東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/06

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[陸上競技]10000mで2選手が自己新! 箱根前のチームに好刺激か 

第205回日体大長距離記録会
12月5日(土) 日本体育大学健志台グラウンド

10000m 5組
2着 八木沢 29'57"29
5着 冨岡巧 30'06"60

rikujo
先頭集団でレースを展開する八木沢(ゼッケン25)、冨岡巧(ゼッケン26)

 小雨が降りしきり、比較的肌寒いコンディションの中で行われた日体大記録会。10000mに出場した八木沢(済2・那須拓陽)、冨岡巧(済1・大曲工)がともに自己ベストを更新し、箱根に向けて選手層の厚さを示した。

 スタートから縦長の大集団でレースは展開され、冨岡巧は集団中央、八木沢は後方に控える。1000m付近から徐々に大集団が分裂し始めると、東洋大勢は第1集団の後方につき、レースを進める。
 レースが本格的に動き出したのは5000m過ぎ。先頭がペースを上げると、それに続いて東洋大勢も集団前方に上がり、7名の先頭集団を形成する。
 そして9000m通過直後からは、集団を飛び出した八木沢と他大選手の一騎打ちになる。何度も首位交代を繰り返しながら、ラスト400mからは激しいスパート合戦を繰り広げる。最後は他大選手に競り負けたものの、29分台をマークする好走であった。また、冨岡巧も高校時代の自己ベストを大幅に更新した。
 酒井監督は八木沢、冨岡巧の自己ベスト更新に対し「次につながる」と評価した。また今回の結果は、箱根エントリーを控えた選手たちにとっても、大きな刺激となったに違いないだろう。

■コメント
・酒井監督
(八木沢と冨岡巧は)今シーズン故障に苦しんだ2人だったので、ここで自己ベストが出たことは、次につながるだろう。あとは箱根まで1ヶ月をきって、箱根を考えている選手にとって(今回の2人の自己ベストは)いい刺激になったのかな。彼らでもこれぐらい走れるなら、自分たちも負けてられないな、と。そういう意味で箱根への課題になっているチーム力の底上げという部分の強化を表せたと思うので、非常によかったと思う。
2人とも積極的なレース展開だったので、記録会でのレースとしてはよかった。しいて言えば、2人とも完璧な状態ではなかったことが少し残念だった。冨岡巧は終盤の大事なところで、(前の選手との間に)間隔を空けてしまっていた。八木沢もラストの駆け引きで、まだまだ課題の残る部分がある。しかし、それは次に伸びる要素だと捉えて、1・2年生にはもう少し頑張ってほしいなと思う。
(今回のレースの位置付けとしては)八木沢も冨岡巧も今年度では最初で最後の10000mで、学年が変わる前にしっかりと自己ベストを出させようと考えた。そして、それによってチームへ刺激を与えようと、そういう位置付けで臨ませた。また明日の日体大記録会や一週間後の平国大記録会にも、箱根エントリー以外のメンバーを5000mに出場させる予定。

・八木沢(済2・那須拓陽)
疲れました。調子は普通だったけど、練習のわりには結構走れた。(後方でのスタートでしたが)25周あるからゆっくり前に上がっていって、ラストで勝負できればいいと思った。ラストはスピード不足というか、出るのが早くてスパートがきかなくなってしまった。
来週は平国で5000mを走るので、14分30秒を切れるようしっかり走りたい。

・富岡巧(済1・大曲工)
前回より走り込めていたからよかったが、まだ調子が良いという状態ではなかった。そのわりには走れた方かなとは思う。キツイとこで我慢できなかったのは課題として残るが、自己ベストということで、来週の記録会につながる走りができたと思う。体はそこまできつくはなかったが、腹痛で力が入らなかったところがあった。
次の5000mも調子を上げ、ベストを狙っていきたい。

TEXT=溝井由佳里 PHOTO=芳原汐美
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。