の20kmのレースは2月の日本選手権だが、それまで時間があるので長い距離を歩き込んでしっかりやっていきたい。

・管野(法1・白河旭)
20㎞競歩は今回が初挑戦だった。レースは序盤から前についていくという展開だったので、良いペースでおしていくことができ、目標としていたタイムよりも良いタイムを記録できた。(レースの中身に関しては)前半の10㎞も後半の10㎞も、自分の10㎞競歩の自己ベストよりも速いタイムで歩けた。自分としても良いレースが出来たなと感じている。(今後は)来月に記録会があるということみたいなので、そこに出場したいと思う。

・沓名(済1・豊川工)
目標が1時間28分以内だったがタイムが予想以上によかったので、練習でスタミナ強化を意識してやってきた成果が出てよかった。(レース展開について)関カレと全カレで弱気なレースをしてしまって自分の持ち味が出せていなかったので、思い切って先頭について高いレベルで勝負しようと思った。(課題は)10kmを過ぎてから呼吸はあまり苦しくなかったが、ペースダウンしてしまった。体がきつくてまだ筋力が足りないと思うので、全体的な筋力アップとスタミナをしっかりつけて、もう一つ上で戦えるようにしていきたい。(初めての20kmは)レース前は長いなと思っていたが、実際歩いてみたら意外と短くてよかった。(次のレースは)はっきりはわからないが元旦に多分出ると思うので、1時間24分を切って、松崎さんや西塔さんに近づけるようにしたい。

・原田(済1・南宇和)
1時間30分を切ることが最低目標だったので、前半貯金を作るということを意識していた。前半はいいレースができたが、後半があまりにも時間がかかりすぎたので、そこが課題。20kmは2回目の挑戦で、その時よりは7分もベストが更新できたのでそこは嬉しかった。(収穫は)最初の10kmでベストタイムが出たことが嬉しかったが、そこからの追い上げが強い選手はできるので、そこを意識して1年生の2人に追いつけるように頑張っていきたい。(次のレースは)11月の後半に富山で1万m競歩の記録会があることは耳にしているが、まだどうなるかわからないので一応は元旦競歩。そこで1時間25分を目指して頑張りたい。

TEXT=生田目桃子 PHOTO=庄司奈央、生田目桃子
スポンサーサイト



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: