東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/06

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ヨット]2年ぶりの予選敗退 関カレ18位で終える 

第76回関東学生ヨット選手権大会
9月26(土)~27(日) 森戸海岸

4209 斎藤(営4・我孫子)・土屋(済2・長野西)
4045 池田(営4・目黒)・青柳(営3・浦和西)

合計得点1173点
順位18位 ※予選敗退

ヨット秋
出艇していく4045艇

ヨット秋2
齋藤主将(左)にとって大学生活ラストのレースになった

 恵まれた天候の中、2日間に渡り8レースが行われた第76回関東学生ヨット選手権大会。東洋大は昨年に続く決勝進出を目指したが、惜しくも予選敗退に終わった。
続きを読む→
スポンサーサイト

[ボディビル]団体の部3位入賞!! 

 第49回関東学生ボディビル選手権大会
 10月12日(日) 於:東洋大学井上円了ホール
 【団体の部】
 東洋大 3位

 【個人の部】
 4位 天貝健次(工4・淑徳巣鴨)
 8位 増田千敏(工4・榛原)
 13位 本多瑠伊(工4・埼玉県立本庄)
 14位 竹下健太(工3・田無工業)
 17位 南嘉保(工2・高知工業)

 【新人賞】
 4位 南嘉保(工2・高知工業)

1012matori4
ポーズをきめる南

 1012matori3
審査員に筋肉をアピールする竹下

 関東学生ボディビル選手権大会が行われ、東洋大は団体の部で3位となった。また個人の部でも5人の入賞者を出し、大会を締めくくった。


続きを読む→

[軟式野球]共にスタートダッシュ失敗 課題残る敗戦 

東都学生軟式野球 春季リーグ1部
4月15日(火) 於・朝霞球場

東洋大工学部0-7神大(通算成績2敗)
東洋大愛好会2-4中大(通算成績1敗)

 今季から共に1部の舞台で争うこととなった両チーム。
 この日の1試合目に登場した工学部は、序盤から大量点を奪われ苦しい展開となる。打線は主将の皆川(工3・別海)が死球や四球で出塁し、得点を奪おうという気迫を見せる。しかし、好調の相手投手の前に後続の打者が続かず、結局いいところなく7回コールド負けとなった。
 2試合目に中央大戦を迎えた愛好会はこの日が1部初戦。序盤は緊張からか守備などでちぐはぐした場面を見せるが、3回までを無失点で切り抜ける。すると、4回裏に2死2塁から4番の主将・及川(ラ3・西武文理)がセンター前に弾き返し先制点を奪う。しかし、これで流れに乗ったかと思われた5回表、2死満塁から先発の椎名(ラ2・杉戸)に代わり、登板した川口(ラ3・向上)が痛恨の押し出し四球を許し、同点に追いつかれる。7回にも、無死満塁から2点を献上し逆転されると、9回にもダメ押しの追加点を奪われ悔しい逆転負けとなった。負けはしたものの、強豪中央大に善戦したことは自信に繋がるだろう。
 この日の試合は工学部、愛好会とも相手チームに声で圧倒される場面が多かった。両チームとも実力は十分に備えているだけに、精神面においての強さがこれからの長いシーズンの鍵となるだろう。

■コメント
・工学部主将・皆川
今日の敗戦は自分の責任。3回に許した5失点も全てミスからだった。どんなに悪くても1、2点で抑えられた。相手投手も普通だったと思うが、打撃が全然練習出来ていないのでそこが課題。全然点が取れていない(初戦も無得点)のでこれからは打撃を中心に練習していきたい。あとは個人の自覚、一球の大切さを意識して練習してもらいたい。これから立て直せるかは2、3年生の意識次第。

・愛好会主将・及川
リーグ前の練習試合と同じ結果になってしまった。そんなに差はないのだが、四球などの小さなミスで、無駄に塁を与えてしまった。エース投手の中山はまだ怪我が厳しいので、本来は野手の川口に投げさせなくてはならない。椎名もいい投手だが、一試合通して投げる体力はないのでうまく継投していく。1部では初戦だったが、2部の上位チームと同じぐらいのレベルなのでそんなに違いは感じなかった。ただ、今日の中央大のような強豪は細かいところでのミスが少なく、安定した試合が出来るのでその辺がうちとの差だと思う。

TEXT=須長裕一郎

[軟式野球]終盤に集中打!連勝で1部昇格を決める 

東都学生軟式野球秋季1部2部入れ替え戦・対国学大2回戦
11月21日 於・中央公園野球場
東洋大愛好会9‐2国学大

2006_1121軟式野球部ファースト
体を張って好捕する掛江

2006_1121軟式野球部ランナー
九回、次々とランナーが還る

2006_1121軟式野球部一番
歓喜の瞬間

2006_1121軟式野球部集合
念願の夢、『一部昇格』が叶う

 初戦でコールド勝ちし勢いに乗る東洋大愛好会。連勝で一気に1部昇格を決めたい。
 試合が動いたのは四回。東洋大は鶴田(ラ3・鎌ケ谷)の内野安打と相手の送球ミスで1点を先制すると、五回には小野沢(ラ2・白鴎大足利)のタイムリーで2対0。その裏1点を返されたものの六回には松崎(ラ2・桐生)のタイムリーが飛び出しリードを広げる。
 ところが、その裏。東洋大2番手鶴田がランニングホームランを浴び、再び1点差に迫られてしまう。その後、両チーム得点なく迎えた九回。中(ラ3・東農大二)のタイムリー、松崎のタイムリースリーベースなど一挙6点を挙げる猛攻で試合を決めた東洋大愛好会。2日連続の快心の勝利で悲願の1部昇格を果たした。

■コメント
・掛江主将(ラ3・桐光学園)
 念願がついに叶った。最高の気持ちです。過去3回の入れ替え戦はメンタル的な問題で緊張してしまうところがあったので、声を出せば緊張もとれると思った。チームも盛り上がるので。(愛好会は3年で引退だが)いいチームだから3年間頑張ろうと思えたし、1部昇格を目指そうと思った。野球が楽しいと実感できる最高のチームだった。

・鶴田
 昨日よりも暖かかったし調子もよかった。楽しかった。余計なことを考えず投げられた。初戦前は不安もあったが、勝っていつもどおりできた。(1部昇格は)お待たせしましたという感じです。本当に嬉しい。目標はずっと諦めないで頑張れば達成できるんだと思った。

・中
 (九回貴重なタイムリー)リーグ戦で打ててなかったので初球からいこうと思った。結果が出て嬉しい。引退で寂しい気持ちもあるが、気持ちよく引退できる。3年生が少なく2年生に助けられることも多かったので感謝したい。

・松崎
 (九回のタイムリースリーベースは)前の打席でバントを失敗していたので何とか打ちたかった。打ったのは真っ直ぐ。打った瞬間に抜けたと思った。春は1勝1敗から負けていたので秋は絶対1部へ上がろうという気持ちでやってきた。昇格できて嬉しい。

・小野沢
 昨日の流れを切らないように0点に抑えようと投げた。昨日も投げていたので、もともと短いイニングと決まっていた。タイムリーはなんとか1点を取りたいという気持ちで打った。リーグ戦よりもいい流れだったと思う。

TEXT=仲俣岳樹  PHOTO=川裕子

[軟式野球]打線爆発でコールド勝ち!1部昇格に王手をかける 

東都学生軟式野球秋季1部2部入れ替え戦・対国学大1回戦
11月20日 於・戸田市営球場
東洋大愛好会9‐2国学大

 2部優勝を決め、1部2部入れ替え戦に臨む東洋大愛好会。念願の1部昇格をかけ国学大と対戦した。
 東洋大は初回、相手のミスに乗じて得点すると、なおも続くチャンスに早瀬(ラ2・松山)がタイムリーを放ち2点を先制。2回には川口(ラ2・向上)、小野沢(ラ2・白鴎大足利)の連続タイムリーで2点を追加し試合を優位に進める。
 東洋大先発は鶴田(ラ3・鎌ケ谷)。持ち前の打たせて取る投球で6回を2点に抑えると、打線も好投に応え六回に3点、八回には2点を奪いコールド勝ち。大事な初戦を制し1部昇格に王手をかけた。

コメント
・鶴田
 初戦は絶対とると気合い十分だった。4回目の入れ替え戦なので今度こそはという気持ちもあったし、落ち着いてできた。でも、もっといいピッチングはできたと思います。チームの状態も良く、いつもどおりやれば勝てると思った。今のチームは強いです。明日はリリーフでもいつでもいけるように準備しておきたい。応援してくれた皆のためにも明日決めたいです。

・川口
 4回目の入れ替え戦で過去3回は自分達の野球ができていなかったので練習から意識を高くしてやってきた。練習どおりにできたと思う。一本目のタイムリーはランナーを返さないといけない、転がしていこうと思い、うまく変化球をおっつけられました。明日は練習どおりできたらいい結果になると思う。一球一球練習どおり大事にやっていきたいです。

TEXT=仲俣岳樹

[軟式野球]惜敗……1失点も打線が援護できず 

東都2部秋季リーグ戦・対専修大
10月30日 於・中央公園野球場
東洋大愛好会0-1専大

 上位リーグ初戦を制し、波に乗る東洋大愛好会。この日の専大戦に勝利すれば2部優勝が決まる。
 初回、先発した小野沢(ラ2・白鴎大足利)が一死三塁のピンチを招くと三塁手の失策で1点を先制されてしまう。だが二回以降立ち直ると5回を投げて1失点。先発の役目を果たす。
 六回から登板した鶴田(ラ3・鎌ケ谷)、九回に登板した中山(ラ2・城東)も相手打線にヒットすら許さない完璧なリリーフをみせる。ところが打線が専大先発の井上に1安打に封じ込まれ完封負け。投手陣が二回以降を無安打に抑える好投をみせただけに悔しい敗戦となった。
 勝ち点で専大に並ばれる形となったが、得失点差で依然有利な状況は変わらない。最終戦に向け打線が調子を取り戻すことができるかがカギとなる。

■コメント
・掛江(ラ3・桐光学園)
専大とはほぼ互角なので1点差のゲームにはなると思った。
打線の状態はよくないが投手では小野沢が機能するようになったのが大きい。3人(鶴田、小野沢、中山)はメンタルも強くていい状態。
次戦は得失点差の戦いなので攻撃面を生かしていきたい。

・小野沢
満足のいくピッチングができなかった。初回が大事だったが失点してしまい流れを作れなかった。1位通過を目指していたので、この1敗は痛いが最後の試合までしっかり頑張りたい。

TEXT=仲俣岳樹

[弓道]混戦の入れ替え戦制し、悲願の1部昇格! 

平成20年度リーグ入れ替え戦 
10月28日 於・早稲田大

1立ち目(16射中)
   東洋大    中大     明大     東工大
望月○○○○ 1○○○○ 1○○○○ 1○○××
富樫×○○○ 2×××× 2○○×× 2○○○○
渋谷×○○× 3○××× 3×○○○ 3×○××
本橋○○○○ 4○○×○ 4×××○ 4○×××
   13中     8中     10中     8中   

2立ち目(16射中)
   東洋大    中大     明大     東工大
望月○××× 1○×○○ 1×○○○ 1○○○○
富樫○○○× 2○××× 2○○×○ 2××○×
渋谷○×○○ 3○×○× 3×○○○ 3○×○○
本橋○○○○ 4○○○× 4○○○○ 4○○×○
   11中     9中     13中     11中

3立ち目(16射中)
   東洋大    中大     明大     東工大
望月○○○○ 1××○○ 1○×○○ 1×○×○
富樫○○×○ 2○×○○ 2×○○○ 2×××○
渋谷○××○ 3○○○○ 3○○○× 3○××○
本橋○××○ 4○×○× 4○××○ 4×○×○
   11中     12中    11中     7中

▽入れ替え戦結果(計48射中)
1位東洋大(35中)
2位明大(34中)
3位中大(29中)
4位東工大(26中)

20071028.syuugou
 1部昇格を決め、笑顔を見せる選手たち


 2部リーグ戦Aブロックを制し、入れ替え戦に臨む東洋大。試合を行う度に的中を伸ばしており、入れ替え戦に出場している大学の中で最も勢いがある。リーグ戦の勢いそのままに東洋大の弓道をすれば、1部昇格も見えてくる。
 東洋大が自分たちのペースで試合を進めるためには、初立ちが重要。試合は東洋大、中大、明大、東工大の順で進められるため、東洋大が初立ちで良い的中を出せば、後に引く他大にプレッシャーをかけることができる。
 初立ち、大前を務める望月(社4・静岡西)は「初矢を中てることが仕事」と言う言葉通りに、確実に初矢を中てる。望月に続き、他の選手も順調に的中を伸ばし、初立ちから他大を大きく突き放す展開となる。しかし、「リーグ戦に比べ待ち時間が長いため、ペースを作りにくかった」と、主将・渋谷(営4・所沢北)が語るように、2立ち目に的中を落としてしまう。そして、明大が13中を出したため東洋大との差が1本差となり、試合の行方は3立ち目に委ねられた。
 3立ち目、東洋大の1部昇格への勢いと明大の1部残留への意地がぶつかり合う。東洋大は3本目を終えた時点で12射7中。明大の力を考えるともう外せなかった。しかし、大前の望月から落ちの本橋(法3・東浦和)まできっちりと中て、望みを繋ぐ。後に引いた明大が16射11中だったため、総的中で東洋大が1本差で明大に競り勝った。東洋大の勢いが明大の意地に勝った瞬間だった。
 東洋大は来シーズンより、1部リーグで戦う。今シーズンの勢いで戦えば、1部リーグで好成績を残すことも可能だ。今後の東洋大の活躍に期待したい。

■コメント
・渋谷主将
(1部昇格は)本当に驚きです。初立ちは勢いで行けたが、2立ち目以降は待ち時間のせいもあって崩れた。試合の雰囲気にのまれた感じでした。来シーズンはどんな状況でも自分たちの弓道が出来るような上手い試合運びをして欲しい。最後の試合で勝ててほっとしている、この一言に尽きる。

・望月
勝つことが出来たので、目標は達成出来た。2立ち目は脇にいた人が気になってしまった。最後の試合を悔いなく終える事が出来た。勝てたということに尽きます。来シーズンは次の主将を見習って頑張って欲しい。

・富樫(社2・八王子)
今日の試合の目標は12射10中以上。そして、勝つということだった。(今日の試合を振り返ると)2立ち目の最後の1本を中てたかった。待ち時間が長くて気持ちの集中が難しかった。3立ち目は中てることしか考えていなかった。最後の詰めの甘さがあったので今日の試合には満足していない。来シーズンの課題です。

・本橋
試合は東洋大のペースでいけた。そして、自分もそのペースに乗れた。本当は12射会したかった。緊張が良い方に働いて、普段に近い射が出来た。来シーズンの目標は来年で2部に降格しないこと。今年リーグ戦を経験した選手が多いのと、ポジティブな選手が多いのは強み。個人としては高いラインで的中が維持出来るようにしたい。特に初立ちを大事にしたい。

TEXT/PHTO=阿部高之

[弓道]2部優勝!1部へ向け、入れ替え戦へ 

平成19年度リーグ2部Aブロック
▽東洋大リーグ戦全結果
9月16日 於・中央大
東洋大24-27明学大 (48射中)

9月23日 於・専修大
東洋大31-22東大 (48射中)

9月30日 於・上智大
東洋大32-22学習院大 (48射中)

10月7日 於・東工大
東洋大34-32国学大 (48射中)

10月14日 於・早稲田大
東洋大35-27日女体大 (48射中)

1立ち目
日女体大 1 ○○×○  東洋大 望月 ○○○○
       2 ××○○        富樫 ○○○○
       3 ○○×○        渡部 ××○×
       4 ○○×○        本橋 ○×○○

2立ち目
日女体大 1 ○×××  東洋大 望月 ○×○×
       2 ○×○○        富樫 ×○○×
       3 ○×××        北村 ○○×○
       4 ○×○×        本橋 ○×○○

3立ち目
日女体大 1 ○×○×  東洋大 望月 ○×○○
       2 ×○×○        富樫 ○○×○
       3 ○○○×        北村 ○×○○
       4 ×○○×         本橋 ○○○○



▽2部Aブロックの結果
1位 東洋大 4勝1敗
2位 明学大、日女体大、東大 3勝2敗 
5位 国学大、学習院大 1勝4敗

20071014togashi
 集中する富樫(手前)、北村


 リーグ戦最終戦を3勝1敗、首位で迎えた東洋大。日女体大を下し、東大、明学大が共に敗れれば、東洋大の優勝が決定する。
 毎試合的中数を伸ばしている東洋大は、今日も勢いに乗っていた。1立ち目、望月(社4・静岡西)と先週の試合で新人賞を獲得した富樫(社2・八王子)が皆中を決め、日女体大から2本のリードを奪う。2立ち目、渡部(社4・五泉)から北村(社3・市立山村女子)に交代後も東洋大の勢いは衰えることなく、日女体大を突き放していく。3立ち目には16射13中と今試合最高的中を叩き出し、終始日女体大を圧倒する形で試合を終えた。
 その後、東大と明学大が共に敗れたため、東洋大の優勝が決定した。
リーグ戦最終戦を最高的中の48射35中で終えた東洋大。この勢いのままいけば、入れ替え戦を制し、1部昇格も見えてくる。

■コメント
・渋谷主将(営4・所沢北)
日女体大は接戦に強いチームなので、最初からリードを奪いたかった。今日は練習で調子の良かったメンバーを中心に団体を組んだ。毎週的中が伸びているので、そのままの勢いで勝ちたい。

・望月
今週は調子が良かったので、試合に出るからには的中を出したかった。相手を気にすることなく試合に臨めた。来週以降の試合では、12射10中以上を出したい。

・富樫
今週は先週ほど調子が良くなかった。調子が悪かったせいか、緊張していつも通りに引けなかった。本当は2ケタの的中が欲しかった。チームは勢いに乗っているので、自分もその勢いに乗り、メンバーに選ばれるように頑張りたい。

・渡部
今週は的中が出ていたけれど、射形は今一つだった。直しきれないまま試合を迎えてしまった。次の試合までに悪かったところを直し、今日の借りを返すつもりで頑張りたい。

・北村
調子が良かったので、交代の覚悟はできていた。絶対に負けられない試合だったので、不安はあったが集中していた。これからも練習を頑張って、試合に出られるようアピールしていきたい。

・本橋(法3・東浦和)
調子は悪くはなかったが、試合以外での仕事が忙しく、試合に集中することが出来なかった。しかし、2立ち目以降は楽しみながら試合に臨むことが出来た。

TEXT/PHOTO=阿部高之

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。