FC2ブログ
 

東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2008/01

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

[フィギュアスケート]課題見えた 田中、高橋 

第80回日本学生氷上競技選手権大会
1月6日(日) 於・苫小牧市沼ノ端スケートセンター
Bクラス女子競技
7位  田中千(文3・日本橋女学館)
10位 高橋(社1・不二女子)

 学生の最高峰となるインカレが幕を開けた。東洋大フィギュア陣の先頭をきって2選手が演技を披露した。
 表現力が売りの田中は、自分で曲を選んだという「ロミオとジュリエット」に乗せ、終始感情のこもった演技をみせた。しかし、ジャンプの失敗など「反省点がすごく多かった」と悔やんだ。今季はけがも多く、悩まされたシーズンだったが、「気持ちの持っていき方で演技が違ってくる」と精神面での収穫を得ることができた。引退の年である来季の目標は「表彰台に上ること」と力強く語った。
 一方、「緊張して、あまり良い演技ができなかった」と振り返る高橋。手足の長さを生かしたダイナミックな演技が持ち味だが、ジャンプを3回失敗するなど高橋らしさを十分に発揮することができなかった。その中でも、「自分にできることをやろうと思った」とスピン、ステップを丁寧にこなした。来季に向け、「もっと良い演技がしたい」と体力面の強化など新たな目標も収穫した大会となった。
 来季、それぞれの課題を乗り越え、一回り成長した彼女たちに出会えるのが楽しみだ。

■コメント
・田中
反省点がすごく多かった。今回3つ、2回転のコンビネーションジャンプを入れると決めていたが、それが一つしか入らなかったのと、一つ得意だった(フリップ)ジャンプを転んでしまったことが残念でした。(ジャンプ失敗後の気持ちは)ちょっとあせったんですけど、もう終わったことで、振り返ってもしょうがないから、次に切り替えていこう、がんばろうと思って、前向きにやりました。みんなが応援してくれているので、自分のモチベーションも上がってくるので、すごくうれしいです。演技前コーチには、自分のやるべきことは成るようにしか成らないんだから、とにかく頑張ってこいということと、技術的な諸注意をされました。今日の曲は「ロミオとジュリエット」で、バレエを見ていて、すごくすきだったのでこの曲にしました。演技の後半は疲れますね。でも疲れを見せてはいけないし、ちょうど後半は気持ちも苦しいので、むしろそれを演技で表現しました(笑)この曲は、感情を込めやすいので、踊るのがすごく好きです。今季は、徐々にステップアップしていくことができました。けがも多く、それを治して練習しての繰り返しを重ねていって、最後絶対インカレに照準を合わせようって思っていました。色々収穫があったシーズンだったと思う。(具体的な収穫は)自分の気持ちをどうコントロールするか。緊張すると本来自分が持っている動きがなかなかだせないので、そこをどううまく乗り切るかで変わってくると思う。今季それができたかと考えるとまだ甘い部分があるので、気持ちの持っていき方って大事だと思った。来シーズンは引退の年なので、絶対どの試合も悔いの残らないように、1試合1試合大事にして、頑張っていこうと思います。 

・高橋
今日の演技はあんまりよくなかった。緊張しました。自分ができることをやろうと思った。インカレで学んだことはもっと練習して、走るなどのトレーニングをしようと思った。来年は今年よりも良い演技ができるように頑張りたい。

TEXT=大矢敏美
スポンサーサイト



[スピードスケート]短距離 入賞者出ず  

第80回日本学生氷上競技選手権大会
1月6日(日)於・苫小牧市ハイランドスポーツセンター屋外リンク
男子1部500m
10位 青山(社4・秋田中央)
16位 牛山(社2・東海大三)
17位 田村(社1・池田)

 大会初日となったこの日、無風という好条件の中で男子1部500mが行われた。この種目に主将青山をはじめとする3人が出場した。毎年、短距離陣の戦力の弱さを指摘される東洋大。そのため総合優勝するために最低でも8位入賞を目標に掲げていたが、タイムが伸びず達成できなかった。入賞すると総合点に加算されるため、この日得点できなかった無念さに主将青山は何度も悔しさを露呈した。選手たちはこの苦い経験をいかに次のレースに生かせるかが重要となる。

■コメント
・青山主将
何より点数を取れなかったのが悔しいです。調子は悪かったです。目標タイムというより同走には絶対勝とうという気持ちで挑みました。チーム全体はまだ危機感があまりないような感じはする。ここは4年生がちゃんと引っぱっていかないといけない。ひたすら僕が頑張ればみんなも何かいいものを感じてくれると思います。そのためには自分が精一杯頑張ろうと思います。明日の1000mでは点数取れるように頑張ります。

・牛山
もっといけたと思うんですけど、だめでした。練習通りの滑りができなかった。(監督からレース前に言われたことは)特にないです。思い切っていけと言われました。(レースが終わった後は)練習でも試合と同じようにしないといけないと言われました。(インカレ前の合宿では)スピード練習をした。例えば200mをいっぱいやって、コースの中でどこを意識して滑るかみたいなことをしました。次のリレーは頑張りたいです。

・田村
初めてだったし学校の総合順位がかかっているので、足を引っぱれないからめっちゃ緊張した。最初の100mはいい感じで滑れた。残りをもう少しスピードを意識したいです。(インカレ前の合宿では)短い距離をたくさん走った。(高校生と大学生の違いは)大学の方が速い人も多いし、レベルも高い。今年1年大学に入って新しい環境に慣れないこともあったが、結果的に満足している。我慢強くなった所が成長した所だと思う。

TEXT=大村彩
.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: