東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/04

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[陸上競技]箱根に向けて最終アピール 学連に続き世古、富永が好走! 

第28回川口マラソン大会
12月6日(日) 川口市立青木町公園総合運動場

ハーフの部
1位 世古 1:04'40"
2位 富永 1:04'55"
3位 柿本 1:05'05"
4位 横山 1:05'11"
5位 齋藤 1:05'19"
6位 川原崇 1:05'21"
8位 安田 1:05'37"
9位 小田切 1:05'49"
10位 上 1:05'51"
11位 渡邊 1:05'56"
12位 佐藤寛 1:05'56"
13位 千葉貴 1:06'05"
14位 岸村 1:06'16"
15位 藤野 1:06'18"
16位 川原卓 1:06'34"
17位 西山 1:06'52"
18位 佐藤智 1:06'55"
19位 山本憲 1:06'59"
20位 西澤 1:07'00"
21位 鴛海 1:07'03"
22位 笹田 1:07'04"
23位 高山 1:07'40"
25位 鈴木 1:08'21"
26位 今井 1:08'24"
27位 守田 1:08'50"
28位 橘 1:09'04"
29位 若林 1:09'07"
30位 池田 1:09'51"
31位 冨岡亮 1:10'23"
32位 石原 1:14'02"

091206rikujo世古
自己ベストを出した世古

 特別招待の枠で出場した東洋大。今大会は、学内での箱根駅伝エントリーメンバーの選考としては、最後のアピールの場となる。そんな中で、学連記録会に引き続き世古(工4・相可)、富永(法3・倉敷)が好走をみせた。

 スタート直後、東洋大勢は先頭集団を形成。そして5kmを通過したところから、世古が前に出て集団を引っ張る。レース中盤、富永が何度も前に出ようとするも、しかけきれない。残り5kmでペースを上げた世古が、そのまま逃げ切り1位でゴール。自己ベストを更新し記録、内容ともに満足のいく結果を出した。続く富永も2位でフィニッシュ。学連記録会から続く好調をアピールした。
 また、今回が初ハーフマラソンとなった柿本(済1・上野工)は、1年生ながら3位入賞。ラスト4kmからの粘り走りのが好記録につながった。
 佐藤寛(済2・酒田南)、渡邊(済1・白鴎大足利)は練習の一環として参加。設定タイムよりも良く走れ、さらに佐藤寛は自己ベストを更新した。
前回の上尾ハーフに比べて天候もよく、自己ベストを出した選手も多かった。また、1、2年生はハーフマラソンに初挑戦した選手も多く、得る物の多い大会となった。この結果から「チームの底上げはできている」と声をそろえるコーチ陣。箱根で勝負できる集団へは、確実に近づいていると言えそうだ。

■コメント
・酒井監督
上尾と比べると天候もよく風もなかったし、走りやすい環境だった。世古は1時間4分台で自己ベストも出たし、富永もなかなかのタイムだった。柿本、横山、斎藤までは評価できるかな。この辺りだと力の差がほとんどなくなってきていて、底上げはできている。
また、渡邊と佐藤寛は練習の一環だった。その中でも設定タイムより良かったし、佐藤寛は自己ベストだったので評価できる。
今回は1年生が力を見せたが、箱根で使えるかを考えるとまだかな。ハーフは経験してわかるところがあるので、場を踏ませていきたい。
(エントリーの選考になるレースだが)これまでの練習などと総合的に評価して決めたい。現時点より3週間後に鉄紺のタスキリレーができるのかは、勝負勘やレース内容などを考慮して、エントリーなども考えて行きたい。

・佐藤コーチ
天候が良かったので、思ったより各選手のタイムが出るレースだった。後はこのメンバーの中から、選んでいくと思う。今回は1年生が頑張っていた。柿本は3番に入っているし、斎藤も評価できる。初めてのハーフに出場した選手も多かった中で良かった。
上級生は力通りな感じかな。それは仕方がない。
チームの状況は今一つ。悪くはないが、決して良いものではない。まだ足並みがそろってないから、3週間後に勝負できる形になれば。
(これから箱根に向けては)まだオーダーが決まっているわけではないから、何とも言えないがやるしかない。チームの底上げは出来ている。箱根で戦っていけるように、各選手が機能できるようにしたい。

・世古(工4・相可)
(今日のレースは)暑かったので、(1kmを)3分1秒から2秒ぐらいのペースで押していけたらいいかなと思った。先週の学連記録会の結果がよかったので、そのまま上位に食い込めればという感じで走った。5kmぐらいから前に出て、自分のペースで引っ張った。中盤、他の選手に前に出られたりしたけど、最終的に自分が20km近く引っ張って最後までいけたので充分。
(今回のレースではきつかったところは?)相手についていくというより、自分のペースで引っ張っていけたので、あまり辛さを感じず気持ちよく走れた。
(調子は)学連記録会でも走れていて、練習でもある程度上がってきているので、調子はよいかな。
(自己ベストだったが記録的には満足?)自分達で引っ張り合って、その中でタイムが落ちずに最初(の1kmを)3分2秒ぐらいで入って、あとは3分5秒ぐらいで押し切れた。そして最後の5kmもきっちり上げられたので、タイムだけではなくレース展開も含めて満足している。
(今日のレースは箱根に向けて)よいアピールになったと思う。自分はスピードで最初から押していくタイプなので、箱根ではそれを活かした走りをしたい。

・富永(法3・倉敷)
練習のつもりだったが選考レースになったので、上位を目指して走った。最初はいいペースだったからそれについて行ったが、途中で遅くなったから自分で引っ張って行こうと思った。
先週の学連記録会から少し疲れてはいたが、調子は悪くはない。
このレースが箱根の最後のアピール。まだ入れるかわからないが、アピールは、まあできたと思う。
記録も、4分台が出るとは思ってなかったからよかった。ただ、1万の時(学連記録会)と同じような展開で世古さんに負けたのは悔しい。何回もしかけたが、しかけきれずに最後スパートされてしまった。ラストは最低限には粘れたが、スパートの切り替えがまだできていない。ラストの切り替えができるように意識して練習していきたい。

・柿本(済1・上野工)
今日はベストを尽くそうと思って走った。最初は前に出ずに集団の中にいた。無駄な力は使わずに、温存しようと思った。ラスト4kmで前の2人がペースを上げて、そこで対応できなかった。けど、離れて1人になってから粘れたと思う。そこまで暑さは気にならなかった。(初ハーフは)長かったけど、自分で思ってたよりは、いいタイムが出せた。(今後の大会は)来週の平国記録会が最後です。

TEXT=吉田早紀 PHOTO=芳原汐美
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。