東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/11

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[陸上競技]出雲を駆けた鉄紺 過去最高3位入賞 

第18回出雲全日本大学選抜駅伝競走
10月9日 於・出雲大社大鳥居前~出雲ドーム

1区・川畑(済4・川越南)23:18(区間3位)
2区・今堀(済3・大牟田)16:42(区間7位)・総合3位
3区・大西智(済2・県岐阜商)25:18(区間4位)・総合2位
4区・宮田(済3・四日市工)18:52(区間4位)・総合3位
5区・櫻井(済3・東海大山形)15:08(区間5位)・総合3位
6区・山本(済2・川口北)30:48(区間12位)・総合3位

総合成績 2:10:06 3位

izumo01
スタート直前の選手たち

20061011005657.jpg
襷を受け取り、スタートする今堀

DSC00555.jpg
3区・大西智(左)から4区・宮田への襷リレー

miyata-sakurai.jpg
宮田(左)から5区・櫻井への襷リレー

20061011234924.jpg
櫻井(左)から6区・山本への襷リレー

DSC00578.jpg
3位でゴールする山本

DSC00594.jpg
表彰を受ける選手たち(左から川畑・今堀・大西智・宮田・櫻井・山本・松尾・尾田)

izumoshugo
全員集合

medal.jpg


 気温25℃を超える暑さの中行われた三大駅伝初戦の出雲駅伝。1区に起用された川畑が快走をみせる。先頭集団を引っ張る積極的なレースを展開し、3位で襷を渡す。その流れに乗り続く2~6区でもそれぞれが安定した走りを展開し、1人も4位以下に順位を落とすことなく3位を守り切り表彰台を勝ち取った。
 東洋大はこれまでの出雲駅伝では第15回大会での8位が最高位。それを大きく更新したことからも価値ある走りであったといえるが、何よりも主力の多くに怪我人を抱えた状態でのこの快挙は箱根へ向けたチーム内競争をさらに活発にするだろう。そして他大学や駅伝関係者、ファンに向けても今年の調子の良さを存分にアピールしてくれた。三大駅伝初戦、まずは最高のスタートを切ったと言えるだろう。

■コメント

・川畑
調整はほぼ完璧。若いチームの中で自分は4年なんで引っ張っていかなくちゃという想いがあった。最初2キロは速くて、その後落ち着いて牽制していたが、横に出たら押し出されてしまった。しかし、状態は悪くなかったのでいけるところまで前に出て行こうと思った。ラスト500mで並んだ時いければ良かったがもうちょっとだった。1区というプレッシャーはあったが、夏合宿の良い状態のままだったのでプレッシャーよりも楽しみの方が大きかった。一人になった時どう走るかが課題。でも自信を持って走れたので合格点。この状態をキープして全日本に臨みたい。

・今堀
川畑さんの調子が良かったから先頭集団で来ることは予想がついていた。でも先頭集団のペースが遅くて、もうちょっと早く入りたかったが遅いペースにはまってしまい、最後に切り替えができなかった。暑さは気にならなかった。雨さえ降らなければいいと思っていた。(神立橋前に大きな坂があったが?)集団の流れに身を任せていこうと思ってたから平気だった。合宿で長い距離を走っていたので、(5.8キロという)短い距離はどうかなっていうのはあったが、逆に最初から最後まで全力でいけるので、特に不安はなかった。今年の夏は今までで一番いい練習ができたから、今後もいい結果が残せると思う。(今後の課題は?)結果だけにこだわってやっていきたい。

・大西智
最初から飛ばしすぎて後半はきつかったが、集団の中でリズムを作り、そのリズムを上げていき競り勝つ事が出来た。そこまで暑く感じなかった。坂道のところは一人だったら登りきれなかったかもしれないけれど、前の選手を風よけにしたりできたので集団の中で走れてよかった。今季最初の駅伝でいいレースができて良かった。

・宮田
思っていた通り走れたが、欲を言えばもうちょっと上にいきたかった。最高の位置で襷を持ってきてくれたので、その流れを崩さないように気をつけた。(去年の全日本の失敗が脳裏に浮かんだか?)ここで外しちゃうと、次また全日本を走れなくなっちゃうから、やっぱり意識してしまった。(アップダウンのあるコースだったが)実際走るとそこまで感じなくて、気持ちよく走れた。本当にいい位置で持ってきてくれたんで、それも影響していると思う。走り出して暑いと感じたが、うまく走れた。次の全日本は、結果よりも自分の持てる力を出し切るようにするだけ。それだけを心懸けたい。

・櫻井
暑かったが体調は結構良かった。最初自然と力んでしまい最後伸びなかった。日大と並走していたが、ラストの下りでいきなり行かれて、精神的に引いてしまいそこで足が止まった。夏合宿で走り込んで自信を持って臨めたが、持ち味が発揮できないままで、今回の走りは納得していない。チームはうまい具合に流れていて良かったし、3位で来た時のプレッシャーはなかった。中間でリラックスし、余力をためてラストの切り替えで負けないスパートを出せるようにしたい。次の目標としてはトラックレースで大きく自己ベストを更新したい。

・山本
(襷が渡ってきて)自分の前が日大の外国人選手で、あのペースには絶対に付いていけないと思い、自分でペースを作っていかないといけないと思った。走り始めからうまい具合になんとか離れないようにしていこうと思ったが、少し状態が悪く自分のペースがなかなか作れなかった。逃げ切る走りはできたけど、自分でペースを作る走りはできなかった。その辺りが課題。今回はアンカーで、絶対に抜かれちゃいけないと思った。最低限渡された順位でゴールすることができたからよかった。ラスト4キロくらいでは、応援の声を聞く限り後ろと距離があったのがわかったから、このまま走れば抜かれずにいけると思った。全日本でチャンスがあるなら、安心しないで自分でちゃんとペースを作って走ることをクリアしたい。チーム全体のレベルが上がってるから、そういうところをしっかりしていかないと、皆に置いていかれてしまうと思った。

・川嶋監督
(目標は5位だったが)この大会に調子を合わすことができて、大きな大会で力を出し切れたことが評価できる。力を見たかった今堀・桜井・宮田が最低限の仕事ができたので、評価している。川畑がすごく体調がよかったので、昨日の時点でもう走りたくてたまらないと言っていて、1区の走りが後続にいい影響を与えてくれたので、今日走った中で一番評価できる。箱根でもポイントのところで使いたいと思わせてくれたし、今まで失敗してきても諦めず頑張ってきて、苦しんだ甲斐があったかと思う。全日本も今回のメンバーに釜石(済1・仙台育英)と黒崎(済3・大田原)が間に合えば入ってくるかなという状況。他のメンバーもいい影響を受けていると思うので、いい状態で臨めると思う。尾田には、宮田と桜井を試したいから今回は我慢してくれと頼んだ。彼は結果を出せる選手なので、全日本ではポイントで使いたいと考えている。

TEXT=須長裕一郎、PHOTO=須長裕一郎、上野正博、板橋啓太、鈴木陽次、岡田裕子
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。