FC2ブログ
 

東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 
 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

[準硬式野球]最終戦 力及ばず、優勝消える 

東都秋季2部リーグ戦・対青学大3回戦
10月24日 於・新座市民球場
東洋大2-5青学大

20071024tanabesin.jpg
追加点を挙げ、叫ぶ田辺晋

20071024aogaku.jpg
三回、青学大に逆転される

20071024igarashi.jpg
試合後、立ち尽くす五十嵐(左)と穴井

 迎えた秋季リーグ最終戦。勝ち点をかけ青学大と3回戦を行った。両校、この試合に勝てば優勝の可能性が残る。互いに負けられない一戦に、防御率1点台の小綿(ラ3・桐蔭)、現在6勝で最多勝最候補の庄司(青学大・1年)、両エースがマウンドに上がった。
 試合を先に動かしたのは東洋大。一回、先頭の穴井(済2・東洋大姫路)が出塁すると、4番高橋(法3・石橋)の犠牲フライで先制。続く二回、小綿の打球をライトが後逸し、無死三塁とすると、田辺晋(文2・都城東)がレフト前に運び、追加点を挙げる。
 主導権を握ったかと思われたが、三回、青学大打線に小綿が捕まる。レフトフェンス直撃の三塁打を打たれると、適時打と味方のエラーで2対3。一気に逆転を許してしまう。
 これで勢いがついた庄司。東洋大は四回以降、無安打と反撃の糸口すら掴めない。逆に五回、八回に1点ずつ追加され、引き離される。
 3点ビハインドで迎えた最終回。小綿がこの日、2本目となる安打で出塁するが、後続が断たれ敗戦を喫した。「みんな頑張っていた。集中していたし。それでも負けたのは何かを変えなきゃいけない」。試合終了後、悔しさのあまり動けなくなった五十嵐主将(ラ3・新潟南)が言葉を絞り出し、振り返った。
 最終戦間近になっても東洋大、青学大、日体大に優勝の可能性が残るなど、例年になく混戦となった秋季リーグ戦。この試合で優勝は青学大と日体大の2校に絞られた。日体大が筑波大3回戦に勝てば日体大の優勝。負ければ青学大の優勝となる。

■コメント
・五十嵐
力負けでした。今までになく一、二回に点取れて、いけると思った。でも、三回にエラーとヒットで3点取られて、その後点が取れなかった。みんな頑張った。それはよく分かる。集中していたし。それでも負けたのは何かを変えなきゃいけない。
結果は結果。来季で最後なので、後輩のためにも1部に上がって引き継ぎたい。

・小綿
調子はそんなに悪くなかった。甘くいったところを打たれた。(三回の失点について)エラーで気持ちが切れた部分があった。そこは反省すべきところ。
(試合前の気持ちは)優勝の可能性もあったので、気持ちを入れて投げた。みんなも(その気持ちは)あったけど、青学大の方が上を行っていた。
(リーグ戦を振り返って)うちの勝ち方は大量得点ではない。(だからこそ)1点差でも踏ん張らなきゃいけないし、ピッチャーでエースとして抑えなきゃいけなかった。
収穫は三振が欲しいときに取れるようになった。課題は負けちゃいけないところで負けたこと。防御率が良くても勝てるようにならないと。
チームとしてそろそろ優勝しないと。来季で最後だし、最後は優勝したい。

・高橋
(試合前)変な緊張感はなかった。最後だから思いっきりやれたらと思った。自分的にはいい感じに入れた。
守備で自滅して、ピッチャーを助けられなかった。うちの負けパターンが出てしまった。(リーグ戦を振り返って)副主将としてチームのために何が出来たか。まだまだ自覚が足りなかった。もっとキャプテンを支えられたと思う。
(今季はチーム状態が)万全だったと思ってた。それでも小綿を援護できなかったのが悔しかった。もっと自分が打って楽させてあげたかった。
(来季に向けて)東洋はまだまだ弱い。来シーズンはもっとチャレンジャーの気持ちでやらないと。

・厚澤
シーズン通して全試合出れたことがよかった。チームの役にはたてなくて運良く(首位打者)。今まで練習したことが出てよかった。今日は4打席2安打で、初回のは狙った通りに打てて、いつものバッティングができた。(今季は)19(本安打を)打って長打が1本だった。自分は長打を打っていって、というのがチームのためだったのかな、とシーズンを終わって感じている。
(来シーズンは)3年生が抜けてきて2年主体。チームを引っ張る役割を。春は優勝して1部に上がりたい。

TEXT/PHOTO=長瀬友哉
スポンサーサイト



[硬式野球]東都閉幕 春秋連覇の勲章を胸にいざ神宮大会へ! 

東都大学リーグ秋季閉会式
10月24日 於:神宮球場

20071024hujita
優勝旗を授与される藤田主将

20071024ooba
東都リーグ三冠を獲得し満面の笑みの大場

20071024sennshu
神宮大会で日本一を狙う

 東都大学リーグ秋季閉会式が神宮球場で行われた。東洋大を代表して藤田主将(営4・桐生第一)が優勝旗を受け取った。最高殊勲選手には通算奪三振記録、投手連勝記録更新のエース大場(営4・八千代松陰)が選ばれた。 
 東洋大は来月10日より行われる神宮大会に東都リーグ代表として出場し、日本一を目指す。

■コメント
・大場
(改めて受賞して)すごい良かったです。
リーグ戦が終わってから少し休みをもらったので、疲れはとれました。練習が始まる月曜日までの4日間は、投球練習はしないでキャッチボールをして体を動かしてました。量はそんなにやってないです。優勝した2日後からはバッティング練習をしてます。久しぶりだったので難しかった。高校のときは主に5番を打っていました。(神宮大会ではDHがないが?)それが本来の野球の姿なので、投球に影響はないです。予想は投打のしっかりしている早大がくると思います。ただ他の大学がきても春日本一の早大を倒してくるわけなので、東都のMVPとして負けるわけにはいかない。春の(全日本での)借りを秋の神宮で返したい。

・清田
(神宮大会に向けて)しっかり1打席、1打席打っていきたい。結果だけではなく自分達の野球をして勝ちたいです。

TEXT/PHOTO=畠中将行
.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: