東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 
 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[サッカー]悪条件の中・・・・勝ち点分け合う! 

第39回東京都サッカーリーグ戦第6節・対国学院大戦
10月8日 於:東洋大グラウンド

東洋大0-0国学院大

得点者  なし

前節の武蔵大戦に勝ち順位を2位に上げた東洋大は今節も勝ち点3を加え、着実に首位に近づきたいところだ。今節は強い風が吹く悪条件での試合。どれだけ、天候を味方につけるのかも勝敗の行方を握る。

「風下なので0-0で折り返したかった」主将永田(国4・川口北)が語るように、ボールをクリアしても風で戻ってきてしまいなかなかリズムを作れず国学大に何度か自陣でボールを回されてしまう。東洋大も中盤になってセカンドボールを奪いそこからいつも通りの繋ぐサッカーを展開するが国学大の人数をかけた守備にシュートを打つ事が出来ず、前半を折り返す。

風上にたった東洋大は後半、怒涛の攻撃を開始。サイドからのクロス、中央からのワンツーからのシュートなど国学大ゴールを脅かし続ける。何としても1点を取りたい東洋大は7分にFW成毛(国2・修徳)、11分にFW菅沼(国1・浦和東)を投入。3トップ気味にし、味方ロングボールをFWに当て散らすという作戦で攻め込む。だが、国学大の人数をかけたディフェンスにゴールを割ることは出来ず0-0で試合終了。勝ち点3を加える事は出来なかった。


■コメント
 
・芳賀監督
 前半は風下で耐えて後半にしっかり勝負をかける事が今日のテーマ。(このコンディションで)内容的には良かったが結果がついてこなかった。来週は朝鮮大戦。精神的にも体力的にも厳しい試合になる。

・主将永田
 相手との競り合い、セカンドボールと寄せてボールを取れずクリアされる事が幾度かあった。上のレベルのチームだと勝てないのでしっかりサッカーの質をあげていきたい。

・水谷
 サイドにスペースを空け、それを活かすことが自分の役目だったが出来ていなかった。
 次は気持ちをしっかりもっていきたい。

・川和
 風が強くて非常にやりにくかった。(風下の時は)クリアボールも全く飛ばなかった。こういう条件の試合はこぼれ球が多くなるのでセカンドボール処理のコーチングをしっかり心掛けた。

 TEXT=畠中 将行

[〔コラム〕第29回 僕の生きる道 執筆者・長瀬友哉] 

続きを読む→

[アイスホッケー]初戦中大に7-0の完封勝利!! 

関東大学アイスホッケーリーグ戦 一次リーグ

於・ダイドードリンコアイスアリーナ

10月2日(月)

東洋大7-0中大


2点目を決め、喜び合う選手たち


冷静にGKをかわし、見事ゴール(坂上智)

 昨年は優勝候補と言われながらも決勝トーナメントで本来の力を発揮できず3位に終わった昨秋の今大会。春の大会も4位という悔しい結果だっただけに夏合宿で成長した姿を見せて今秋優勝してもらいたい。
初戦の相手は夏の交流戦でも決勝で対戦し勝利している中大。東洋大のGKは春から正GKが定着した酒井(社2・長野工)。
 1ピリ序盤はペナルティが多く、SH(ショートハンド)の中でも我慢の展開が続く。そしてようやく約13分には、FW小窪(社2・武修館)が相手を交わしつつゴール左横からゴール前にパスをあげると、勢い良く走り込んだFW坂上太(社1・釧路工)がたたき込んで先制点を奪う。その後波に乗った東洋大は、30秒後にはFW四冨(社3・八工一)がゴール左前からスティックを上手く使ってパックを浮かせたゴールをし、終盤にはGKが弾いたパックをすかさずFW今村(社4・駒大苫小牧)がゴールするなど完全に流れをつかみ3-0で1ピリを終える。
 2ピリでも東洋大の勢いは止まらない。途中SHで三人という不利な状況になるが、リズムを崩されることはなくその後も得点を重ねていく。ペナルティBOXから出てきたFW坂上智(社3・釧路工)はDF加藤(社3・苫小牧工)からパスをもらいチェックを交わしながらゴールへ近づく。ブレイクアウェイでも冷静にGKを見ながらシュート。6-0で3ピリへ。
 3ピリでも攻め続け、中盤にゴール左手前から小窪がダメ押しのゴール。7-0で完封勝利を遂げた。
 小笠原監督が「入れられてもおかしくない場面でも止めてくれた」と言うように、GK酒井のいい動きで相手に1点も与えることなく見事完封勝利で初戦を終えた。
 次の試合は春の大会で東洋大に勝ち三位の明大。初戦でいいスタートを切った東洋大は春の屈辱を晴らす。

■コメント■
・小笠原監督
守りは「ノーマークシュートはだめ」と言い続けたが(今日の試合では)1本だけあった。それが課題で練習する。今日は失点なしだし100点。

・主将FW神長(社4・釧路緑ヶ岡)
開幕戦を完封勝利でいいスタート切れた。(今日の試合は)GKに助けられた。(明大戦は)雰囲気良く臨む。

・四冨
(調子は)バッチリ!(シュート打つ前は)絶対入れてやろうと思った。(この勝利で)チームは勢いに乗れたと思う。

・坂上智
東洋はまだまだ調子はよくないと思う。(シュートは)ノーマークになれば自信ある。(自分の調子は)キレが全然なくてまだよくない。(明大戦では)自分達のプレーすれば勝てる。

・小窪
(チームとしては)初戦から足がすごく動いてて次に繋がる試合が出来た。(個人としては)今日は珍しく調子よかった。(明大戦では)去年負けてるから今年勝ちたい。

・酒井
試合前は勝てればいいと思ってたが、監督が(試合間に)「今日は0点で行く」と言ってみんな0点で行くという気持ちがあったから最後まで集中できた。(明大には)春負けてるし、勝てればいいスタートが切れるから勝ちたい。(大会は)始まったばかりだから1試合1試合大事にして優勝したい。

・坂上太
(先制点を挙げたことについて)チームが勢いに乗るため早く点数が欲しかった。初戦で入れられたのがよかった。このまま波に乗って優勝したい。個人的には1セットめの定着レギュラーになってチームに貢献するプレーがしたい。


 TEXT=野田みひろ PHOTO=長瀬友哉

[お知らせ]第18号発行 

スポーツ東洋第18号が本日発行になりました!

20061003002453.jpg


 第18号では先に行われた交流戦(北海道・苫小牧)で優勝、秋のリーグ戦に向けますます調子を上げてきたアイススケート部ホッケー部門を1面に特集いたしました。4面にはいよいよ駅伝シーズンを迎えた陸上部を、2・3面にはその他リーグ戦等を戦っている各部を掲載いたしました。
 主に各キャンパス内で無料配布、また一部試合会場でも配布いたしております。遠方の方は定期購読をご利用ください。右下のお問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)よりご連絡ください。

 今後とも東洋大学スポーツ新聞編集部並びにスポーツ東洋をよろしくお願い申し上げます。

[サッカー]勝ち点3を加え2位に浮上!! 

第39回東京都サッカーリーグ戦第5節・対武蔵大戦
10月1日 於:東洋大グラウンド

東洋大3-0武蔵大

得点者  38分 黛    76分 菅沼
                83分 大上

前節は学習院大に0-0と引き分け。点をどの様にして取るかという課題が残る中で武蔵大戦を向かえた。前半は立ち上がりから武蔵大ゴールに果敢に攻め込むが、なかなかゴールを決めることができない。だが38分に「セットプレーからの得点が欲しい」と主将・永田(国4・川口北)が前節の試合後語った様にMF水谷(国2・仙台育英)からのコーナーキックから相手ゴールキーパーが弾いたところをFW黛(国1・市立船橋)が押し込み先制。

後半立ち上がり武蔵大に攻め込まれ危ない場面もあったが76分にDF郡司(国1・潮来)が左サイドから上げたボールを途中交代した直後の菅沼(国1・浦和東)が決め、追加点を挙げる。さらに菅沼と一緒の時間に途中出場したFW大上(国・3大宮南)も83分にゴールを決め、武蔵大を突き放す。その後もキーパーとの1対1というビッグチャンスはったものの4点目を奪う事は出来なかった。だが東洋大はこの3点のリードを守り切り試合終了。勝ち点3を加え10とした。

■ コメント

・芳賀監督
先週よりもサッカーのスタイルが良くなっていて、結果としてはセーフティリードの3-0で勝てたのは良かった。だが自分自身もチームも楽になるように状況判断をもっとしっかりする必要がある。

・主将永田
  セットプレーから点が取れて良かった。後半立ち上がり押されてしまった。レベルの高いチームだとなかなか今のままでは通用しない。しっかり課題を見据えていきたい。

・菅沼
 (2点目について)打った瞬間は入るという確信はなかったが入って良かった。これからも結果を出して行きたい。

TEXT=加藤 沙耶霞
.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。