FC2ブログ
 

東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2020/06

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

[陸上競技]トラックレース開幕!五大学は2年連続2位 

第6回関東私学五大学対校陸上競技選手権
4月11日(日) 平成国際大競技場

総合2位 東洋大47点
最優秀選手賞 設楽啓

◆800m
5位 平形 1'56"13
6位 神藤 1'56"28
10位 若林 2'01"39

◆1500m
3位 設楽悠 3'55"63
7位 日下 3'58"78
11位 石田 4'05"16

◆3000m障害
1位 小池 9'02"32 大会新記録
5位 畑 9'15"84
8位 土屋 9'32"76
12位 蓑和 9'55"91

◆5000m
4位 佐藤寛 14'22"21
9位 冨岡巧 14'45"27
10位 山本憲 14'57"49
11位 鴛海 14'59"47

◆3000mプレミアムレース
1位 設楽啓 8'07"38 大会新記録
3位 柏原 8'14"64
DNS 宇野

◆5000mオープンレース
1組
1着 郷 14'48"85
2着 池田 14'59"36
16着 安藤 16'01"04

2組
2着 大津翔 14'28"64
3着 大津顕 14'31"28
4着 今井 14'36"68
9着 川原 14'57"75
DNS 佐藤智

小池2
ルーキー小池の3000m障害での貫録の走り

柏原と設楽啓
3000mプレミアムレースの設楽啓(左)と柏原

 今大会は長距離部門のトラックシーズン開幕となった。五大学の対校戦で、短距離部門の選手とも力合わせ優勝を狙い戦ったが、昨年同様城西大に次ぐ2位となった。また、大学レースのデビューを果たした設楽啓(済1・武蔵越生)が実業団選手を含む3000mプレミアムレースを学生トップでゴールし、優秀選手賞を獲得した。

 ポイント制によるため各レースが大切となる。800mのタイムレースでは2組目で短距離部門の平形(ラ3・新島学園)が後方からせめたのが功を制し、5位に入賞。1500mでは800m付近で飛び出した設楽悠(済1・武蔵越生)が城西大の選手のラストスパートで離れるも、3位に食い込みチームを支える。
 3000m障害ではルーキーの小池(済1・佐野日大)がみせた。もともとインターハイ6位入賞の経験を持つ3000m障害のスペシャリストが、1200mを過ぎて1人飛び出し、独走状態を作り上げてそのままゴール。大会新記録を樹立し、幸先のよい大学陸上界のスタートを切った。
 本来長い距離を得意とする東洋大だが、対校戦の部の5000mでは思うように振るわない。スタートから山本憲(済3・遊学館)が引っ張るがだんだん失速してしまう。800mを過ぎて佐藤寛(済3・酒田南)が外側から先頭に出てくる。中盤に差し掛かると先頭が頻繁に変わる中で佐藤寛は食らいつく。しかし、3000mで城西大の選手のかけたロングスパートについていけない。2、3番争いのし烈な争いの中、4番手の選手にかわされ、そのまま5位でのゴールとなった。
 期待の新人・設楽啓は、今年から対校種目となった3000mプレミアムレースを学生トップで走り抜けた。実業団選手も含まれる中、レース序盤は柏原(済3・いわき総合)が引っ張るが1000m過ぎから失速し、先頭から遅れる。設楽啓は中盤から徐々に順位を上げてゆき2000mを過ぎて柏原をかわし、実業団選手につきそのまま3着。学生トップであったことから今大会の優秀選手賞を受賞した。
 今大会がトラックシーズンの幕開けとなり、ルーキーの活躍が目立つ中で上級生の走りには課題も見えた。来月には関カレも控えているため、これから1ヵ月のメンバー争いはし烈になるだろう。首脳陣にいかにアピールできるのか、各選手のこれからの走りに期待がかかる。

■コメント
・酒井監督
今回の大会は新入生がよく走ったが、一方で2年生以上に課題が多く残った。現時点からどう取り組むかが重要であるため、各自修正をしていく。前半のメインの関カレや各自のトラックでも自己ベスト更新を狙いながら今年度の目標達成につなげていきたい。

・谷川コーチ
上級生の頑張りが少し足りなかったかな。(対抗戦の部の)5000mでももう少し頑張ってほしかった。(1年生が活躍していたが)小池も設楽啓も勢いを見せてくれたので、上級生もうかうかしていられないな。良い刺激をもらったのではないかと思う。
(現在のチームの状況は)故障者も大分減ってきて、春のシーズンに向けてというところまではきている。今回のレースも関カレの選考の一部でもあるからね。大津翔や大津顕などの5000mオープンレースで良い走りをしていた選手が日体大の1万mにも出場するので、頑張ってくれると思う。

・小池(済1・佐野日大)
今日は調整なども何もしていない中で、大会新記録を出せたのと、セカンドベストが出たので上出来かな。もともと高校時代から3000m障害を主として走っていたので自信があった。いい形で大学でのレースのスタートが切れて嬉しい。早く結果をのこせるようにしたい。
大学生活は、まだやっぱり朝早く起きたりするのが大変だが慣れていきたい。3大駅伝や、箱根V3に貢献できるような選手になりたい。

・設楽啓(済1・武蔵越生)
前半は良かったが、後半は足の疲れが出てきてしまった。タイム的には悪くないので、次につなげていきたい。(柏原選手を抜かしたが)それは嬉しかった。大学に入って初めての大会だったが、やはり出だしが大事なのでいい出だしが切れて良かった。練習も最近積めているので関カレや、5月の世界ジュニアなどに向けて頑張りたいと思う。

TEXT=田村由真 PHOTO=溝井由佳里
スポンサーサイト



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: