東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/06

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[特集:陸上競技]第86回東京箱根間往復大学駅伝 特集2 

陸上競技部長距離部門  箱根駅伝特集2

3年生カルテットインタビュー

箱根駅伝特集第2回
今回は前大会を当時2年生で箱根路を経験し、復路で安定感のある好走を見せ初優勝に貢献した富永光選手、千葉優選手、大津翔吾選手、高見諒選手の3年生カルテットに現況や心境などをうかがいました。

陸上 カルテット
仲の良い3年生(左から高見、富永、大津、千葉優)

――では箱根を前にして、ここにいる4人それぞれの走りや現在の状態などを分析してください。
・千葉選手について
高見(以下、「高」)「優くんは練習だといいけど、大会になると勢いが足りないよね。」
富永(以下、「富」)「でも、なんだかんだで(東洋大内では)上位にはいるよね、調子悪くても!」
千葉(以下、「千」)「重要なときにはずすけどね……。」
大津(以下、「大」)「一線越えれば、すごいと思うんだけどな。」
高「俺は今年の箱根で、一線越えたと思ったけどね(笑)」

・大津選手について
高「おおちゃんは、やるときやってくれるから、安心するよね。けがもしないし!」
千「大会とかびびらないの?結局、余裕な顔で走っちゃうけど。」
大「びびるし!ただ自分のペースで走っているだけだよ。」
高「弱音はよく吐いているけどね。でも自分の力がわかっているから、高望みしないで、自分の走りをすればいいということじゃない。」
富「頼もしいな。」
大「今、それ以上を求められて、困っているんだけど……。」

・富永選手について
大「富永は最近、調子悪くてもがいているよね。」
富「夏合宿とかはそこそこだったけど、10月辺りから死亡だったね。」
大「いきなりだったからね。朝練であんなにたれると思わなかった。」
千「でも、頑張っているよね。」
高「練習での安定感はないけど、大会だとそれなりに走っているよね!」
富「確かに去年もそんな感じだったかも。」

・高見選手について
富「高見こそ安定だよね。なんか安心できる。」
千「人のこと気にしないしね。」
高「人を気にしちゃだめなんだよ。」
大「今年の夏は、例年以上に練習積めたしね。いい調子のままいけるんじゃない?」
高「これからが怖いなあ。」

――全体的に3年生の雰囲気は?
高「活発な感じじゃないよね。落ち着いた子が多い気がする。」
大「下がうるさいからね!」
富「来年が大変だな(笑)」
高「静かな、おとなしい学年です。マイペースだよね?」
大「本田を先頭ね。でも本田は先頭というか、脇を走っている感じ?」
富「違う路線にいってるよね。なんかはずれてる!」

――今回エントリーされた同じく3年生の本田選手は?
高「かっちゃんも安定感があるね」
大「でも思い切りがちょっといまいちだよね」
高「監督が「お前の走りにはパンチがねぇ」って言っていたよ」
富「あれだけ練習できてたらもっと走れるはずでしょ?」
高「だからいつも無難じゃん。パンチがないって。」

――2年生はどうですか?また3年生と比較するとどうですか?
富「……生意気。」
大「まぁ柏原は強いんじゃない?(笑)」
高「何、上から目線!(笑)」
富「2年生は勢いがあるよね。周りが乗っているから、学年として乗っている気がする。」
高「対抗意識が強いじゃん。だから余計乗っているんだろうね。」
大「もともと素質があるから、練習でつないで来てて今きてるね。」
高「でも安定感は無いよね。まだタイムの強さじゃなくて、タフさの強さがいまいちかもね。」
千「無いけどなんか、レースでは走れているんだよ。」
富「それはあるかも。」
高「でも俺らには無い勢いがあるよね。俺らは誰かがポーンて出ても、おお行ったんだって思うけど、おりゃー!って追いかけていくやつはいないよね。」
大「あぁ頑張れ。みたいな感じ(笑)」
富「いや、俺思っているよ!思っているけど…。」
千「なんか空回りするよね(笑)」
富「とりあえず、高見と大津を常日頃からぶっ倒してやろうと思っているけどさ。」
高「頑張ってくれよ。」
大「早くしてよ!逆に俺ら待っているから。」
富「早くするわ、まじ。」
高「逆の意味で追いつかれちゃうかもしれないからね。」
大「早く来てくれないと3年生がいなくなっちゃうからさ!俺らしかいないから……。粘っているけどね?」

――昨年の箱根前との意識の違いなどは?
20090103tiba-otu.jpg
千葉優から大津へのタスキリレー(09箱根駅伝より)

高「やっぱり俺は2年生から3年生になっての責任感を感じるよ。」
富「去年は先輩に頼っていた部分がかなりあったからね。」
高「今年はどっちかって言うと頼られるじゃん。」
千「なんか、やりづらくなった感じがする。」
大「はずせない感じ……。」
高「ましてや重要区間を任されたら余計、頼られちゃうからねぇ。やっぱり去年と違うよね。他はみんなどう?」
千「経験者だからって走れるだろうっていう偏見が嫌なんだけど……みんなわからない?」
高「優くんはそのプレッシャーを感じているんだよね。」
千「そう、なんかそれって別じゃない?」
高「でも、練習はできているし、大会もそれなりに走っているから選ばれている訳よ。」
大「無になって走るんだよ。大丈夫、優は。」
高「何かつかんだ?(笑)無になればいいんだよ。周りは気にしないで。」
大「後、今回は前回優勝したからって言う周りの人の期待とかも大きいよね……。」
高「優勝する気はあるけど、そこまでガツガツしてないです。優勝しなくちゃダメな雰囲気になっている。」
大「シード権取れれば十分。」
富「まぁしたいけどね、優勝。」
千「めっちゃしたいけど、そこまで考えたくない。考えるとだめな気がする。」
大「シード権取れればいいじゃん。」
高「最低ラインを考えておけば、気持ち楽に走れるんだと思う。でもそのネガティブ発言は去年もそうだったよね?」
富「ネガティブだったねえ。」
大「だって去年はあの順位(1位)できたらあれで渡さなかったらまずかったでしょ!抜かれる所が雑誌の表紙になっちゃっていたよ。」
高「いいじゃん(笑)」
大「嫌だ。」
高「でも、そんなのネガティブも口だけ(笑)なんだかんだ優勝はしたいんだよ。」
大「まあ、そういうことにしておこうか(笑)」

*おまけ*
――普段の生活面などはどうですか?

高「俺以外、みんな部屋汚いよね!」
富「それは認める。(記者を含め)絶対この6人の中で一番きれいだから!」
大「雰囲気がきれいだよね、もう。」
千「おしゃれ、おしゃれ!」
高「まず、洗濯物をきっちりたたもうよ!」
大「また着るじゃん。」
高「それが部屋の隅に山になってて、見栄えが悪いよ。最近、一番ひどいと思ったのおおちゃんだからね!」
大「山になってないし!」
富「よくあるパターンだわ……。」
高「優くんは努力しているからね、最近。」
大「俺と変わらないよ!」
千「でも、ちゃんとインテリアとか見ているよ。」
富「部屋はこんな感じかな。」
大「なんで部屋の話したの?」
高「言いたかったから(笑)。」

終わり

聞き手=田村由真、吉田早紀
※この取材は酒井監督のインタビュー同様、11月21日(土)に行いました。

■選手紹介
▼富永光
陸上 富永
法3・倉敷
176㌢/55㌔/B型
1988.11.25
5000㍍:14分37秒32/1万㍍:29分44秒06
前回大会では山下りの6区を担当。レース直前のエントリー変更だったが、それを感じさせない走りをみせた。今期は秋まで調子を崩していたが、11月末の学連記録会と12月初旬の川口ハーフの好走で復調をアピールし、今年もエントリーを果たした。箱根では再び山を下るのか、注目が集まる。

▼千葉優
陸上 千葉優
工3・盛岡南
170c㌢/57㌔/O型
1988.12.17
5000㍍:14分29秒91/1万㍍:29分45秒30
前回大会は早大との接戦が激しかった8区を走りトップを奪取した。今期はロードを中心にレースに出場。しかし全日本では5区区間13位と思うような走りが出来なかった。箱根では全日本でのリベンジの走りが期待される。

▼大津翔吾
陸上 大津
済3・東農第三
167㌢/52㌔/O型
1988.11.22
5000㍍:14分16秒84/1万㍍:29分14秒66
前回大会は裏の2区とも呼ばれる9区を走り、計算されたレースで優勝を確信させる活躍を見せた。今期もその勢いは止まらず、関カレのハーフマラソンで4位入賞。全日本ではアンカーを任され、東洋大史上最高順位でゴールした。今回の箱根路でも重要な区間を任されるのは確実だ。

▼高見諒
陸上 高見
工3・佐野日大
171㌢/55㌔/O型
1988.6.25
5000㌢:14分12秒52/1万㍍:29分13秒00
前回大会の初優勝のゴールを切った高見は、今シーズンも好調だ。出雲ではアンカー、全日本では4区を、持ち前の安定感のある走りで好走をした。箱根路でもその安定した走りでチームを支える走りを見せるだろう。

---------------------------------------------------------------------------------------
次回「箱根駅伝特集3」は、1月1日(金)に、第86回箱根駅伝の展望を掲載する予定です。
また今月29日には区間エントリーの速報も更新いたします。
そちらにも、どうぞ注目してください!
---------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。